ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    脳内物質オキシトシンの作用機序

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 脳内物質オキシトシンの作用機序 あとで読む
    健康に関する本で、面白い本がありました。
    「親切」は驚くほど体にいい!
    デイビッド・ハミルトン
    飛鳥新社
    2011-09-02
    1300円


    本書は、「オキシトシン」という脳内物質に着目して、健康のメカニズムを考察しています。

    内容は、示唆に富み、参考になると思いましたが、不満点もあります。
    この手の薄い本の欠点は、紹介している研究事例について、出典を明記していないことです。

    まあ、研究論文じゃなくて、単なるエッセイと割り切れば、仕方のないことかもしれませんね?
    学問的には、エビデンス(科学的根拠)が提示されていないので、この本の内容は、あくまでも単なる仮説として受け止めるべきです。

    エビデンス - 浜村拓夫の世界

    evidence 【名】 1. 証拠{しょうこ}、証言
    診断・治療の科学的根拠と妥当性のことをエビデンスといいます。



    しかしながら、オキシトシンという脳内物質に着目し、その効用を啓蒙している点については、有益な本ではないかと思い、読書録をメモ。

    ●本の基本情報

    「親切」は驚くほど体にいい! - 株式会社 飛鳥新社

    「親切」は驚くほど体にいい!
    ”幸せ物質”オキシトシンで人生が変わる
    あなたの健康と幸福は、「お先にどうぞ」と言った回数で決まります

    ◎著者 デイビッド・ハミルトン 著 有田 秀穂 監訳
    ◎ジャンル 健康・医療・暮らし
    ◎出版年月日 2011/09/02
    ◎ISBN 9784864101097
    ◎判型・ページ数 4-6・208ページ
    ◎定価 本体1,300円+税




    原書(英語版)
    Why Kindness Is Good for You
    David R. Hamilton
    Hay House
    2010-02-15
    1854円



    目次

    監訳者のことば 有田秀徳

    1 なぜ「親切」が健康にいいのか
     ・この「原則」を知っておくだけで、いいことが増える
     ・ヘルパーズ・ハイ―人助けをすると、自分も元気になるのはなぜ?
     ・カリスマ医師の「意外なアドバイス」
     ・「親切」で痛みが消える、長寿になる!
     ・「寿命を決めるDNA」テロメアとは
     ・「多少のストレスは当たり前」と割り切る
     ・あえて「おせっかい」になれ

    2 「人の気持ち」を想像してみるだけで
     ・「同情する力」が人生を変える
     ・他人が転ぶのを見ると、痛みを感じるのはなぜ?
     ・ストレスがスーッと消える「慈悲の瞑想」
     ・情けで「免疫力」も高まる
     ・私の人生を変えた秘境での「決定的体験」
     ・「迷走神経」は縁の下の力持ち
     ・「情け」は炎症にも効く

    3 オキシトシンで「健康」と「幸福」が同時に手に入る!
     ・「幸せ物質」があなたを芯から元気にする!
     ・「信頼ゲーム」で証明された、心と体の秘密とは?
     ・「人を信じる人」ほど幸せになる理由
     ・「苦手な人」をなくすいちばん簡単な方法
     ・オキシトシンの力で内臓機能もグンと改善!
     ・誰でもできる「オキシトシン健康術」―7つの方法!

    4 心臓を元気にする「意外な習慣」
     ・「心臓病にならない町」の秘密
     ・血管の「手入れ」もオキシトシンの仕事だった
     ・健康の大敵「酸化ストレス」を減らすには
     ・傷が治るときに「欠かせないプロセス」を知っているか
     ・「メールの便利さ」と引き換えに失っているもの
     ・「夫婦関係のギスギス」は体もギスギスさせる
     ・パートナーと「健やかな関係」を保つ4つのアドバイス
     ・「友人をもつ」―それだけでここまで変わる!

    5 子育てもオキシトシンで決まる
     ・赤ちゃんに「ミルクに劣らず大切な栄養」とは?
     ・幼少期の「プラス体験の量」が人生を左右する
     ・親が笑う分だけ、子どもは幸せになる
     ・スキンシップが起こした「マサチューセッツの奇跡」

    6 「今、自分にあるもの」に目を向ける
     ・同じ境遇でもここまで差が出る! あなたは「何を数えますか?」
     ・「ありがとう」を声に出す大効果
     ・羊の代わりに「恵み」を数えなさい
     ・よくある勘違い―「ストレスの元凶」は何か
     ・「もし、あの人がいなかったら」と想像してみる
     ・感謝の態度が自然に身につく5つのエクササイズ

    7 人生の幸せは「親切」から生まれる
     ・「思いやりの気持ち」が邪魔されたときは
     ・しつこい怒りもこうすれば「捨て切れる」
     ・相手を許さないと自分が損をする
     ・親切は「遺伝子のプログラム」に組み込まれている!
     ・自分を慈しむ―すると、人生はうまくいく
     ・あなたの優しさひとつから世界は変わっていく

    実践編
     ・親切の「3週間」運動
     ・「1日3回」親切運動
     ・40の親切行動

    監訳者あとがき




    いろいろな良い事が、オキシトシンによってもたらされるという説明は、具体的には、第3章と第4章に書いてありました。

    …なんか、後半は、「オキシトシン、関係ないやん!」と突っ込まずにはおられませんが、「親切は良い」という話です。(笑)


    ●メモ
    本書で、なるほど!と思ったところをメモ。

    (p.6)監訳者のことば

    私たちが目指すべき「本当の幸せ」とは?

     ところで、脳のしくみからいえば、「幸せになる方法」はふたつあります。
     ひとつは「目標達成」や「夢の実現」によって得られる幸せで、これにはドーパミンと呼ばれる神経物質が関係しています。
     たとえば、試験に合格したときや、試合に勝ったときなどに、このドーパミンが分泌されると、舞い上がるような幸せ感、高揚感がもたらされます。
     もうひとつが、「親切」や「ふれあい」によって得られる幸せです。
     これこそオキシトシンのはたらきによるもので、心に灯がともるような、ほんのりと長続きする幸せ感です。
     人生においてはどちらも大切なのですが、私たちはこれまで、「ドーパミン的な幸せ」ばかりを優先してきたのではないでしょうか。
     ドーパミン的な幸せにはいくつか落とし穴があります。
     得られたときの快感は大きいのですが、長続きしません。成功を手に入れたとしても、「もっともっと」と次の報酬を求め、際限なくエスカレートしてしまうのです。
     また、成果を求める過程において、他人との競争が生じるケースもよくあります。努力をしても思うような結果が出ないときには、まじめな人ほど自分を責めてしまい、それが大きなストレスになってしまうのです。
     その結果、私たちは息苦しさや、ある種の「行き詰まり感」を感じていたのではないでしょうか。
     一方で、親切やふれあいから生まれる幸せ感は、強烈なものではありませんが、ほんのり長続きします。成果とも無縁で、他人との競争もありません。
     本書の説く「オキシトシン的幸せ術」は、「誰もが無理なく、確実に幸せになれる方法」として、今まさに私たち日本人が必要とするものなのです。



    つかみは上々。続きを読んでみた~い!と思わせるような、ナイスな序文ですね。

    ・ドーパミン的な幸せ → 「飽くなき追求」
    ・オキシトシン的な幸せ → 「足るを知る」

    (p.76)第3章 「信頼ゲーム」で証明された、心と体の秘密とは?

