ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    スキルの獲得を見込んだGTD

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スキルの獲得を見込んだGTD あとで読む
    プログラミングの進捗管理で、気付きがあったのでメモ。

    ToDo管理の手法として、GTDを改良する方法を思いついた。

    ・やることリストを書き出す。
    ・今すぐできないことに着目する。
    ・スキルが不足していることによって、実行できない場合は、スキルの獲得から始める。

    不足しているスキルを獲得できれば、実現を阻害していた要因=ブレーキを解除できる。
    今一度、現状のスキルを棚卸しして、必要なスキルを把握しよう。

    ●必要なスキルの確認
    GTDでは、今すぐにできるか、できないか、によってタスクを分類する。

    GTD - Wikipedia

    GTDは次の5つのステップで構成され、これを1週間など一区切りごとに繰り返す。

     1.収集:頭の中にある「やらなければならないこと」「気になっていること(問題)」を紙などに書き出す。作業中のメモ書きなども参照して、問題点を出して行く。
     2.処理:書き出した内容を、手順に添って、分類しリスト化する。
     3.整理:リストを自身がスケジュール管理に使っているツール(PDAやシステム手帳など)に入れ込む。
     4.見直し:自分の状況や状態でそれらが可能かどうか見直し、検討する。
     5.実行:リストアップした「出来ること」を順次片付ける。



    残っている仕事に常に注意を払うために使う「リスト」には、以下のようなものがある。バケットにある仕事は処理によってこの「リスト」へ仕分けされ、このリストを常時追跡しながら仕事をこなしてゆく。

    いつかやる
    いつかやりたいが今しなくていいものはここに入れる。「将来に備え中国語を勉強」「ダイビングのために休暇をとる」など。



    このいつかやるリストの検討方法を、ほんの少し変えてみればOK。

    ・「いつかやる」 → 「いつかできる」
    いつかやりたいが今できないものはここに入れる。
    「今は、CSSデザインができないが、将来に備えCSSを勉強」
    「今は、JavaSCriptでUIを作れないが、将来に備えJavaScriptを勉強」
    など。


    ●実現可能性
    GTDでは、タスクの分類において、実現可能性を検討し、優先順位・劣後順位を変える。
    実現可能性を構成する主な要素には、「ヒト・モノ・カネ」等がある。

    このうち、「ヒト(人材)」の部分にスポットを当ててみる。
    人間のスキル(技術、知識など)が変動=発達すれば、できることの範囲が広がっていく。

    フィージビリティスタディ【feasibility study】(実現可能性調査) - IT用語辞典

    事業やプロジェクトの実施前に、それが実現可能かどうかを調べること。また、その調査結果をまとめたもの。日本語では「事業化調査」「予備調査」「採算性調査」「実現可能性調査」「実行可能性調査」などと呼ばれる。

    対象となる事業などが計画通りに実行できそうか否かを検証するもので、計画実施の可否を判断する意思決定の材料としたり、複数の計画案から最適なものを選択したり、資金の出し手が資金を拠出するか否かを判断したりするのに使われる。



    今すぐにできないタスクを実行するには、どんなスキルセットが必要か?

    (1)まずは、GTDのやり方で、普通にタスクを列挙する。
    (2)自分のスキル(知識、技能など)と突き合わせて、実現可能性(feasibility)を検討する。
    (3)現状のスキルで実現できることに、持ち時間の半分を当てる。
    (4)不足しているスキルがあれば、スキルの獲得のために、持ち時間の半分を当てる。

    (3)と(4)の時間配分の比率は、忙しいときは(3)を多くして、余裕があるときは(4)を多くすれば良い。
    実行できなくて、溜まってしまっているタスクは、スキルの向上で解決できるタイプもあるだろう。

    これで、また一つ、行動力の阻害要因=ブレーキを解除する方法を得ることができた。
    今できないことがあっても、焦燥感に苛まれることがなくなり、ハッピーになれるだろう。

    ・・・良かった(笑)

    揺るがない人のマインド・ビルディング ― 異分野のプロに学ぶ仕事のヒント83
    額宮良紀
    英治出版
    2009-12-16
    1575円

    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/897-0014fa97

    FC2Ad