ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    スポンサーサイト

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト あとで読む
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    赤本手帳

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 赤本手帳 あとで読む
    試験勉強を管理するツールとして、手帳が有効というニュースがあった。
    アナログな管理方法が、堅実なのだろう。

    難関大学合格者の約4割が手帳を活用! (@DIME) - Yahoo!ニュース

    @DIME 11月12日(月)8時51分配信

    「大学入試シリーズ」(通称、赤本)でおなじみの図書出版・教学社(京都市左京区)は、難関大学入学者を対象に、スケジュール管理ツールについてのアンケートを実施し、結果を公開した。その結果、携帯電話といった電子機器に大きく差をつけて、手書きの手帳が第1位となった。難関大学に合格した人の多くが、時間の使い方や学習計画などの「自己管理」を重視していることがわかる。以下が合格者で手帳を使っていた人たちの声だ。

    するべきことも、期日が迫っていない場合にはだらだらと行ってしまうものです。いつまでに絶対これを終わらせる、というような日々の短期的な目標を設定することで、一日一日の効率を向上させることができました。時間を意識的に管理することが大切です。(慶應義塾大学・商学部 合格)

    月単位で大まかな学習計画を立て、週単位や日単位でそれを調整しながらこなしました。予想外の課題が見つかったりして、予定がかわることも多々ありましたが、慣れるとうまく学習サイクルが回るようになりました。やはり受験勉強で一番大切なのは広い意味での自己管理だと思います。自分のすべきことや出来ることを見極め、適切な分量を自分に課していく。続けることでできるようになります。(東京大学・理科一類 合格)

    ■細かい計画は立てませんでしたが、予備校の先生に勧められて、科目ごとに勉強した時間を記録するようにしていました。そうすると勉強時間の偏りが目に見えるので、苦手科目や嫌いな科目など避けてしまいがちな勉強も意識して実行でき、バランスよく勉強できました。何をどのくらいの期間で行うかをおおまかに決め、勉強時間は気にせずにノルマ達成を目指しました。ほかの人と比べると時間は多くないですが、効率よく勉強できたと思います。(筑波大学・人間学群 合格)

    【調査概要】
    質問項目:「勉強計画や日々のスケジュールをどのように管理していたか?」
    調査方法:アンケート調査(複数回答可)
    回収期間:2012年3月5日~8月17日
    調査対象:2012年4月 難関大学入学者
    サンプル数:142名(男99名、女43名)
    (北海道大学・東北大学・筑波大学・千葉大学・お茶の水女子大学・東京大学・東京医科歯科大学・東京外国語大学・東京工業大学・一橋大学・名古屋大学・京都大学・大阪大学・大阪市立大学・神戸大学・広島大学・九州大学・青山学院大学・学習院大学・慶應義塾大学・国際基督教大学・上智大学・中央大学・法政大学・明治大学・立教大学・早稲田大学・関西学院大学・同志社大学・立命館大学、入学者)

    【調査結果】
    <女子>  
    手帳…30名(69.8%)
    カレンダー…7名(16.3%)
    ノート…10名(23.3%)
    携帯電話…4名(9.3%)
    記憶…11名(25.6%)
    その他…1名(2.3%)
    無回答…0名(0%)

    <男子>  
    手帳…32名(32.3%)
    カレンダー…22名(22.2%)
    ノート…21名(21.2%)
    携帯電話…14名(14.1%)
    記憶…32名(32.3%)
    その他…9名(9.1%)
    無回答…0名(0%)

    <総計>  
    手帳…62名(43.7%)
    カレンダー…29名(20.4%)
    ノート…31名(21.8%)
    携帯電話…18名(12.7%)
    記憶…43名(30.3%)
    その他…10名(7.0%)
    無回答…0名(0%)

     また、別途行なった受験生対象のWeb投票では、6割の人がスケジュール管理ツールとして手帳を選んでいる。

    【調査概要】
    質問項目:「何でスケジュール管理する?」
    調査方法:赤本ウェブサイト「受験生・保護者の方」ページでのWeb投票
    実施期間:2010年12月21日~2012年11月7日
    投票数:2,261

