ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    スポンサーサイト

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト あとで読む
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ネット利用者に「実名制」、中国全人代が可決

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ネット利用者に「実名制」、中国全人代が可決 あとで読む
    中国は、悲惨な国だ。
    平等の名の下に自由を奪われて、しかも平等ですらないという。
    「自由」「平等」「博愛」…人類からこの3つを奪い去ると、中国になるのだ。

    地上天国ならぬ、地上地獄の形成を目指す中国。
    そんな中国が、インターネットの利用で新境地を開拓する模様。

    ネット利用者に「実名制」、中国全人代が可決 : 国際 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

    【北京=牧野田亨】中国の全国人民代表大会(全人代=国会)の常務委員会は28日、インターネット上での個人情報管理を強化する決定(法律に相当)を可決した。

     ネット利用者に身元情報の提出などを求める内容で、「事実上の実名制」との批判が出ている。

     ネット事業者は、契約時やサービス提供時に、利用者に対して正確な身元情報の提出を要求しなければならないとされた。さらに、利用者が発信する情報の管理を強化し、法規に違反する情報はすぐに発信を停止・削除したうえ当局に報告する義務が事業者に課された。違反した場合、罰金やサイト閉鎖、営業許可取り消しなどの対象となる。

     この決定について、ネット上では、「中国のネットの言論統制は世界の先端を行くのに、さらに実名制にするのか」などの批判が相次いでいる。

    (2012年12月28日19時41分 読売新聞)



    中国の独裁者たちは、国民の不満が自分たちに向かわないよう、取締りを強化している。
    反乱分子を見つけ出し、粛清(処刑)するために、インターネットの利用も規制している。


    ●中国共産党の正体
    中国の実情、悲惨さを知るほどに、中国人たちが哀れでならない。

    共産主義の改良:浜村拓夫の世界

    ・自由を追求すると、平等が損なわれる。
    ・平等を追求すると、自由が損なわれる。
    自由と平等は、どちらかをとればどちらかが立たないというトレードオフの関係になっており、そのままではうまく両立しない。
    ・自由と平等を両立させるためには、博愛(友愛)が必要だと考えられた。



    中国に見る近未来社会:浜村拓夫の世界

    ・「自由」 → アメリカ。グローバル資本主義。
    ・「平等」 → 旧ソ連。社会主義。
    ・「友愛」 → ヨーロッパ。国家・民族の融合。



    中国は、いずれ情報の自由化に抗し切れず、民主化に向かうだろうと予測しているが、案外独裁体制が長く続くかもしれない。
    =以前よりも、酷い支配体制が実現しつつあるからだ。



    中国は、共産党による一党独裁の国家である。
    中国共産党は、わずか数名の「中央政治局常務委員会」というメンバーによって、重要事項を決定している。

    中国共産党中央政治局常務委員会 - Wikipedia

    中国共産党中央政治局常務委員会は、中国共産党の最高意思決定機関。
    「中国共産党が国家を領導(指導)する」という中華人民共和国の政治構造において、事実上の国家の最高指導部でもある。



    中国・反日デモ暴徒化の背景と、日中関係の今後~~最も基礎から解説! (diary)

    13億の国を動かすたった9名の人間とは?
    さて、この最高政治判断を下す会議を、「中国共産党中央政治局常務委員会」と言います。要するに、共産党の役員会議。普通の国なら国の政治は、選挙によって択ばれた政治家から成る内閣が動かしますが、中国には選挙がなく一党独裁なので、共産党の役員会議で国を動かしてしまっている訳です(恐ろしいことですね‥)。
    メンバーは、9名。胡錦濤氏も、震災の時に被災地を訪問に来た温家宝氏も、この常務委員会のメンバーであり、つまり、常務委員です。“チャイナ9”という呼び方がありますが、あれだけの人口を抱える中国を、最終的にはたった9名の人間が動かしているのです。



    中国共産党のピラミッド構造

    中国共産党が腐り切っていることは、彼ら自身がよく知っている。

    時事ドットコム:習総書記「腐れば虫が湧く」=腐敗で国滅ぶと危機感-中国

     【北京時事】19日付の中国共産党機関紙・人民日報によると、習近平総書記は17日、15日の就任後初めて政治局集団学習会に臨み、講話を行った。深刻化する幹部の腐敗に触れて「物が腐れば、後に虫が湧く」と述べ、腐敗問題がより深刻化すると「最終的には必ず党と国が滅ぶ」と危機感をあらわにした。

     習総書記は就任後、幹部の腐敗撲滅を強調し、最重要課題の一つに挙げている。17日の講話では続けて「近年来、ある国では長期的に累積した矛盾で民衆の怒りが世間に満ちあふれ、社会が混乱し政権は崩壊した」と指摘。長期独裁政権が倒れたチュニジアやエジプト、リビアなどを念頭に「大量の事実がわれわれに教えてくれている」と語り、国を滅ぼす腐敗に対して緊張感を高めるよう求めた。(2012/11/19-16:20)



    習近平派が胡錦濤派追い落としか 中国、反腐敗名目で権力闘争 - 政治・社会 - ZAKZAK

    【北京=矢板明夫】国営新華社通信などの中国メディアは今月に入ってから連日、汚職官僚摘発のニュースを大きく伝え、習近平・新指導部を「腐敗と真剣に戦っている」と持ち上げている。しかし、摘発された幹部の大半は胡錦濤国家主席が率いる共産主義青年団派につながっている人物で、反腐敗の名を借りた新たな党内の主導権争いではないかとの見方も浮上している。



    独裁者には、自浄作用がない。
    中国共産党から、不正・腐敗がなくなることは、永久にないだろう。

    中国の温家宝首相一族が巨額蓄財、総額27億ドル以上=報道 | Reuters
    中国首相の一族、2200億円以上の資産を管理/習近平一族の「カネの全貌」 墨染
    中国関係記事保管庫 1 温家宝、習近平の蓄財: グリーンファーム    菜園日記

    ●蓄財額(推定金額)
    習近平一族 1兆円~2 兆円
    温家宝一族 2100億円
    薄熙来一族 8000億円
    トウ小平一族 8500億円(10年前)
    (鉄道)劉氏一族 1500億円
    (鉄道)張曙光 2300億円



    ・「自由」「平等」「博愛」を真っ向から否定する中国は、今後どのような国になっていくのか?
    ・中国に依存している日本の企業は、どのような経営に向かっていくのか?

    インターネットを規制して、言論を封殺しないと国が回らない中国で、いつまで一党独裁を続けられるのだろうか?
    我々日本人は、どのように中国との共存を図るべきなのだろうか?

    チャイナ・ナイン 中国を動かす9人の男たち
    遠藤誉
    朝日新聞出版
    2012-03-16
    1785円


    不愉快な現実 中国の大国化、米国の戦略転換 (講談社現代新書)
    孫崎 享
    講談社
    2012-03-16
    798円


    それでも中国で儲けなければならない日本人へ
    高澤 真治
    成甲書房
    2011-03-18
    1785円


    いっそのこと、日本のインターネット利用も実名制にしてみっか?(俺は全然困らんよ)
    =中国人もビックリだね!(笑)
    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/871-d510bd66

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。