ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    人間関係を良くするコツ

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 人間関係を良くするコツ あとで読む
    人間関係を良くするコツを挙げてみます。

    1.ありがとう
    2.笑顔
    3.人の話をよく聞く


    たったこれだけ。簡単でしょ?
    まずは実践してみてください。


    上記の3つがなぜ人間関係を良くするのか説明します。

    1.ありがとう

    ●「ありがとう」と言ってもらうと、どんな人でもちょっぴり嬉しくなるものです。
    ●「ありがとう」は、対人関係を改善するマジックワード、魔法の言葉であると肝に銘じてください。

    人に何かしてもらった

    自分の心の中に喜びが生じた

    相手に「ありがとう」と言う

    相手の心の中にも喜びが生じる


    というプロセスを形成することによって、次も親切にしてもらえる条件が整います。

    人に何かしてもらったら、とにかく感謝の言葉を言うようにしましょう。
    意識的に「ありがとう」と言うようにしてないと、言わないままで済ませてしまいがちです。
    傲慢な人や、プライドの高い人はありがとうと言えないので、最初は無理をしてでもありがとうと言う訓練をしましょう。

    『ありがとう』で願いがかなう不思議な話―『笑顔教室』から 『ありがとう』で願いがかなう不思議な話―『笑顔教室』から
    野坂 礼子 (2001/02)
    三学出版
    この商品の詳細を見る




    2.笑顔

    笑顔は、ノンバーバル(非言語的)コミュニケーションの一つです。
    笑顔は、喜びと結び付けられた記憶を引き出すトリガーであり、相手に好印象をもたらします。

    ●話をするとき
    ・ムスッとして、険しい表情の人=話しかけづらい
    ・ニコニコして、ほがらかな表情の人=話しかけやすい

    ●場の雰囲気
    ・周りの人が暗い表情=場の雰囲気も暗くなる
    ・周りの人が明るい表情=場の雰囲気も明るくなる

    苦しい時こそ笑顔を作りましょう。
    ニコニコしていると、自分の気分もよくなり、他の人の気分もよくなります。
    笑顔のポイントは口角でしょうか?鏡を見て笑顔を特訓してください!

    メラビアンの法則の誤解

    話し手が聞き手に与える影響がどのような要素で形成されるかを測定したところ、
     見た目・身だしなみ・しぐさ・表情などが55%
     声の質(高低)・大きさ・テンポなどが38%
     話す言葉の内容が7%
    であることがわかりました。


    上記3つのバランス(%)は、状況によって変わります。

    アメリカのAT&T研究所のリチャード・スプロートさんは、この法則を都市伝説(口コミで広まった、原典が不明確なお話)のひとつだと断じていますし、メラビアン博士本人もあるインタビューにおいて、「この実験結果を日常のコミュニケーションに適用することはできない」と認めています。


    言葉以外の要素も、影響があることも知っておきましょう。

    Albert Mehrabian, Ph.D
    ※メラビアン、メーラビアンという呼び方があるようです。

    笑顔外来―矯正歯科医のスマイルトレーニング 笑顔外来―矯正歯科医のスマイルトレーニング
    船木 純三 (2005/06)
    風人社
    この商品の詳細を見る


    フェイササイズDVD フェイササイズDVD
    キャロル マッジオ (2007/04/14)
    ベストセラーズ
    この商品の詳細を見る




    3.人の話をよく聞く

    人の話をよく聞かないと、コミュニケーションエラー(情報伝達不足)が発生して、対人関係で苦しみます。
    特にトラブルや喧嘩になった場合は、相手の言い分をよく聞くことが重要です。

    ●カウンセリングの場合
    ・カウンセリングでは、人の話を聞くことについて傾聴という方法があります。
    ・苦しんでいる人は、誰かに自分の話を聞いて欲しいと思っており、説教など聞きたくないと思っています。
    =言いたいことを言うとスッキリするのは、抑圧している状態が解放されて、一時的にストレス(心理的な外的圧力)が弱まるからです。
    =話を聞いてもらうだけでも、気分が楽になります。

    ●喧嘩、トラブルの場合
    ・相手の言い分を聞く前に反論を始めると、揚げ足を取られて喧嘩に負けます。
    ・相手の言質を取るために、相手の言い分を聞き、復唱して確認をとります。
    「それは○○ってことですか?」(自分の言葉で言い換えてみる)
    ・相手にしゃべらせておけば、反論の材料が揃います。

    ●仕事の場合
    ・メモを取る
    エビングハウスの忘却曲線が示すように、記憶はすぐになくなります。
    エビングハウスの忘却曲線

    =仕事の連絡や指示の内容を忘れて、失敗しないようにするために、メモをとることは基本です。

    ・嘘を見分ける
    表層意識から発せられる言葉(たてまえ)と潜在意識から発せられる言葉(本音)には特徴的な違いがあります。
    潜在意識では、YES/NOがハッキリしており、YESでもNOでもない中間という曖昧さがありません。
    =曖昧さが含まれている話は本音ではない、嘘が混じっているという点に気を付けましょう。

    プロの聞く技術が身につく本―よりよい人間関係を築く35のポイント プロの聞く技術が身につく本―よりよい人間関係を築く35のポイント
    林 恭弘 (2007/05)
    PHPエディターズ・グループ
    この商品の詳細を見る


    プロカウンセラーの聞く技術 プロカウンセラーの聞く技術
    東山 紘久 (2000/09)
    創元社
    この商品の詳細を見る


    この3つで対人関係が円滑になったらいいですね。
    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/97-a8b41a8a

    FC2Ad