    脳のオキシトシンが増えると、私たちは人を信じやすくなります。
    ふだん人見知りをする人なら、この効能をうまく利用すれば、周囲の人と打ち解けることができるでしょう。

     投資家が裏切られたとしましょう。恐らく、その投資家は次からはリスクを意識して与える額を減らしたり、与えるのをやめたりするはずで、実際このゲームを何度か繰り返すとそのような結果になります。
     では、信頼を高めるオキシトシンが脳にあふれていた場合はどうでしょう。
     投資家の鼻にオキシトシンを噴霧して信頼ゲームを始めたところ、裏切られた後も減額しないことがわかったのです。

     そのときの脳活動をfMRI(MRI装置を使って脳の血流を視覚化する手法)で調べてみると、特に扁桃体(へんとうたい)や背側線条体(はいそくせんじょうたい)が影響を受けることが明らかになりました。扁桃体は恐怖や不安に関わる部位で、背側線条体は過去の成功体験に基づいて行動を選んでいる部位です。
     オキシトシンを与えられた人たちには、次のような効果が見られました。

    ・扁桃体の活動が低下した=再び裏切られることへの恐怖が抑えられていた
    ・背側線条体の活動も抑制されていいた=「過去の結果」にこだわらなくなった

     つまり、オキシトシンがあふれている人は、裏切られても人を信頼し続けることが、この実験でわかったのです。

     この結果を聞いて、「ちょっと待って」と思った人もいるかもしれません。
     裏切られても信頼するのは、危険を大きくするだけではないか、と。
     実際、経済学の教科書には、次のようなことが書かれています。
    「人間は本来、人を信じない利己的な生き物だ。ゆえに他者の感情に配慮せず、自分の利益を追求する」
     しかし、本当にそれだけでしょうか。
     人は利己的と決めつけてしまう理論は、私たちの行動がもっと複雑だという事実を無視しています。私たちは利他的にふるまうこともありますし、ときには自分を犠牲にします。
     たとえば、私たちが恋愛をしているときに人を信じやすくなり、優しくなることに、異論がある人は少ないでしょう。
     このメカニズムを明かせば、「誰かを好きになると、脳と体にオキシトシンがあふれ、他者のいいところに目が向く」ということになります。
     そんなときは、過去に嫌なことをされた人に対しても、おおらかな気持ちで接することができます。些細なことで怒らなくなり、裏切られることを恐れなくなり、人にも親切になる―まさに、世界がバラ色に見えてくるのです。
     それが、オキシトシンが出ることで、人を信じやすくなっている状態です。
     人を信じられず、何事も疑いながら暮らすのとどちらが幸せか―少し考えてみればわかるはずです。
     19世紀にアメリカで生まれてイギリスで活躍した作家ヘンリー・ジェームズは、こんなことを書いています。
    「人生で大事なことは三つある。一に親切、二に親切、三に親切だ」
     人間関係を円滑にし、さまざまな効用をもたらしてくれる親切を、私たちはもっと見直すべきでしょう。
     オキシトシンを使った後の信頼ゲームのように、お互いに信頼し合うことで最大の恩恵を受けることができれば、いうことはありません。



    投資家の鼻にオキシトシンを噴霧 → どんな光景なんだwww

    オキシトシンのスプレーを持ち歩いて、
    「すみませーん。これ、鼻に入れてもらえますかー?」
    と尋ねたら、誰がどう見ても完全に不審者ですよね?
    本当にどうもありがとうございました。www

    オキシトシン・アクセラレーター 1オンス (海外直送品)
    HBC PROTOCOLS
    7690円


    「恋は盲目」~冷静な判断力を失って、楽観的になることと、
    寛容で利他的であることは、別だと思います。

    上記の逸話は、「誤った二分法」の典型的なパターンだな。

    誤った二分法 - Wikipedia

    誤った二分法(あやまったにぶんほう、英: false dichotomy)あるいは誤ったジレンマ(英: false dilemma)は非論理的誤謬の一種であり、実際には他にも選択肢があるのに、二つの選択肢だけしか考慮しない状況を指す。



    ・ウンコ味のカレー
    ・カレー味のウンコ
    のどちらかを選べ!という究極の選択ゲームで、正解は「カレー味のカレー」を食べればOKみたいな。
    =比較対象の設定に難がある。

    ・人を信じやすくなって、おおらかな気持ちになる
    ・人を信じられず、何事も疑いながら暮らす
    どっちが幸せかって?
    そのどちらでもない選択肢=人にだまされず、おおらかな気持ちで暮らす、のが一番イイんじゃね?

    まあ、著者が言いたいことは分かるけど、ウンコ味のウンコの話を思い出したので、突っ込みwww

    (p.84)第3章 オキシトシンの力で内臓機能もグンと改善!

     オキシトシンの脳への効果だけでも盛りだくさんのように思えますが、それだけではありません。
     この「幸せ物質」があふれていると、全身の機能や健康が高まるのです。
     オキシトシンの受容体は、現在、体のあちこちで見つかっています。その結果、オキシトシンがいくつもの場所で重要な役目を果たし、これまで考えられていなかった形で心と体を結びつけていることもわかってきました。
     まず、オキシトシンは食べ物の消化にも基本的なレベルで作用し、重要な役目を果たしていること。
     オキシトシンは、胃の運送(平滑筋の収縮)を促し、食べ物が胃から腸に運ばれるのを助けています。
     オキシトシンが少ないと、筋肉を協調して収縮させられなくなり、ペースも落ちていきます。よくお腹が痛くなる子どもは、オキシトシンの血中濃度が低いことがわかっています。

     オキシトシンは、大腸にとっても大切です。
     オキシトシンのグループは1時間当たりの大腸の収縮が6倍近くになっていたそうです。つまり、オキシトシンが腸の排泄機能に深く関わっていることが示されたのです。

     消化だけではありません。
     最近の研究で、オキシトシンの重要なはたらきが新しくわかってきています。
     そのひとつが、炎症を抑えるはたらきです。迷走神経が体内の炎症をコントロールに重要な役目を果たしていることはすでにお話ししましたが、オキシトシンにも同じはたらきがあるようなのです。
     数年前、女性が母乳を分泌しているときに一部の炎症性サイトカインが減っていることに気づいた研究者が、こう考えました。
    「これはオキシトシンの作用ではないだろうか。母乳が出ているときは、オキシトシンも増えているはずだ」
     その後、多くの研究が行われて、その仮説が裏づけられています。



    オキシトシンは、健康界のスーパースターです。
    オールマイティー!何でも来い!みたいな?

    iPhone5の新型がバカ売れする一方、日本製のスマホは凋落の日々。
    もうね、一発逆転を狙って、スマホにオキシトシン・スプレー機能を搭載すべきでしょう。
    →製品化できたら、ジャパネットたかたが販売促進担当でOK

    (p.88)第3章 誰でもできる「オキシトシン健康術」―7つの方法!

