ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    ロザリンド・フランクリン

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ロザリンド・フランクリン あとで読む
    今日のGoogle検索は、ロゴがいつもと違っていました。
    =ロザリンド・フランクリンという科学者の誕生日を記念したデザインとのこと。

    Google Logo – ロザリンド フランクリン 生誕 93 周年

    ロザリンド フランクリン - Google検索

    ロザリンド・フランクリン
    Rosalind Elsie Franklin (1920 - 1958) - Find A Grave Memorial

    ロザリンド・フランクリン - Wikipedia

    ロザリンド・エルシー・フランクリン(Rosalind Elsie Franklin, 1920年7月25日 - 1958年4月16日)はイギリスの物理化学者、結晶学者である。石炭やグラファイト、DNA、タバコモザイクウイルスの化学構造の解明に貢献した。

    1953年には、DNAの二重らせん構造の解明につながるX線回折写真を撮影している。
    1962年にワトソン、クリック、ウィルキンスがDNAの構造解明によりノーベル生理学・医学賞を受賞したが、フランクリンは1958年に37歳の若さで卵巣癌と巣状肺炎により死亡したため、受賞の栄誉は得られなかった。
    一説には、実験のため無防備に大量のX線を浴びたことが癌の原因だといわれている。



    37歳で死亡って、早世だな~。

    今日のGoogleロゴはロザリンド・フランクリン生誕93周年 - MdN Design Interactive

    Googleは、2013年7月25日のロゴをイギリスの科学者、ロザリンド・フランクリン生誕93周年を記念したデザインに変更した。

    ロザリンド・フランクリンは1920年、ロンドン生まれ。ロザリンド・フランクリンはケンブリッジ大学および大学院で結晶学に関する研究を行い、フランス留学から帰国後はX線によるDNA結晶の構造解析に従事。その一環でDNAが二重らせん構造であることを示すX線画像を撮影した。しかしこの写真や研究レポートをロザリンド・フランクリンの許可なく第三者がジェームズ・ワトソンとフランシス・クリックに見せてしまい、両氏はこれらを参考に、DNAが二重らせん構造であることを示す論文を共同で提出。1962年にノーベル生理学・医学賞を受賞している。しかしロザリンド・フランクリンは1958年に卵巣がんで死去しまい、受賞はならなかった。

    今日のGoogleロゴには「o」にロザリンド・フランクリンの顔が、「l」に二重らせん構造のDNAが、「e」にロザリンド・フランクリンの撮影したX線画像が描かれている。



    ・Googleロゴの一覧
    http://www.google.com/doodles/

    いろんな記念日がありますね?






    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/950-d6d46663

    FC2Ad