ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    野菜のファイトケミカル

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 野菜のファイトケミカル あとで読む
    野菜の可食部分が話題になっていた。


    ブロッコリーってあのふさふさしたとこしか食っちゃあかんのけ?
    栄養あるって聞いたから茎まで食ってるんだけど、会社で笑われた
    泣きたい



    ブロッコリーの茎を食べるのは「カッコ悪い」「貧乏くさい」という認識を持つ人は、科学の知識がない無教養な人なのだろう。
    自分はバカだと、自ら告白しているようなものである。
    恥知らずの人間とは、自分の愚かさに気付いていない人間、すなわち周囲の人間が何を認識しているのかを理解できない人間なのだ。

    ブロッコリー - Wikipedia

    ブロッコリー(英語: Broccoli、学名:Brassica oleracea var. italica)は、アブラナ科アブラナ属の緑黄色野菜。
    花を食用とするキャベツの一種がイタリアで品種改良され現在の姿になったとされる。
    カリフラワーはブロッコリーの変種である。
    食用とするのは蕾の状態の花序と茎であり、収穫せずに栽培を続けると巨大になった花序に多数の黄色やクリーム色の花をつける。



    食材
    緑色の花蕾と茎を食用とする。
    ビタミンB、ビタミンC、カロテンや鉄分を豊富に含む。

    また、発芽したての子葉と胚軸を、カイワレダイコン同様スプラウト(もやし)として食用にする。一般には、ブロッコリースプラウトと呼ばれる。
    スルフォラファンはイソチオシアネートの一種でアブラナ科野菜の中でもブロッコリーなどに含まれ、がん予防効果、ピロリ菌抑制効果等があるとされている。
    CYP1A2のリガンド(誘導剤)として作用することがわかっている。
    ブロッコリーには、”インドール- 3-カルビノール(I3C)”と”インドリルメタン”が豊富に含まれ、女性ホルモンであるエストロゲンの働きを抑える効果がある。



    野菜や果物に含まれている天然の化合物を「ファイトケミカル」という。

    ファイトケミカル - Wikipedia

    ファイトケミカルまたはフィトケミカル(phytochemical)は、植物中に存在する天然の化学物質であるとされる。
    一般的に、「通常の身体機能維持には必要とされないが、健康によい影響を与えるかもしれない植物由来の化合物」を意味する用語として使用されている。
    果物や野菜、マメ、全粒粉、ナッツ等を豊富に含む食事の健康へのよい効果を支持する証拠は十分に存在するが、この効果が植物由来の特定の栄養素あるいはファイトケミカルに由来するかどうかについての証拠は限られている。



    ブロッコリーには、「スルフォラファン」というファイトケミカルが含まれている。

    スルフォラファン - Wikipedia

    スルフォラファン (sulforaphane) とは、ブロッコリーに微量含まれるフィトケミカルの一種。体内の解毒酵素や抗酸化酵素の生成を促進し、体の抗酸化力や解毒力を高める。

    がん予防の研究を専門とする米国ジョンズ・ホプキンス大学のポール・タラレーらは、さまざまな植物成分を調査した結果、ブロッコリーに含まれるスルフォラファンにがん予防効果があることを発見した。



    おトク素材でCooking♪Vol.25 ブロッコリーに脱帽! (オレンジページブックス)

    オレンジページ
    2017-02-13
    ¥ 360


    以上の常識に基づき、ブロッコリーの可食部分を検討すると、茎を食べることは、健康に良いことが分かる。
    食事は、身体を維持することが目的の行為であるならば、味やエレガンスよりも栄養を重視すべきだろう。

    食事をファッションの一部と考えるような人は、健康に役立つ可食部分を捨てて、早死にしてしまうだろう。
    無知と無教養は、不幸をもたらす源泉であると言わざるを得ない。

    さて、一般的に「固くてまずい」と言われるブロッコリーの茎は、どうすれば食べやすくなるのだろうか?
    別にそのままでも食えるが、歯が悪くて噛み切れない人や、あごの力が弱い子どもが食べるために、配慮をしても良いだろう。

    ブロッコリー茎のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが276万品
    クックパッドに寄せられた調理方法を調べてみると、ブロッコリーの茎を細くカットして加熱すると、食べやすくなることが分かる。
    野菜をカットするのが面倒であれば、フードプロセッサーを使っても良いだろう。

