ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    奴隷国家・日本の生きる道 The way to live for Japan as subordinate state

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 奴隷国家・日本の生きる道 The way to live for Japan as subordinate state あとで読む
    現在の日本は、アメリカの属国です。
    現在のアメリカは、イスラエルの属国です。
    従って、現在の日本は、イスラエルの間接的な属国です。

    戦争責任の謝罪=侵略の否定、を強要される日本が、活路を見出すには、逆転の発想が必要です。
    戦争および侵略の否定を発展させて、反戦を唱え、各国の軍事行動を牽制すべきです。
    日本なら、軍事力に頼らない、新しいタイプの世界のリーダーになれるのではないでしょうか?

    (English translation of this entry by Google)

    <歴史認識問題>高市氏発言、再び波紋 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース

    毎日新聞 5月13日(月)23時14分配信

     自民党の高市早苗政調会長が、第二次世界大戦後の極東国際軍事裁判(東京裁判)や、植民地支配と侵略へのおわびを表明した村山富市首相談話に疑問を呈したのを受け、政府と同党は13日、火消しに追われた。安倍晋三首相の歴史認識を巡る言動に中韓だけでなく米国にも懸念が広がり、菅義偉官房長官が10日の記者会見で村山談話の「全体を引き継ぐ」と収拾を図ったばかり。歴史認識問題は安倍政権の不安要因になりつつある。【鈴木美穂、林由紀子】



     高市氏は12日のNHKの番組で、「国家観、歴史観については首相は(歴代内閣と)違った点もあるかと思う」と表明。村山談話についても「『国策を誤り』とあるが、それでは当時、資源封鎖され、まったく抵抗せずに日本が植民地となる道を選ぶのがベストだったのか」と強調した。

     問題の発端は、首相が4月22日の参院予算委員会で村山談話を「安倍内閣としてそのまま継承しているというわけではない」と答弁したこと。翌23日には「侵略の定義は学界的にも国際的にも定まっていない」と述べた。高市氏の発言は首相の意向に沿っているとも言える。

     だが、国内外への影響を考慮し、政府は歴史認識論争に終止符を打とうとしていた。菅氏は13日の記者会見で「高市議員個人の見解だ。政府の見解は(10日に)明確に私が述べた通り」と釈明し、出張中の高市氏に電話で「政府の見解は首相の見解だ」とクギを刺した。政府高官は「歴史認識問題は先週末で終わりのはずだったのに」と不満を漏らした。

     石破茂幹事長は13日の記者会見で、「歴史認識は積み重ねがあるテーマであり、あまり思いつきで物を言うべきではない。国益全体を損なう情報発信の仕方は極めてよくない」と高市氏を批判。同日の役員会では、高村正彦副総裁が「順風満帆であるほど細心の注意を払うべきだ」と指摘した。

     出張で役員会を欠席した高市氏は羽田空港で記者団に、「党に迷惑がかかったのならおわびする」としながらも、「私の考え方は変わらない」と言い切った。

     一方、日本維新の会の橋下徹共同代表(大阪市長)は大阪市内で記者団に、「侵略の定義が学術上きちんとないのは首相の言う通り」と認めつつ、「日本は敗戦国だ。敗戦の結果として、侵略だとしっかりと受け止めなければいけない」と苦言を呈した。

     民主党の海江田万里代表も記者会見で、「先の戦争でアジアの国々に日本が大きな被害を与えたことは事実だ」と語った。



    人は誰しも、本音と建前を使い分けているものです。

    「まったく抵抗せずに日本が植民地となる道を選ぶのがベストだったのか」という問いに対して、
    現在の日本の政治家は、「はい」と答えなければ、外交上は失点(不合格)になるのですね?


    ●知性の違い
    日本が戦争に負けた決定的要因は、原爆を作れなかったことです。
    原爆は、日本よりも先に、ユダヤ人科学者が作りました。
    つまり、当時の日本人よりもユダヤ人の方が賢かった、ということです。

    法律は人を苦しめるためにあるのか? - 浜村拓夫の世界

    頭がいい人が優しいとは限らない。



    原爆を作ったユダヤ人は、人殺しのスペシャリストです。
    キリスト殺しの汚名を受けて、ディアスポラになっても、巡り巡ってイスラエルの建国にこぎつけました。
    シオニズム選民思想)を持つユダヤ人は、バカではないのですが、サイコパスなんですね。
    (一口にユダヤ人と言っても、いろいろな人がいて、シオニズムに反対のユダヤ人もいますが。)


    ●再軍備
    日本が再軍備を望むなら、原爆以上の兵器を持たなければ、意味がありません。
    =中途半端が一番危険。絶対に負けない、圧倒的な軍事力を持たなければならない。

    現代の技術水準なら、
    ・光速で攻撃できる=レーザー兵器
    ・宇宙空間から攻撃できる=宇宙船
    の2つが必須条件です。

    うがった見方をすれば、
    これらの条件が整わないまま、日本の軍国化を進める勢力がいるとしたら、
    結果的に日本を破壊するための巧妙な罠を仕掛けているといえます。

    レーザー兵器と宇宙船が作れないのに、再軍備をして戦争をやったら、次は日本人が皆殺しにされるでしょう。
    このような愚かな結果を招くなら、日本が平和路線を貫くのも一つの選択肢なのではないでしょうか?

    ・惨めでも、しぶとく生き残るか?
    ・反抗して、潔く殺されるか?
    物質的な豊かさを与えられた日本人には、前者の方が向いていると思われます。


    ●平和のリーダー
    ・イスラエルのパレスチナ侵略を止めさせる
    ・中国のチベット侵略を止めさせる

    建前を吼えるなら、敗戦国日本には、地球の紛争調停役になる「権利」と同時に「義務」があります。

    この国はいつから米中の奴隷国家になったのか
    菅沼光弘
    徳間書店
    2012-09-24
    1680円





    HEARTgroup_inou / AC部

    甘やかされて勝ち取ったナンバーワンでした

    汝の敵を愛せ

    宜しく 特攻 覚悟を見せて



    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/908-e049b50a

    FC2Ad