ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    スポンサーサイト

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト あとで読む
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    劇場型のテロ~グラディオ作戦

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 劇場型のテロ~グラディオ作戦 あとで読む
    最近、アメリカのボストンマラソンで、爆弾テロが発生したというニュースがあった。
    ボストンマラソンで「爆弾テロ」 8歳少年ら3人死亡 - CNN.co.jp

    他方で、爆弾テロに乗じて、自作自演の印象操作も行なわれていた、という話も紹介されていた。
    =爆発で足が吹き飛んだ青年(ジェフ・バウマン Jeff Bauman)は、元々足がなかった、という話。
    ボストンのテロ負傷者たちは“役者”だった - ザウルスでござる
    Boston Marathon Crisis Actors!!!!!! | Conspiracy Theories

    …画像で検証結果を示してあるけど、ほんまかいな???

    これが真実だったら、だまされた大衆~一般市民がかわいそうだなー。><

    ●自作自演の仕組み

    自作自演 - Wikipedia

    自作自演(じさくじえん)とは、ある人物が創作した作品を彼自らの手で演じる(演技・演奏などをする)こと。
    転じて、狂言強盗や狂言誘拐等の語に代えて人を騙す目的で仕組んだ行為全般を自作自演(マッチポンプ)とも表現することがある。



    自作自演を演じる役者は、「クライシス・アクター」(crisis actor)と呼ばれているらしい。
    →役者って、演劇以外にも、いろんな仕事があるんだな~。

    クライシス・アクター - Google検索

    で、ボストンマラソン・テロ事件のクライシス・アクターについて、検証しているブログがあった。
    →ジェフ・バウマン氏は、クライシスアクターではなく、本当に被害を受けて負傷した人、という反論が紹介されてた。

    市民を犠牲者にして国家に依存させるグラディオ作戦 | カレイドスコープ

    今までの記事の中で、3つのキーワードが出てきました。
    ・クライシス・アクター
    ・ディスインフォメーション(disinfo)
    ・グラディオ作戦(Operation Gladio)



    クライシス・アクターとは?

    アメリカには、「クライシス・アクター」と呼ばれる“役者”のプロダクションがあります。いわゆる「パニック・プロモーター」の一種です。

    昨年の12月14日、米東部コネティカット州ニュータウンのサンディ・フック小学校で起きた無差別銃乱射事件のときに、駆り出されたといわれている「パニックを演出するプロアマの役者」たち。

    彼らは、その名もクライシス・アクターというプロダクションに所属しているのです。

    実際に、カナダのモントリオールの地下鉄で、発炎筒を焚いて「爆弾だー」と騒ぎ出したのです。
    すぐに犯人は逮捕されましたが、法廷では拍車喝采だったそうです。



    Crisis Actors - Trained Players and Actors Making It Real

    職業選択の自由~アメリカでは、演劇で食っていけない大根役者が、こういった汚れ仕事(詐欺)を引き受けているのだろうか?
    でも、口封じのために、後で殺される場合もある、ということを事前に知っていれば、こんな仕事は普通やらんよね?

    グラディオ作戦(Operation Gladio)とは?

    「民間人を、人々を、女性を、子供を、無辜の人々を、あらゆる政治的ゲームとは縁もない、名も無き人々を攻撃しなければならない。

    理由はきわめて単純だ。

    一般大衆を、より大いなる安全を求めて、国家に頼らせるようにする為だ」。

    【その他参考】ステイ・ビハインドと冷戦後のテロ



    グラディオ作戦 - Google検索

    嘘をつく人って、たいていは、嘘がバレたときの対処を考えてないんですよね?
    =嘘がバレないように対処を考えても、バレた場合の対処が用意されていないと、片手落ちと。

    「国家に頼らせようとする?」

    今のアメリカの「国家」とは、多国籍企業群が支配する「アメリカ株式会社」のことです。
    アメリカ国民の代表によって構成されているアメリカ議会によって運営されているアメリカ合衆国のことではありません。
    両者は、まったく別物なので、くれぐれも混同なきよう。



    ・日本は、アメリカの属国
    ・アメリカは、ユダヤ(イスラエル)の属国


    日本人もかわいそうだけど、アメリカ人もかわいそうだよな~。
    =無知な庶民は、どこの国でも虐げられる運命にある。

    戦争をなくすのは簡単です。
    みんながマインド・コントロールから覚めればいいのです。これは本当のことです。

    しかし、無知と恐怖心が、そうさせないのです。



    なるほど!もしも、人間全員が、戦争のデメリットを知れば、戦争はなくなるよな~。
    バカを減らすために、インターネットを活用してみたい。


    ●死人に口なし
    犯人の一人とされている、タメルラン・ツァルナエフ(Tamerlan Tsarnaev)(26歳)。

    ボストンテロ事件、容疑者(兄)の最期 - ザウルスでござる

    ・警察に逮捕されたときは、全裸だけど生きてた。
    ・警察が犯人を発表したときは、惨殺死体になってた。

    人にだまされないためには、その人が言っていることではなく、実際にやっていることを見ればいい。
    この原則に帰ると、姦計に流されなくなるのではないか?

    ・逮捕前の容疑者(=生きてる)
    タメルラン・ツァルナエフ(逮捕前)

    ・逮捕後の容疑者(=死んでる)
    タメルラン・ツァルナエフ(逮捕後)のモザイク処理
    (クリックすると、モザイク無しのグロ画像が表示されるので注意)

    心臓をえぐられて殺されちゃったのか~。
    アメリカの警察は、取調べが厳しいな~。

    グラディオ作戦で、庶民を騙すのは、やめて欲しいですね!(・∀・)

    これから世界はどうなるか: 米国衰退と日本 (ちくま新書)
    孫崎 享
    筑摩書房
    2013-02-05
    840円
    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/899-c19c889d

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。