     幸せな気持ちになり、人間関係もうまくいき、体も元気にしてくれる―オキシトシンはまさに、私たちの健康な生活を支える「縁の下の力持ち」といっていいでしょう。
     もちろん、オキシトシンが効くからといって、自分や相手の鼻に噴霧するわけにはいきません(ただしビジネスマンの中には、契約を成立させるため会議室にまいておく人もいるそうです)。



    鼻スプレー → 考えることはみんな一緒ですね!?
    スプレーがダメなら、ガス室があるさ、ってか?…無茶しやがって!!!
    何気にすごい提案をしてますな(笑)

    オキシトシンは分子量が大きて揮発性なさそうだから、香水に混ぜるとか意味ないね。
    経口投与でも、胃腸で吸収されないみたいだし、ダメっぽいです。
    皮下注射や鼻腔粘膜直撃じゃないと注入できないのかな?


     でも、入手方法は簡単。体内でつくればいいのです。
     私たちはさまざまな方法で自らオキシトシンを出すことができます。
     誰でもできる心がけでオキシトシンを分泌する方法を紹介します。いずれも、研究によってその効果は実証済み。
     自分に合う方法を見つけて、実行に移してみてください。

    1 親切をする
     何度も繰り返しますが、これがいちばん基本です。

    2 感動する
     人に元気や感動をもらうとオキシトシンが出てきます。

    3 感情を表に出す
     ある研究でオキシトシンとの関係も調べられ、マイナスの感情をため込まないことが、オキシトシンを出すための条件のひとつになるとわかりました。

    4 マッサージを受ける
     カリフォルニア大学ロサンゼルス校が2008年、マッサージを受けるとオキシトシンの分泌が増えることを発見しました。

    5 愛する人と精神的に支え合う、スキンシップをとる
     スキンシップによりオキシトシンの濃度が増えることもわかっています。

    6 ハグをする
     ハグする回数が多い女性ほどふだんのオキシトシン濃度が高いことがわかりました。

    7 ペットをなでる
     人とふれあうのが難しければ、ペットでも効果があります。



    われ、実証済みゆうとるけど、エビデンス出さんかい、エビデンスを!!!
    日本の満員電車に乗っても、オキシトシン出るんかい?(→出たりして?)

     日本の麻布大学が、飼い主たちに30分、犬と遊んでもらい、遊ぶ前後の尿を採取してオキシトシンの濃度を調べました。
     この実験では遊ぶ様子を録画して、犬が飼い主を注視していた時間を調べたのですが、長い時間注視されていた飼い主たち(30分のうち平均2分半注視された人たち)のオキシトシン濃度は、遊ばなかった場合を比べて20%も高くなっていました。
     ペットと遊ぶと楽しくなったり元気になったりしてうつや不安が減るのは、オキシトシンがあふれた結果と考えられます。
     また、愛情を注ぐ対象は、動物でなくてもいいようです。
     ハーバード大学では、老人ホームのお年寄りに植木の世話をしてもらい、看護士がその経過を観察しました。
     その結果、植木の世話をしたグループの死亡率が、何もしなかったグループの半分に下がったのです。ふだんはなんの責任も与えられていないお年寄りが植物の世話をしたことで、健康が改善することがわかりました。

     このように、オキシトシンを出すには、さまざまな方法があります。
     でも、基本はシンプル。
    「他者とつながるあらゆる行為が、オキシトシンを分泌させる」とよく肝に銘じておいてください。



    現代人は、インスタントに慣れ過ぎています。
    ・安易なドラッグ(薬やサプリメント)使用で、すぐにオキシトシンを増やそうとする
    ・多少時間がかかっても、体内で自然に生産されるオキシトシンを増やす
    前者よりも後者の方が、ナチュラルで無理がないでしょう。

    (p.99)第4章 心臓は「孤独」を嫌がる

     本書をここまでお読みのみなさんは、「ひょっとして」と察しがつくかもしれません。
     そう、オキシトシンです。



    ポルナレフAA

    おれは今、オキシトシンをほんのちょっぴりだが体験した

    い…いや…体験したというよりは

    まったく理解を超えていたのだが……

    あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!


    (p。100)第4章 血管の「手入れ」もオキシトシンの仕事だった

     脳にオキシトシンがはたらき、心が変化する―このことはすでにお話ししましたが、「心」だけでなく「心臓」にもオキシトシンが影響を与えることが、1990年代以降の研究でわかってきたのです。

    血管の「手入れ」もオキシトシンの仕事だった
     きっかけは、日本の山之内製薬筑波研究センターが、体のいちばん太い血管である大動脈にオキシトシンと結びつく受容体があるのを発見したことでした。
     その後、心臓の右心房、肺動脈などにもオキシトシン受容体があることが次々に発見されました。
     こうして医学界の注目が集まってきた中、最新の研究により、オキシトシンが心臓や全身の血管の受容体に結合し、さまざまな作用をおよぼすことがわかりました。ついに、「心臓を守るはたらき」が示唆されたのです。
     そのしくみは、以下のように考えられます。
     オキシトシンが血管壁の受容体に結合すると、NO(一酸化窒素)がつくられ、血管が拡張します。
     動脈や静脈、毛細血管が広がると、血管の抵抗が減って血圧が低下します。
     細いホースより太いホースの方が水が流れやすく、管にかかる圧力が低いのと同じことです。
     オキシトシンは血管という「ホース」を広げて血圧を下げる、と考えてください。
     ですから、愛情などを感じて血中のオキシトシン濃度が高まると、心臓と血管が全体的にゆるみ、心臓に優しい状態になるといえます。
     ちなみに、NOは老化を防ぐ重要な因子で、これが不足すると私たちの寿命は縮まります。
     このNOは加齢とともに減少して血管が拡張しにくくなりますが、オキシトシンでNOが増えて心臓と血管の健康が保たれ、老化を防ぐ可能性もあるといえます。



    オキシトシンが、ついに全身デビュー!!!