    パナソニック フードプロッセッサー ホワイト MK-K81-W
    パナソニック(Panasonic)
    サイズ:21.2×15.4×22.5cm
    本体質量:2.8kg
    ¥ 12692


    あな吉さんのゆるベジ フードプロセッサーで野菜どっさりレシピ
    浅倉 ユキ
    河出書房新社
    2010-11-06
    ¥ 1620


    地球には食糧難で日々の食事を満足に食べられない人もいることを想えば、ブロッコリーの茎を無駄にせず食べている人を笑う必要はない。

    TABLE FOR TWO公式サイト-食の不均衡を解決する TFTについて

    世界の約70億人のうち、約10億人が飢餓や栄養失調の問題で苦しむ一方で、20億人近くが食べ過ぎが原因で肥満状態にあります。



    1円を笑う者は1円に泣く。
    ブロッコリーの茎を笑う者は、食べるものを失ったときに初めてそのありがたさを知るだろう。

    FileCapsule Deluxe Portableの使い方

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - FileCapsule Deluxe Portableの使い方 あとで読む
    昨今、仮想通貨などブロックチェーンを利用したサービスが拡大しつつあります。
    公開鍵方式の暗号化は、改ざん防止などの目的で不可欠な技術です。
    暗号化を手軽に行えるツールについてまとめてみました。

    ブロックチェーン・レボリューション ――ビットコインを支える技術はどのようにビジネスと経済、そして世界を変えるのか
    ドン・タプスコット
    ダイヤモンド社
    2016-12-02


    ●FileCapsule Deluxe Portable


    暗号化ツールの定番であった「PGP」は、無料ソフトが多々ありましたが、最近は更新が停滞しているようです。
    同様の機能を持つ無料ソフトを調べたところ、Windows用「FileCapsule」というソフトがありました。

    ・公式サイト
    ON ERROR RESUME NEXT

    FileCapsule Deluxe Portable - Wikipedia

    FileCapsule Deluxe Portable(ファイルカプセル デラックス ポータブル)とは、コンピュータ上に保存されたファイルやフォルダを暗号化するためのソフトウエア。複数のファイルやフォルダが含まれた暗号化ファイルを作成することができる。暗号化を行うための方式として、共通鍵暗号と公開鍵暗号が利用できる。



    「FileCapsule Deluxe」公開鍵・共通鍵方式に対応した高機能なファイル暗号化ソフト - 窓の杜ライブラリ

    公開鍵・共通鍵方式に対応した高機能なファイル暗号化ソフト
    FileCapsule Deluxe Portable



    以下、FileCapsuleの使い方について、まとめます。

    【“FileCapsule Deluxe Portableの使い方”の続きを読む】

    ブロックチェーンは信頼を築くプロトコール

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ブロックチェーンは信頼を築くプロトコール あとで読む
    ブロックチェーン技術が、いろいろな形で応用されつつある。
    ブロックチェーンが社会にもたらす影響を考察するため、「ブロックチェーン・レボリューション」という本を参考にしてみた。

    ブロックチェーン・レボリューション ――ビットコインを支える技術はどのようにビジネスと経済、そして世界を変えるのか
    ドン・タプスコット
    ダイヤモンド社
    2016-12-02


    世界経済に将来、もっとも大きなインパクトを与える技術が誕生した。
    人工知能でも、自動運転車でもない。
    IoTでも、太陽エネルギーでもない。
    それは、「ブロックチェーン」と呼ばれている。



    目次

    PART1 革命がはじまる SAY YOU WANT A REVOLUTION

    第1章 信頼のプロトコル

     インターネットに足りなかったのは「信頼のプロトコル」
     ブロックチェーンとはいったい何なのか
     世界中がいまブロックチェーンに注目している
     テクノロジーが企業や政治家の嘘を暴く
     インターネットの帰還
     アイデンティティを自分の手に取りもどす
     ブロックチェーンから見えてくる未来
      本物のシェアリング・エコノミーがやってくる
      金融業界に競争とイノべーションが生まれる
      財産権が確実にデータ化される
      送金が安く、早く、簡単になる
      支援金が必要な人に確実に届く
      クリエイターが作品の対価を受けとれる
      会社の形態が進化する
      モノが自分で動くようになる
      小さな起業がどんどん生まれる
      政治が人びとのものになる
     未来型プラットフォームの光と闇

