ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    日本語の発音を教える方法 (ありがとうございます → Early got toe goes I must)

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 日本語の発音を教える方法 (ありがとうございます → Early got toe goes I must) あとで読む
    2020年に東京オリンピックが開催される予定となり、日本が他国から注目を集める機会が増えていくでしょう。
    せっかくの機会だから、外国人に日本語を覚えてもらえたらいいかも。

    外国に行って会話するとき、下手でも一生懸命当地の言葉を使おうとしている(=相手の文化をリスペクトする)姿勢を見せたら、喜んでもらえる場合があります。
    語学学習の第1歩は、コミュニケーションの万能薬である「ありがとう」という表現を覚えると良いです。

    利他心を育てる感謝の言葉★ありがとう - 浜村拓夫の世界

    「ありがとう」という言葉は0円だが、多くの利益をもたらすマジックワード(魔法の言葉)であることに気付いた。
    人を育てる言葉として、ほめ言葉よりも、感謝の言葉の方が有効であるという言説について、よく検討して理解を深めていきたい。




    ●似ている発音
    日本語を、似ている英語の発音で教える方法があります。

    昔、学習塾で英語の先生が、黒板に
    「Ohio goes I must.」
    と書いて、意味を聞きました。

    文法的におかしいなー?と思っていたら、
    「答えは、『おはようございます』という意味だよ」
    と言われて、非常に寒いギャグだと思いました。

    何だろ?…アメリカ人のセンスなら、面白いジョークなのかな?

    それはさておき、似ている発音で外国語を教える方法がある、ということですね。

    「ありがとう」 → Early got toe.
    「ありがとうございます」 → Early got toe goes I must.
    と教えたら、発音だけでも覚えてもらえるかな?
    =もっと似ている発音はあるでしょうか?

    「Ohio goes I must」で検索したら、他の表現も出てきました。

    どういたしまして - 住むトコ.COM

    ・どういたしまして → Don't touch the mustache

    ・おはようございます → Ohio Goes I Must

    ・ごめんなさい → Go Men Not So I

    ・いらっしゃいませ → eat rush I must say

    これを実際に使った読者から「確かにそう聞こえるんですが、なんかオカマ・クラブに来たみたいになります。うちの社内でみんなが覚えてしまいました。どうにかしてください」というメールが来ました。



    オカマ・クラブって何ぞ(笑)

    巻き舌っぽくなるってこと!?



    もしも…あなたが外国人に「日本語を教える」としたら (クロスカルチャーライブラリー)
    荒川 洋平
    スリーエーネットワーク
    2004-05
    1260円



    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/977-c1b0e73b

    FC2Ad