    (p.102)第4章 健康の大敵「酸化ストレス」を減らすには

     オキシトシンと血管の関係をもう少しくわしく見てみましょう。
     2008年には、マイアミ大学心理学部行動医学研究センターにより、オキシトシンが動脈硬化を防ぐことが示されました。
     この研究は、酸化ストレスが心臓と血管、免疫系に与える影響と、それによる動脈硬化の発生を調べたものです。
     酸化ストレスとは何か。
     少し難しくなりますが、結びつく相手のいない不安定な酸素原子を、「活性酸素」と呼びます。
     この活性酸素には、ほかの分子の原子を奪い取ろうとする性質があって、細胞やDNAなどを傷つけます。その結果、老化が進み、心臓や血管の病気や、ガンなどの進行が早まってしまいます。この活性酸素が無害化されず、どんどん体にたまってしまった状態を酸化ストレスと呼ぶのです。
     マイアミ大学の研究では、ヒトの血管細胞をオキシトシンがある状態とない状態で培養、比較しました。その結果、オキシトシンとともに培養した細胞では酸化ストレスが24%から48%も減っていたのです。オキシトシンが酸化ストレスを無害化し、動脈硬化を防いでいたと解釈できます。

     心不全、心筋梗塞、アルツハイマー病、慢性疲労、パーキンソン病などにも酸化ストレスが関わっていますから、愛情や親切心を発揮し、人とつながっていけば、これらの病気の予防効果も期待できます。



    オキシトシンの快進撃が止まらない…。
    オキシトシンは、薬のホームラン王です。

    これらの仮説が実証されれば、もう全ての病気は、オキシトシン一発で治りそうな勢いですね?(笑)


    ●著者プロフィール

    著者

    デイビッド・ハミルトン(David Hamilton)
    有機化学博士。
    イギリスの大手製薬会社で心血管疾患の新薬開発に従事したのち、医薬品科学の知見を日常生活に結びつけるワークショップを開始。
    心と体の健康を「親切」「つながり」などの習慣から追求する独自の手法で評判に。
    現在、グラスゴー大学で指導員を務めながら執筆活動に携わる。
    その集大成である本書はイギリスで大きな話題を呼び、14か国で翻訳出版が決定している。



    公式サイト http://drdavidhamilton.com/
    Twitter https://twitter.com/drdrhamilton
    Facebook https://www.facebook.com/DavidRHamiltonPhD

    デイビッド・ハミルトン(David Hamilton)



    監訳者

    有田秀穂(ありた・ひでほ)
    東邦大学医学部統合生理学教授。
    東京大学医学部卒。
    東海大学病院で臨床に、筑波大学基礎医学系で脳の基礎研究に従事。
    その間、ニューヨーク州立大学に留学する。
    セロトニン、オキシトシンなど神経物質研究の第一人者であり、セロトニン道場代表としても活躍。
    著書に『脳からストレスを消す技術』「脳ストレスが消える生き方』(サンマーク出版)『0歳からはじめる男の子の脳の育て方』(かんき出版)などがある。



    公式サイト http://www.serotonin-dojo.jp/
    Twitter https://twitter.com/serotoninarita
    Facebook https://www.facebook.com/serotonindojo

    有田秀穂(ありた・ひでほ)




    ●オキシトシンとは?

    オキシトシン oxytocinの分子構造
    オキシトシン oxytocin

    オキシトシン とは - コトバンク

    オキシトシン【oxytocin】

    脳下垂体後葉ホルモンの一つ。
    強い子宮収縮作用をもち,分娩時に大きな役割を果たすと考えられている。
    脳下垂体後葉に子宮収縮作用をもつホルモンが存在することは以前から知られていたが,1953年にデュ・ビニョーV.du Vigneaud(1901‐78)らによって,9個のアミノ酸からなるオキシトシンの化学構造が解明され,同年初めて生理活性をもつポリペプチドとして合成された。
    分子量約1000。
    脳内の視床下部の室旁核や視索上核で生合成され,神経繊維の軸索を通って脳下垂体後葉に運ばれて貯留され,刺激に応じて分泌される。



    オキシトシンの発見者
    ヴィンセント・デュ・ヴィニョー - Wikipedia

    ヴィンセント・デュ・ヴィニョー(Vincent du Vigneaud, 1901年5月18日 - 1978年12月11日)はアメリカの生化学者。脳下垂体のホルモン、オキシトシン及びバソプレシンの分析及び合成を行い、生物における硫黄化合物の働きに関する研究で1955年のノーベル化学賞を受賞した。



    ヴィンセント・デュ・ヴィニョー Vincent du Vigneaud

    オキシトシンは、1953年に発見された物質と。
    もうだいぶ前から知られていた物質なんだなー。

    オキシトシン - Wikipedia

    オキシトシン (Oxytocin, OXT, OT) は視床下部の室傍核と視索上核の神経分泌細胞で合成され、下垂体後葉から分泌されるホルモンであり、9個のアミノ酸からなるペプチドホルモンである (Cys-Tyr-Ile-Gln-Asn-Cys-Pro-Leu-Gly)。

    作用
    オキシトシンには末梢組織で働くホルモンとしての作用、中枢神経での神経伝達物質としての作用がある。
    末梢組織では主に平滑筋の収縮に関与し、分娩時の子宮収縮させる。
    また乳腺の筋線維を収縮させて乳汁分泌を促すなどの働きを持つ。
    このため臨床では子宮収縮薬や陣痛促進剤をはじめとして、さまざまな医学的場面で使用されてきており、その歴史は長い。
    最初は女性に特有な機能に必須なホルモンとして発見されたが、その後、男性にも普遍的に存在することが判明している。
    また、視床下部の室傍核 (PVN) や視索上核 (SON) にあるニューロンから分泌され、下垂体後葉をはじめ様々な脳の部位に作用し機能を調節している。



    オキシトシン - 日本化学物質辞書

    日化辞番号 J1.360I

    分子式 C43H66N12O12S2

    分子量 1007.19

    CAS登録番号 50-56-6

    法規制番号 (9)-287 8-(7)-462 ENCS2000484

    体系名
     Cys(1)-Tyr-Ile-Gln-Asn-Cys(1)-Pro-Leu-Gly-NH2
     L-Cys(1)-L-Tyr-L-Ile-L-Gln-L-Asn-L-Cys(1)-L-Pro-L-Leu-Gly-NH2
     L-Cys(1)-L-Tyr-L-Ile-L-Glu(NH2)-L-Asp(NH2)-L-Cys(1)-L-Pro-L-Leu-Gly-NH2

    慣用名
     ピトシン Pitocin
     ウテラコン Uteracon
     オキシトシン Oxytocin
     シントシノン Syntocinon
     アトニン-O Atonin-O
     オキシトシンF Oxytocin F


    用途語 子宮収縮薬 止血薬



    オキシトシンには、「ピトシン」「ウテラコン」「シントシノン」「アトニン」等の別名があるようです。

    医療用医薬品 : オキシトシン - KEGG 京都遺伝子ゲノム百科事典

    効能・効果

    子宮収縮の誘発、促進ならびに子宮出血の治療の目的で、次の場合に使用する。
    分娩誘発、微弱陣痛、弛緩出血、胎盤娩出前後、子宮復古不全、帝王切開術(胎児の娩出後)、流産、人工妊娠中絶



    医薬品としてのオキシトシンは、子宮を収縮させるために使う薬のようです。
    =出産をサポートする薬なんですね?