    第2章 未来への果敢な挑戦

     未来をデザインする7つの原則
     原則1 信頼:嘘をつかないネットワーク
     原則2 権力:力の集中から分散へ
     原則3 インセンティブ:利己的な行動が全体の利益になる
     原則4 セキュリティ:不正のできないプラットフォーム
     原則5 プライバシー:個人情報のブラックボックス化
     原則6 権利:スマートコントラクトによる明確化と自動化
     原則7 インクルージョン:格差を解消するデザイン
     ブロックチェーンは人間を守る技術


    PART2 ブロックチェーンは世界をどう変えるのか TRANSFORMATIONS

    第3章 金融を再起動する ―― 錆びついた業界をリブートする8つの指針

     ブロックチェーンは金融業界をどう変えるか
      1 本人認証・取引認証
      2 価値の移動
      3 価値の保存
      4 価値の貸し借り
      5 価値の交換
      6 資金調達・投資
      7 リスクマネジメント
      8 会計
     ストック・エクスチェンジからブロック・エクスチェンジへ
     パブリックか、プライべートか
     世界中の大手銀行を巻き込むコンソーシアム
     画期的な変化は外からやってくる
     会計業務は新たな時代に対応できるか
     複式簿記から三式簿記へ
     「評判」がお金を借りる力になる
     ブロックチェーンIPO
     予測市場はデリバティブの主要ツールとなるか
     豊かさのプラットフォーム

    第4章 企業を再設計する ―― ビジネスのコアと境界はどこにあるのか

     マネジメントの終馬
     進化する企業
     企業は何のために存在するのか
     ブロックチェーンは検索コストをどう変えるか
     ブロックチェーンは契約コストをどう変えるか
     ブロックチェーンは調整コストをどう変えるか
     何が企業の境界を決めるのか
      インアウト・マトリックス
      企業の本質を理解する9つの質問

    第5章 ビジネスモデルをハックする ―― オープンネットワークと自律分散型企業

     AirbnbからbAirbnbへ
     未来の企業を読み解く4つのモデル
      1 スマートコントラクト
      2 オープンネットワーク型企業(ONE)
      3 自律エージェント
      4 自律分散型企業(DAE)
     オープンネットワークがもたらす7つの革新
      1 ピアプロデューサー
      2 スマート著作権管理
      3 シェアリング・エコノミー
      4 メータリング・エコノミー
      5 プラットフォーム・ビルダー
      6 ブロックチェーン・メーカー
      7 エンタープライズ・コラボレーション
     ビジネスモデル・イノべーション

    第6章 モノの世界が動きだす ―― ブロックチェーン・オブ・シングズ

     IoTとブロックチェーン
     マイクログリッドとリアルタイムの電力マーケットが実現する
     街に溶け込むコンピューター
     ブロックチェーンがIoTに命を吹き込む
     創造的破壊の12のエリア
      1 交通
      2 インフラ管理
      3 エネルギー・水・廃棄物
      4 農業
      5 環境モニタリングと災害予測
      6 医療・ヘルスケア
      7 金融・保険
      8 書類や記録の管理
      9 ビル管理・不動産管理
      10 製造メンテナンス
      11 スマートホーム
      12 小売業
     ブロックチェーンIoTは全員を勝者にする
     UberからSUberへ
     変化をチャンスにつなげるために

    第7章 豊かさのパラドックス ―― 資本主義とインクルージョン

     資本主義はなぜ迷走しているのか
     金融サービスから取り残された人たち
     デジタルIDで個人の評判をグローバル化する
     富の再分配から新たなチャンスの分配へ
     移民たちを食い物にする送金ビジネス
     スマートフォンをATMに変える技術
     ブロックチェーンによる対外援助と災害復興
     マイクロファイナンスの現状と未来
     役人の不正をブロックチェーンで解決する
     誰もが希望を持てる未来のために

    第8章 民主主義はまだ死んでいない ―― 選挙、法律、政治

     ブロックチェーンは政治への信頼を取り戻せるか
     効率的で高品質な行政サービスの実現
      情報連携による業務効率化
      公共サービスにおけるIoTの活用
      グローバル行政サービス
     個人やコミュニティによる自主的な予算管理
      ラディカルな情報公開
      成果報酬型の公共プロジェクト
      スマート・ソーシャル・コントラクト
     テクノロジーとデモクラシーの気まずい関係
      1 意見の分裂と対話の消減
      2 でたらめや陰謀論の流布
      3 政策の複雑化
     ブロックチェーン民主主義
     ブロックチェーンは選挙をどう変えるか
      E2E検証可能投票システム
      ニュートラル投票連合
      「投票を守れ」運動
     民主主義の新たな形を考える
      ランダム投票権で不正を防止
      価値に投票し、意見に賭ける
     ブロックチェーン裁判
     21世紀型民主主義を実現するツール
      デジタル・ブレインストーミング
      賞金つきチャレンジ
      オンライン陪審
      審議型世論調査
      シナリオ・プランニング
      予測市場