    【調査結果】
    手帳…1,373(60.7%)
    携帯電話・パソコン…390(17.2%)
    記憶する…332(14.7%)
    カレンダー…166(7.3%)



    手帳を使っている人が多い。

    難関大学合格者、女子の7割、男子の3割が手帳を使用。 「合格のポイントは自己管理」! | YUCASEE MEDIA(ゆかしメディア) | 最上級を刺激する総合情報サイト

    赤本手帳(2014年度受験用)|赤本ウェブサイト

    赤本手帳

    赤本手帳

    赤本手帳

    赤本手帳

    赤本手帳(2014年度受験用)
    教学社
    2012-10-31
    945円


    手帳術って、いろいろあるけど、他にも受験勉強を管理するための手帳が作られていた。

    合格手帳
    田村 仁人
    ディスカヴァー・トゥエンティワン
    2005-04-21
    1155円

    シンプルだが非常に優れた学習計画帳 2007/9/26

    作者曰く、「成果=戦略×実行」であり、本書はそのうちの「戦略」すなわち「努力を正しい方向に向ける」方法を教えるものであるという。

    本書の大まかな使い方は、まず試験までの日数を12等分する(1年の場合は1月)。
    それぞれの月単位のページで科目別目標・達成のための手段・学習のための可処分時間・目標達成時の自分への報酬など、大まかな計画を立てる。
    さらにそれを週間ページへと落とし込む。週間ページでは、まず週のはじめに目標を立て、日ごとにノルマ・達成度・反省点・対処法を記入してゆき、最後にその週の評価をして一週間を終えることになる。

    日数を把握し、ノルマを分割し、自己の進捗状況を適宜評価する。この3段階は、受験経験者であれば程度の差はあれ実践していることではあるが、このようにきっちりしたフォーマットを示されると、確実に行えるという安心感があり、非常に良い。本書の装丁はいかにも高校・大学受験生向けであるが、例えば社会人の語学や資格試験受験における使用にも充分堪えうる内容であると感じた。学習の普遍的な要素を把握しているが故であろう。外見も、幅広の帯を外せばシンプルな単色の装丁になるので、その点でも社会人の使用に問題はない。
    途中に書かれているアドバイスも理に適っており、気づかされる事が多い。

    もっとも、手帳と銘打ってはいるものの、スケジュールの管理やメモといった通常の手帳としての機能は乏しいので、特に社会人の方なら、本書はあくまで学習計画帳にとどめ、別途手帳を用意される必要があるだろう。
    なお、青と赤が出ているが、自分が比較した限りでは、色以外に違いはないようだ。



    計画倒れが減りました, 2005/11/21

    気に入った点

    ○一日が朝・昼・夜の3つの欄にわかれている.
    「日曜」でなく「日曜の午前中」の欄に,レポートをやる等の予定を書き込むことで, 計画倒れが減りました.

    ○毎日の反省と,その対策(!)を書く欄がある.
     反省を書くだけでは「朝寝坊した」と書く繰り返しになってしまいますが, 「おもしろい朝のテレビ番組ををみつけ, それを目当てに早起きする」等の対策を毎回考え書くことで, 悪い習慣から少し脱出できました.



    合格手帳 赤
    田村 仁人
    ディスカヴァー・トゥエンティワン
    2006-11-20
    1155円

    三日坊主 2012/10/4

    三日坊主の私の割に、長続きしました・・・3カ月くらい(笑)

    でも、使ってる間の勉強時間は実際伸びていたし、
    目標とか反省点とか
    自分でちゃんと意識できるようになりました。
    あとモチベーションの維持にも役立ちました。

    受験生にはとてもオススメです!