    子宮収縮作用以外にも、オキシトシンの効用が発見されて、それが本書で紹介されている内容、ということになるのかな?

    有田秀穂氏のコラムがありました。

    「脳の疲れ」がスーッととれる!“癒しホルモン”オキシトシンの増やし方 | PHP研究所

    2012年08月17日 公開

    有田秀穂(東邦大学医学部教授)
    《PHP文庫『「脳の疲れ」がとれる生活術』より》

    心と体の疲れがスーッと消える10の習慣

     私は以前から脳のセロトニン神経の活性化によって、ストレスを受け流すことができるようになり、安定した心になるということを書いてきました。さらに最近注目されているのは、オキシトシンというホルモンです。オキシトシンが十分に分泌されていると、脳の疲れを癒し、気分を安定させ、人に対する信頼感が増し、心地よい幸福感をもたらしてくれるのです。

     オキシトシンとセロトニンは関係していて、オキシトシンが分泌されるとセロトニン神経に影響を与え、セロトニン神経も活性化されます。オキシトシンとセロトニンが十分に分泌される生活は、心の疲れを癒し、心に充足を与えてくれるのです。

     なぜそれがよいのかということについては、拙著『「脳の疲れ」がとれる生活術』の中で、詳しく説明していますが、ここでは脳内にセロトニンとオキシトシンを十分に分泌する、誰でも簡単にできる方法をあげておきましょう。

    1、夜は12時までに眠る。
    2、夕食後はパソコンを操作しない。
    3、夜は携帯電話で長話をしない。ベッドの近くに携帯電話を置かない。

     1~3については、睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌をよくして、よい睡眠をとる条件です。

    4、朝日を浴びる(朝型生活に)。
    5、朝と夕方に30分程度歩く(あるいはジョギング、サイクリング、スイミングなどのリズム運動を30分程度)。
    6、呼吸法をする(これもリズム運動の一種です)。
     一日の中で何回か5分程度、腹式呼吸をする(ヨガ、気功、坐禅などは呼吸法になります)。

     4~6はセロトニン神経を活性化します。

    7、家族団らん。
    8、夫婦、恋人とのふれあい。
    9、感情を素直にあらわす。
    10、親切を心がける。

     7~10はオキシトシン分泌を促し、セロトニン神経も活性化させます。

     この7~10の行動から人間関係がうまくいき、気分よく生活することでオキシトシンが分泌されることがわかると思います。オキシトシンが十分に分泌されると、脳の疲れがとれるだけでなく、体をも健康にするのです。



    メラトニン、セロトニン、オキシトシンの3ホルモンに注目。
    10の「親切を心がける」が、本書の内容ですね。

    「幸福ホルモン」として注目されはじめたオキシトシン

     では、近年「幸福ホルモン」として注目されている「オキシトシン」について、少しお話ししていきましょう。オキシトシンは哺乳類だけが持っているホルモンで、心が癒される、幸せな気分になるという効果があります。

     オキシトシンは40年以上前から、女性が分泌するホルモンで、2つの役割があるということは、わかっていました。

     第一は出産するときに子宮を収縮させて、出産を促すことです。よく陣痛を促進させるために点滴に使われているのがオキシトシンです。

     もう1つは、出産したあとに、母乳を分泌させます。つまり、母乳を出すように促すのです。赤ちゃんがお母さんの乳首を吸うと、それが誘因になり、母親の脳からオキシトシンが分泌され、母乳の合成と分泌を促進させるのです。

     母親が出産し、赤ん坊を育てることに直結したホルモンとして、オキシトシンは昔からよく知られていました。

     しかし、このオキシトシンの研究がこの10年くらいで進んで、オキシトシンは母親だけが出すものではなく、母親になっていない女性も、また男性も、年齢も関係なく、分泌されることがわかってきました。

     とくに最近になってオキシトシンが母乳を出すように促すだけでなく、母性愛と関係することがわかってきました。さらに信頼や男女の愛情と関係して分泌されるということもわかってきたのです。母性愛という心の状態だけでなく、信頼という心の状態、男女の愛情という心の状態をつくり出すということで、急激にこのオキシトシンというホルモンの役割が注目されはじめたのです。

     近年注目されている、オキシトシンの効果をまとめると、次のようなものです。

    1、人への親近感、信頼感が増す。
    2、ストレスが消えて幸福感を得られる。
    3、血圧の上昇を抑える。
    4、心臓の機能をよくする。
    5、長寿になる。

     オキシトシンが分泌されると、脳内では「脳内物質」として働いて心を変え、さらに血液中のホルモンとなって体にも効くのです。



    オキシトシン、すげーじゃん!と。

    よくあるサプリメント販売の提灯記事(ステルス・マーケティング)みたいな側面はないか?…話半分で受け止めないといけないでしょうか。

    まあ、でも、本書の良いところは、サプリメントや薬を使い、インスタントな方法でオキシトシンを増やすんじゃなくて、生活習慣を改めることで体内で自然に生産されるオキシトシンを増やそう!と提案している点ですね。


     セロトニン神経の神経細胞にオキシトシンの受容体があります。ですから、オキシトシンがたくさん分泌されてオキシトシン受容体に届くと、同時にセロトニン神経が活性化されることになるのです。

     よって、オキシトシン分泌を盛んにするような行動を行なうと、セロトニン神経の活性も起こるわけです。つまり、オキシトシンの分泌 → セロトニン神経の活性化 → セロトニンの分泌というような流れになります。

     セロトニン神経が活性化されると、脳の状態を安定させ、心の平安、平常心をつくりだします。また、自律神経に働きかけて、痛みをやわらげる効果もあります。そのように、脳全体の状態を変えてくれます。

     何度もお話ししているように、セロトニン神経を活性化するには、リズム運動と太陽の光、そしてグルーミングの3つが大切です。

     この第三の方法であるグルーミングは、セロトニン神経を活性化するとともに、オキシトシン分泌にかかわっています。グルーミングによって、セロトニン神経が活性化するのは、まずオキシトシンが分泌されることによると考えられます。



    オキシトシンが人をハッピーにする?メカニズムは、
    オキシトシン増加 → セロトニン増加 → ハッピー!(・∀・)
    という流れ、仮説が考えられているみたいです。


    グルーミングとは - はてなキーワード

    グルーミング
    身だしなみ・手入れ・身綺麗にする事。
    【動物】毛づくろい、羽づくろい。
    英語:grooming (”groom” に ”ing” を付け足して、”grooming”。)



    グルーミング とは - コトバンク - Kotobank

    グルーミング 【grooming】
    1 髪・ひげ・からだなどを清潔に手入れすること。
    2 同種の個体間で皮膚・毛・羽毛をつくろい清掃してやる行動。ニホンザルでは個体間の社会関係の確認のために重要な役割をもつとされる。ノミとり。毛繕い。羽繕い。



    グルーミング - Wikipedia

    グルーミング(英: grooming)とは、動物が体の衛生や機能維持などを目的として行う行動である。
    一部分は後天的に習得され、以降の世代へと伝播する場合もある(湯、土、木の葉、砂塵の利用など)。
    毛繕い、羽繕い、ノミ取りなどが含まれる。
    自分自身に対して行うセルフグルーミング(英: personal grooming)と、他の個体に対して行う社会的グルーミング(英: social grooming or allogrooming)がある。



    グルーミングする猫


    オキシトシンを分泌させるつき合いとは?

