ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    知恵の泉源

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 知恵の泉源 あとで読む
    印象的なことわざがあったので、メモ。

    データは情報ではない

    情報は知識ではない

    知識は理解ではない

    理解は智恵ではない

    Data is not information,

    information is not knowledge,

    knowledge is not understanding,

    understanding is not wisdom.

    クリフォード・ストール

    Clifford Stoll



    via
    Clifford Stoll at BrainyQuote
    名言で英語を学ぼう「Wise Saying」
    クリフォード・ストール - Google検索

    インターネットの魔法使い - @IT自分戦略研究所

    クリフォード・ストール という人は、ちょっと変わった人、という評価があるらしい。

    バイタリティーの塊で、すごい行動的な人?

    ベストセラーの本を書いてた。

    カッコウはコンピュータに卵を産む〈上〉
    クリフォード・ストール
    草思社
    1991-09
    1995円


    カッコウはコンピュータに卵を産む〈下〉
    クリフォード・ストール
    草思社
    1991-09
    1995円



    ●知恵と知識の違い
    言葉の定義にもよるが、自分の理解では、知恵と知識は違う。

    人生の不良債権を回収する方法 - 浜村拓夫の世界

    人間の知的活動レベルには、
    (1)知識
    (2)知能
    (3)知恵

    という3段階がある。

    「知識」=ある事柄についての情報。情報の内容が正しいかどうかを確かめる方法があれば知識で、なければ空想。知識がある人を「ガリ勉」という。

    「知能」=知識を組み合わせて使いこなす才能。事務処理能力などが知能にあたる。知能がある人を「秀才」という。

    「知恵」=知識、知能によっては得られない、真実を見抜く能力。知恵があれば、誰も知らないことでも発見できる。知恵がある人を「天才」という。

    日本の学校教育で与えられるものは、上記(1)と(2)の知識と知能だけであって、(3)は得られない、という認識がなければ、すでに知恵がない=無知ということになるな。
    教育改革がうまくいかないのは、教育改革を担当する実務者に知恵がないからだ。ガリ勉育ちの官僚がいくらたくさんいても、問題解決が図れない。
    ユダヤ人に比べて、日本人は無知なのだろうか?



    コンピューターってのは、すごく早い情報処理が可能だが、これは人間の知能までのレベルを補完するものであって、知恵を補完することは決してできない。

    人間が、プログラムを与えてやらない限り、コンピューターはただの箱でしかない。

    ロボットは、どこまで発達しても、ロボットであり、人間にはなれないのだ。
    関連記事

    コメント

    知恵を作ることの大切さ。

    日本以外の海外の学校では、基本的に座学で行われるケースが多いらしく、図工(美術),音楽や行事すらないようです。図工(美術)の授業は、自分で考えながらやるわけですが、それだけでは知恵を働かすには不充分ですか。

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/919-e7f06a75

    FC2Ad