    第9章 僕らの音楽を取りもどせ ―― アート、教育、ジャーナリズム

     音楽業界とフェアトレード
     肥大化したビジネスと搾取の構造
     新たな音楽エコシステムをデザインする
      バリュー・テンプレート
      公平な利益配分
      お金の流れを透明化する
      リアルタイムのマイクロペイメント
      データ連携のスムーズ化
      音楽利用データの活用
      デジタル著作権管理(DRM)
      動的な価格管理
      利用者相互の評価システム
     ブロックチェーンがビジネスモデルを書き換える
     ミュージシャンたちの新たな挑戦
      ブロックチェーン上の著作権登録
      権利マネジメントのプラットフォーム
      新人をサポートするコミュニティの育成
     アーティストとパトロンをつなぐコミュニティ
     ブロックチェーンで発言の自由を取りもどす
     MITメディアラボと教育業界の新たな試み
     豊かな文化が豊かな世界をつくる


    PART3 ブロックチェーンの光と闇 PROMISE AND PERIL

    第10章 革命に立ちはだかる高い壁

     課題1 未成熟な技術
      大量アクセスに対するキャパシティ不足
      洗練されたツールの必要性
      長期的な流動性に対する懸念
      処理時問の問題
      ユーザーの過失をどう防ぐか
      社会との関わり
      法的トラブルの可能性
     課題2 エネルギーの過剰な消費
     課題3 政府による規制や妨害
     課題4 既存の業界からの圧力
     課題5 持続的なインセンティブの必要性
     課題6 ブロックチェーンが人間の雇用を奪う
     課題7 自由な分散型プロトコルをどう制御するか
     課題8 自律エージェントが人類を征服する
     課題9 監視社会の可能性
     課題10 犯罪や反社会的行為への利用
     ブロックチェーンは闇を照らす光になれるか

    第11章 未来を創造するリーダーシップ

     ブロックチェーンが真価を発揮するために必要なもの
     ブロックチェーン・エコシステムのプレイヤーたち
      ブロックチェーン業界の先駆者
      べンチャーキャピタリスト
      金融機関
      ブロックチェーン開発者
      大学・研究機関
      国と中央銀行
      非政府組織
     ブロックチェーンを率いる女性の力
     新たな技術には新たなルールが必要だ
     ビットコイン先進国をめざすカナダ
     中央銀行はデジタル通貨にどう対処するのか
     適切なガバナンスは深い理解から生まれる
     ブロックチェーン時代のガバナンス・ネットワーク
      1 ナレッジ・ネットワーク
      2 オペレーション・ネットワーク
      3 政策ネットワーク
      4 アドボカシー・ネットワーク
      5 監視ネットワーク
      6 プラットフォーム
      7 標準化ネットワーク
      8 ステークホルダー・ネットワーク
      9 移住者ネットワーク
      10 ガバナンス・ネットワーク
     新たな社会は対等なつながりから生まれる
     ブロックチェーン時代のリーダーたちへ

    謝辞
    解説 若林 恵(『WIRED』日本版編集長)
    原注
    索引



    ブロックチェーンは、電子的な台帳として働き、情報の改竄を防止する。
    ブロックチェーンによって、インターネット上に信頼関係を築くことができる。

    (1) 経済改革 (資本主義経済の改良)
     お金を電子化して、銀行が独占していたお金の発行権を全ての市民に解放できる。

    (2) 政治改革 (間接民主主義政治の改良)
     電子的な投票によって、直接民主主義が実現できる。
     共和制が容易に実現できるようになるはず。

    他にもいろいろあるが、インパクトが大きいのはこの2点だろうか?
    インターネットがなくならない限り、この流れはどんどん加速していくだろう。

    ビットコインイーサリアムスマートコントラクトのプラットフォームは、まだまだ改善の余地がある。
    未来からのバックキャスティングで、現在の課題を洗い出してみよう。

    FC2Ad