     母子の愛情や男女間の愛情の交流だけでなく、仲間と飲んだり食べたりしながら話すこともグルーミングになります。とくに、高級レストランなどよりも、狭くてカウンターで肩を寄せ合うように飲み食いするような赤提灯や居酒屋のほうが、グルーミング効果があるのです。

     こうしたグルーミング行為で、最初にオキシトシンが分泌されますが、それによって信頼感や幸福感が高まるのです。そしてセロトニン神経も活性化されるので、気分が安定することにもなるわけです。

     日本人は昔から脳科学の知識などなくても、そうした狭い空間で癒しを求めてきたということもできます。

     また、日本には伝統的に「茶の湯」があります。四畳半という触れ合わんばかりの狭い空間に3~4人も入って、ただお茶を飲むだけですが、グルーミングになっていて癒し効果があるだけでなく、人と人との信頼を生み、絆を育む効果があるのでしょう。

     「茶の湯」の文化は、千利休が直感的にたどり着いたのでしょうが、結果的に、オキシトシン効果を生みだすものだったのです。



    一人でいる事に対して、人それぞれ反応が違います。
    同じ人でも、そのときどきの心理状態によって、反応が違ってきます。

    ・内向的 → 外界からの干渉がなくて、リラックスできる状態
    ・外向的 → 外界からの刺激がなくて、退屈に感じる状態

    自分の内側に充足感があって、外界に注意を向けなくても、至福感・多幸感を味わえる状態のときは、内向的になります。

    人が、疲れて眠ったり、起きて活動したりするのは、内向的な状態と外向的な状態が交互に入れ替わって、「集中と弛緩」=「緊張とリラックス」のバランスを保つように出来ているからでしょうか?

    自律神経系 - Wikipedia

    自律神経系(じりつしんけいけい、英: Autonomic nervous system)は、末梢神経系のうち植物性機能を担う神経系であり、 動物性機能を担う体性神経系に対比される。自律神経系は内臓諸臓器の機能を調節する遠心性機序と内臓からの情報を中枢神経系に伝える求心性の機序という2つの系からなる。
    交感神経系と副交感神経系の2つの神経系で構成されている。



    夏バテも招く!「自律神経」のバランスの乱れ|healthクリック

    そもそも自律神経とは?
    自律神経とは、簡単に言うと自分の意思とは関係なく、無意識のうちにはたらいている神経。
    私たちが眠っている間も、何かに熱中している間も、滞りなく身体機能がはたらくのは自律神経のおかげだといえる。

    この自律神経には「交感神経」と「副交感神経」があり、主に心臓をはじめとする内臓や血液の流れなどを管理して、呼吸、消化、代謝などのはたらきを調節している。
    例えば、暑くなると交感神経がすばやく感知してはたらき、汗腺から汗を出して体温を下げようとする。

    交感神経と副交感神経は、下の表のように、片方が活動を促し、もう一方が活動を抑制するという、いわばアクセルとブレーキの関係
    両者のバランスによって、体にとってちょうど良い状態になるよう調整される。

    相反する自律神経2種のはたらき

    交感神経のはたらき
    ・心臓のはたらきを高める
    ・血圧を上げる
    ・消化を抑制する
    ・排泄を抑制する

    副交感神経のはたらき
    ・心臓のはたらきを抑える
    ・血圧を下げる
    ・消化を促す
    ・排泄を促す




    心理状態が外向的になっている場合、一人でいること(=外界からの刺激がない状態)に対して、
    ・退屈
    ・孤独感
    ・寂しさ
    を感じます。

    寂しさの穴埋めとして、他人との交流(=外界からの刺激)を求めます。
    グルーミング行動は動物だけでなく、形を変えて、人間も行っていると。

    オキシトシンが分泌されない社会環境

     ところが、現代生活では、オキシトシンの分泌が少なくなる環境になっています。それはパソコンが普及して、ネット社会が進展してきたことと軌を一にしています。パソコン社会になる前は、仕事を進めていく上でも、人と直接会ってコミュニケーションをとらなければならないことが多かったものです。よかれ悪しかれ、人間関係が伴っていました。

     ところが、いまでは直接会話するよりも、パソコンや携帯を通してということが多くなっています。メールだけでやりとりして、一度も相手と会わずに仕事ができるようになっています。

     仕事だけでなく、恋愛もお互い会わずにネットでできるわけです。つまり、フェース・トゥ・フェースのコミュニケーションが失われつつあるのです。

     ことにメールだけを介してのコミュニケーションでは、言葉だけ、論理だけのコミュニケーションになりがちで、そこに感情のニュアンスが入りにくいのです。それではオキシトシンはほとんど分泌されず、癒しは得られません。人を愛する、人を信頼する、人のために何かしてあげるなどという気持ちが起こらないのです。残念ですが、そういう社会が実際に進行しているのです。

     オキシトシンが関与しない人間関係が多くなり、会社も同様の環境です。家でも家族がいても孤立していたり、あるいは一人暮らしが多くなってもいます。

     いま、いろいろな問題が起こっているのは、オキシトシンが分泌されないような社会環境になっているからといえるのではないでしょうか。



    オキシトシンの生理作用として、
    ・子宮の収縮(女性のみ)
    ・情緒の安定(男女共通)
    の2点が提示されています。


    ●作用機序とは?
    作用機序とは - 日本語表現辞典 Weblio辞書

    作用機序
    読み方:さようきじょ

    薬理学の用語で、薬物が生体に何らかの効果を及ぼす仕組み、メカニズムなどを意味する表現。
    「機序」は仕組みや機構などを意味する語。



    作用機序 - Wikipedia

    薬理学における作用機序(さようきじょ、英: mechanism of action, mode of action, MOA)あるいは作用機構とは、薬剤がその薬理学的効果を発揮するための特異的な生化学的相互作用を意味する。
    作用機序では大抵、薬剤が結合する酵素あるいは受容体といった特定の分子標的について言及される。



    薬理作用と作用機序の違いを教えて下さい。 - Yahoo!知恵袋

    薬理作用 ⇒ 生体に対する薬の作用 (治療目的に合ったものが主作用、それ以外が副作用)

    作用機序 ⇒ 薬が生体に作用を現す仕組み、メカニズム

    【例: タミフル】

    薬理作用 ⇒ インフルエンザウィルスの増殖に欠かせないノイラミニダーゼという酵素の働きを阻害する

    作用機序 ⇒ ヒトA型、B型インフルエンザウィルスのノイラミニダーゼを選択的に阻害し、新たに形成されたウィルスの感染細胞からの遊離(発芽)を阻害することでウィルスの増殖を抑制する



    生体内におけるオキシトシンのパスウェイ(代謝経路)は、どうなっているのだろうか?


