ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    スポンサーサイト

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト あとで読む
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    竹フレームの自転車

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 竹フレームの自転車 あとで読む
    竹で作った自転車がありました。
    資源のリサイクルにもつながる、画期的な製品です。

    竹フレーム自転車、レースもOK 放置竹林問題きっかけ:朝日新聞デジタル

     京都府下京区の板東陽平さん(33)が、竹でできたフレームを使った自転車を製作している。放置竹林対策に携わったのがきっかけだ。未舗装の山道を巡る長距離レースに出ても問題ないほどの強度で、年内に発売するという。

     板東さんは滋賀県出身。筑波大で自転車競技に取り組み、卒業後、イタリアで2年間アマチュア選手として活動した。帰国後、京都市のアウトドア会社などを経て、2009年から4年間は徳島県上勝町で働いた。放置された竹林の伐採と竹の利用法を探る仕事をしながら、自転車を試作。今年1月、京都市に戻り、本格的に製作を始めた。

     三角形のフレーム部分には、長年いぶされた「すす竹」を使い、その他の部分は竹とハゼの木を張り合わせた部材を利用。接続部分はカーボンシートを巻いて樹脂で固め、表面にヨット用のニスを塗って耐候性も高めた。製作には約1週間かかり、これまでにロードバイク2台とマウンテンバイク1台を作った。



    竹フレームの自転車

    これまで、竹をフレームに使った自転車はありました。

    竹製の自転車を自作することができる « WIRED.jp

    今回の作例は、接合部分に工夫が光ります。
    カーボンシートを巻きつけて樹脂で固める=「ウェットカーボン製法」ですね。

    ロングシートの自転車 - 浜村拓夫の世界

    ●フレームの自作
    自分で好きな形状、ジオメトリーの自転車フレームが作れたら良いと思う。

    ・アルミ溶接 → 結構難しい技術=学習コストが高い。アルゴン溶接、Tig溶接等の機材も高価。
    ・カーボン積層 → ウェットカーボンは軽量ではない。ドライカーボンは焼き入れの機材が高価。

    ラジコンヘリコプターのメインフレームのように、カーボンファイバーの板をつないでオリジナルの自転車フレームを作れば、低水準の工作技術でも自由度の高い造形ができるかな?
    =モノコックじゃないけど、F1のシャーシみたいなかんじで、立体的なフレーム。




    アウディの電動アシスト自転車、AUDI e-bike worthersee- 浜村拓夫の世界

    ウェットカーボンとは - はてなキーワード

    カーボン繊維を用いたFRP素材(CFRP: Carbon Fiber Reinforced Plastics)の形成工法の一つで,カーボン繊維に樹脂を塗りこんで自然乾燥させて形成する方法のこと.一般的な FRP素材として知られるガラス繊維を用いるFRP(GFRP)と基本的に同じ製法である.一般向けの自動車パーツとして市販されているカーボン製品のほとんどは,この製法で形成されている.

    もう一つの CFRP形成工法であるドライカーボンと比較して,製作工程が簡単で専門設備が不要であり,GFRPに近い低コストで形成可能なことが大きな利点である.しかしながら,製法上,ドライカーボンほど重量が軽くならず強度も高まらないという欠点がある.



    竹フレームの接合法に、3Dプリンター技術を活用できないものでしょうか?

    ・竹フレームを仮組みして、接合部分を3Dスキャンする。
    ・スキャンデータを基にして、3Dプリンターで型をおこす。
    ・型を基にして、ドライカーボン製法の補強パーツ、接合パーツを作る。

    この手順は手間だけど、自動化も容易な気がします。

    天然素材として、竹や麻を使った画期的な製品を、日本は世界中に供給することができると思います。
    竹を使ったエコロジーな製品を、私も考えてみたいと思います。



    現代に生かす竹資源
    創森社
    2009-09-24
    2100円



    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/987-85960449

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。