    ●西洋医学的考察
    「オキシトシン」に関する研究論文をまとめて紹介してくれているWebサイトって、どこかにあるでしょうか?
    Google検索すると、日本語のページがいくつか散見されました。

    忌まわしき水中毒(その2 低ナトリウム血症) : 場末P科病院の精神科医のblog (2013年07月03日)

    「低ナトリウム血症による脳内のオキシトシンの分泌低下が精神症状の悪化に関係しているのか」

     最近の論文によれば、オキシトシンOXTは脳内では抗ストレス作用を担い、社会性に関係していることが分かってきている。
    OXTと統合失調症や自閉症との関連性も指摘されている。
    そして、ストレスへの耐性を強めるためには高ナトリウムの方が有利であることが分かってきている(ナトリウム濃度の増加によってOXTの分泌が促進される)。
    しかも、低Na血症のままだとオキシトシンの分泌はさらに減り、ストレスへの耐性が弱まり社会性が障害されたままになることであろう。
    中枢神経系におけるOXTが減少すれば、社会的な刺激(他者の表情認識など)に対するネガティブな認識と反応が増す。
    すなわち、易怒性や攻撃性が亢進することが考えられるうる。
    塩分の過量摂取は健康に悪いと考えられているが、それはお年寄りの場合だけであり、塩分を控えることは多飲の場合は逆に精神面には悪影響を及ぼすことになる。
    精神症状の悪化は低Na血症によるオキシトシンの分泌低下も大きく関係しているのかもしれない。

    http://endo.endojournals.org/content/early/2013/05/06/en.2013-1049.abstract
    http://ajpregu.physiology.org/content/267/5/R1336.reprint
    http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3350103/



    忌まわしき水中毒(その3 強迫的な飲水行動のメカニズムとその対応) : 場末P科病院の精神科医のblog (2013年07月06日)

    「HPA軸を介したストレス応答への海馬機能の変調と、オキシトシンやバゾプレッシンAVPの分泌障害が関係している」

     バゾプレッシンAVPやオキシトシンOXTは視床下部・下垂体・副腎軸hypothalamic-pituitary-adrenal axis (HPA)によって調節されている。
    OXTはACTHとAVPを分泌する同じ視床核から分泌される。
    OXTとAVPはアミノ酸が2つしか違わない程似通ったペプチドホルモンである。
    心理ストレスに反応したHPAを介してコロチゾールが分泌されるが、海馬が正常に機能すればネガティブフィードバックがかかり海馬を介してこの反応は抑制されるが、低Na血症を示す多飲の統合失調症(PHS)ではこの海馬による抑制が障害されている。
    そして水中毒では海馬前方の容積の減少を示す(逆に、海馬の前方の容積のこういった現象の結果かもしれないが)。
    HPA-AVP反応が逆のパターンを示すことがある(ポジティブフィードバック)。
    そのため水中毒ではストレス状況下でも高いACTHレベルとコルチゾールのレベルを示す。
    前方の海馬の機能障害に関連している可能性がある。一方、社会的な(対人的な)ストレスなどに対抗するために海馬を介して脳はオキシトシンを分泌するが、多飲を示す統合失調症では海馬が障害されているため、海馬を介したオキシトシンの分泌が障害されているような所見がある。
    水中毒を示さない多飲のケースではオキシトシンのレベルが髙かった。
    逆に、水中毒を示すケースではオキシトシンが減少していた。
    オキシトシンの減少は社会機能の減少と治療抵抗性に関係している可能性がある。
    そして、低Na血症がさらにオキシトシンの分泌抑制に拍車をかける。
    最終的に、オキシトシンの低下が心理社会的な行動異常として強迫飲水という形で表現されるのかもしれない。
    従って、オキシトシンが効果を示すかもしれない。
    オキシトシンは鼻腔を介して投与すれば脳に到達する。
    既に多飲を示す統合失調症の精神症状(社会的な認識)に効果があったという報告例があるが、多飲という行動自体が改善したかは論文では述べられていなかった。

    http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2277481/
    http://132.248.233.60/deptos/psiq/doctos/banner/ARTICULO%20SESION%2020%20ENERO%202012%20DRA.%20TOLEDANO.pdf
    http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3350103/
    http://jcem.endojournals.org/content/92/2/698.long
    http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3086063/
    http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2757522/
    (オキシトシンと統合失調症に関する詳しいレビュー。一読の価値がある論文である。)
    http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1601-5215.2011.00634.x/full



    上記ブログで、オキシトシンの精神的な作用について研究した論文が紹介されていました。

    Oxytocin in schizophrenia: a review of evidence for its therapeutic effects - MacDonald - 2011 - Acta Neuropsychiatrica - Wiley Online Library

    Abstract
    MacDonald K, Feifel D. Oxytocin in schizophrenia: a review of evidence for its therapeutic effects.

    Conclusions: There exists considerable, convergent evidence that oxytocin has potential as a novel antipsychotic with a unique mechanism of action. Auspiciously, based on the few chronic trials to date, its safety profile and tolerability appear very good. That said, several critical clinical questions await investigation before widespread use is clinically warranted.



    要約
    マクドナルド・K、ファイフェル・D 統合失調症におけるオキシトシン:治療効果の根拠の報告

    結論:オキシトシンには、ユニークな作用機序の新しい抗精神病薬としての可能性がある、という一貫性のある多数の根拠が存在します。幸いなことに、今までのいくつかの長期的な試験に基づけば、その安全性プロフィールと忍容性は、とても良好に見えます。広範な使用が臨床的に保証される前に、いくつかの重要な臨床的問題は、調査が必要だと言えます。


    Preclinical models of schizophrenia and oxytocin

    A first model, building on the dopaminergic theory of schizophrenia (118,119), uses stimulants (amphetamine, cocaine) to model the hyperactivity and hyperdopaminergic state presumed to be associated with psychosis.

    A second pharmacological animal model of schizophrenia utilises antagonists for the excitatory glutamate/N-methyl-d-aspartate (NMDA) receptor such as phencyclidine (PCP) or ketamine to induce behavioural syndromes that mimic negative symptoms of schizophrenia.

    A third animal model used in schizophrenia research utilises a neurophysiological measure of sensorimotor gating called PPI of the startle reflex (130,131).

    Besides these animal models, another line of evidence supporting OT's antipsychotic activity comes from experiments suggesting that the stimulation of endogenous OT may contribute to the therapeutic effects of certain antipsychotics.



    統合失調症とオキシトシンの前臨床モデル

    統合失調症のドーパミン作動性理論(118,119)に基づく第1のモデルは、精神病に関係していると思われる活動過多とドーパミン過多の状態をモデル化するために覚醒剤(アンフェタミン、コカイン)を使用します。

    統合失調症に関する第2の薬理学的な動物モデルは、統合失調症の陰性症状に似た行動の症候群を作るために、フェンシクリジン(PCP)やケタミンのような、興奮性グルタミン酸塩/N-メチル-d-アスパラギン酸塩(NMDA)受容体の拮抗薬を用います。

    統合失調症の研究で使われる第3の動物モデルは、驚愕反射(130,131)のPPIと呼ばれる感覚運動ゲーティングの神経生理学的指標を用います。

    これらの動物モデルの他に、オキシトシンの抗精神病活性を裏付ける根拠の別の路線は、内因性オキシトシンの刺激が、いくつかの抗精神病薬の治療効果を強化するかもしれないことを示唆する実験に由来します。


    近年、科学者がいろいろな実験を行い、オキシトシンには、統合失調症の治療薬=精神状態を改善する作用があることを調査しているようですね。


    ●東洋医学的考察
    東洋の医学には、「チァクラ」や「丹田」という身体理論があります。
    =インドのアーユルヴェーダ医学や、中国の中医学で提唱されてきた、経験則的な概念。

    チャクラ - Wikipedia

    チャクラは、サンスクリットで「車輪・円」を意味する語。漢訳は「輪」(りん)

    ヒンドゥー教のヨーガでは、人体の頭部、胸部、腹部で、輪または回転する車輪のように光っているように感じられる箇所を言う。
    数は6または7箇所と言われるが、それとは別に8箇所あるという説もあるなど、一定ではない。

    第2のチャクラ
    スワーディシュターナ・チャクラ(svādhişţhāna-cakra)と呼ばれ、陰部にある。
    「スヴァ・アディシュターナ」は「自らの住処」を意味する。
    朱の六花弁を有し、水の元素のシンボルである三日月が描かれている。



    チァクラ cakra

    丹田 - Wikipedia

    丹田(たんでん)は、内丹術で気を集めて煉ることにより霊薬の内丹を作り出すための体内の部位。
    下丹田は東洋医学における関元穴に相当し、へその下3寸(へそと恥骨稜の間を5寸とする骨度法による)に位置する。



    修真図 XiuzhenTu 丹田 Neidan

    東洋医学的な身体理論で考察してみると、オキシトシンの生理作用は、雌雄差があるものの、生殖器のチァクラ(第2チァクラ、守楽輪、下丹田)の作用を活性化させる触媒、とみなせるでしょうか?

    男性には子宮がありませんが、アパーナ気(生殖器から下の、下半身を司る気)を強めて、気分を鎮静化させる作用があると推察すれば、上記の仮説が男性でも成立するように思われます。

    また、オキシトシンには、水中毒を抑制する作用があるとすれば、これもまた生殖器のチァクラ=水元素(液体成分)の調整、に関与していると推察されます。

    (仮説)オキシトシン → 気分の鎮静作用(アパーナ気の強化)、水中毒の抑制(水元素の調整) → 第2チァクラ、下丹田が司る機能に関与。

    ハタ・ヨーガや気功のテクニックで、第2チァクラや下丹田の働きをコントロールする方法は、オキシトシンの分泌をコントロールしていることになるのかな?

    もし、そうだとすると、オキシトシンを脳下垂体からドバドバ放出して、多幸感に浸ることは、案外簡単かもしれませんね?(笑)


    ●親切の効果
    「情けは人のためならず」という諺がありますが、
    ・他人の幸福を願う人間
    ・他人の不幸を願う人間
    の2種類があるとしたら、後者よりも前者になりたいもんです。

    情けは人の為ならず - Wikipedia

    情けは人の為ならず(なさけはひとのためならず)とは、日本語のことわざの一つ。

    「情けは人のためではなく、いずれは巡って自分に返ってくるのであるから、誰にでも親切にしておいた方が良い」というのが原義である。



    「情けは人のためならず」を初実証 阪大グループ - ITmedia ニュース

    2013年08月09日 08時26分 更新

    「情けは人のためならず」を初実証 阪大グループ

    「情けは人のためならず」を科学的に実証――他人に親切にした人は第3者から親切を受けやすいというヒト特有の行動の仕組みを、大阪大らの研究グループが5、6歳児の行動観察で確認した。[産経新聞]

     他人に親切にした人は第3者から親切を受けやすいというヒト特有の行動の仕組みを、大阪大大学院の大西賢治助教(発達心理学)らの研究グループが5、6歳児の行動観察で確認し、7日付の米オンライン科学誌「プロスワン」で発表した。

     グループは「『情けは人のためならず』ということわざを初めて科学的に実証できた」としており、ヒトの強い利他性進化の解明につながると期待している。

     利他的行動は集団内での緊張緩和や他者との協調のために備わった心の機能。親切にされた相手にお返しをする行動はチンパンジーなどの類人猿にもみられる一方、ヒトは利他行動をとった個体の評価が高まり、結果的に第3者から親切が返ってくる「社会間接互恵性」という性質を持っていると指摘されていた。

     研究では、大阪府内の5、6歳児70人を対象に日常の行動を観察。1人がおもちゃを貸すなどの親切な行動をとった際、周囲1メートル以内にいた他の児童1人のその後10分間の行動を、日常時と比較した。

     その結果、近くにいた児童が親切を行った児童に対してとった親切行動は、日常時の1時間あたり0・47回から5・58回へと大きく増加。体に触れたりして仲良くしようとする行動の頻度も2倍以上となり、社会間接互恵性が幼児期から日常生活で発揮されていることが明らかとなった。

     大西助教は「ヒトがどのように進化してきたのかを理解する上で重要な知見だ」としている。



    「倍返しだ!」とか、復讐に燃えるTVドラマが人気なようですが、あれはダメだね><

    「やられたらやり返す。倍返しだ!」ドラマ【半沢直樹】の名言が色んな場面で使われてる - NAVER まとめ

    同じ倍返しでも、「親切の倍返し」なら、いいんじゃないかな~?(・∀・)



    経済は「競争」では繁栄しない――信頼ホルモン「オキシトシン」が解き明かす愛と共感の神経経済学
    ポール・J・ザック
    ダイヤモンド社
    2013-06-28
    1890円







    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/972-08a40707

    FC2Ad