    3か月つかえばこれを使わなくても自己管理できるようになってきました。


    勉強癖をつけるための本ともいえます。



    合格手帳2013
    田村 仁人
    ディスカヴァー・トゥエンティワン
    2012-10-04
    1260円


    灘高キムタツの東大合格手帳
    木村達哉
    アルク
    2006-04-13
    1260円


    350万人が学んだ人気講師の 勉強の手帳 (手帳ブック006)
    安河内 哲也
    あさ出版
    2011-07-11
    1470円



    ●ノート術
    Amazonで関連書籍を見ていたら、ノート術の本も紹介されていた。

    アタマが良くなる合格ノート術
    田村仁人
    ディスカヴァー・トゥエンティワン
    2007-04-28
    1323円

    学んだことを記憶定着化させてゆくメタ知識のフレームワーク 2007/12/26

     「コーネル大学式ノート作成法」として日本でも知られているノートの
    書き方と6段階学習法と呼ばれるものを紹介しながら、これらの手法を、
    英語や数学などの科目特性に適応させたノート作成法、(受験)勉強法の
    説明になっている。



    コーネル大学式ノートについて - shimoi.iuhw.ac.jp

    コーネル式ノートとは、アメリカニューヨーク州のコーネル大学(Cornell University)の在学生のために、Walter Paukが1989年に考案したノート術です。
    コーネル式ノートは、特徴的なノートのレイアウトと、学習を強化させる6つの手順からなっています。



    コーネル大学式ノート

    ノートのページを分割するアイデアは、他にも提案されていた。

    3本線ノート術
    橋本 和彦
    フォレスト出版
    2009-09-05
    1470円


    アイデアがあふれ出す 行動が加速する 1本線ノート術
    吉澤ゆか
    アスキー・メディアワークス
    2011-08-11
    1470円


    3本線とか、1本線とか、作業を分割して、自己管理に役立てると。


    ●PDCAサイクル
    手帳術やノート術の本を調べてみて、気付いたこと。
    要するに、PDCAサイクルの仕組み作りを行ない、うまく回す(実践する)ようにしているんだなと。

    PDCAサイクル - Wikipedia

    PDCAサイクル(ピーディーシーエー - 、PDCA cycle、plan-do-check-act cycle)は、事業活動における生産管理や品質管理などの管理業務を円滑に進める手法の一つ。Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)の 4 段階を繰り返すことによって、業務を継続的に改善する。



    PDCAサイクル

    人間の基本的な行動原理は、「喜びを求めて、苦しみを避ける」方向に動くようにできている。
    PM あと30日 快楽原則と現実原則:浜村拓夫の世界

    予実管理で、モチベーション3.0を取り入れた方式を思い付いた。
    モチベーション3.0:浜村拓夫の世界

    (1) 予定 → (2) 報酬 → (3) 実行 → (4) 改善
    というサイクルで予定実行管理を行なえば良いだろう。

    ポイントは(2)の報酬である。
    ToDoに対して、それを達成したときのメリット、利益を明確にすることによって、面倒くさいとか、やりたくないという心理的ブレーキ要素を潰して、行動力を高めるのである。

    「未来ノート」で道は開ける!:浜村拓夫の世界

    ●モチベーションを明記する
    今まで、手帳やノートに「ToDo(やること)」を書き出すことはしていたけれど、いまいち計画倒れになっていた。
    改善のポイントは、やることによってもらたらされる「利益」(=動機付け、モチベーションにつながること)を明記すること。
    それによって、やる気を引き出し、実行力を高めることが狙いだ。

    ・ページの左半分に、「ToDo(やること)」を書き出す。
    ・ページの右半分に、「Motivation(利益)」を書き出す。



    1本線ノート術と3本線ノート術を足して2で割ったかんじのページ構成にしてみる。

    ノートを見開きで、左右2ページの領域を縦に4分割する。
    ・左ページの左列 → 予定(ToDo) → PDCAのP
    ・左ページの右列 → 報酬(Motivation)
    ・左ページの左列 → 実行(Done) → PDCAのD
    ・左ページの右列 → 改善(Feedback) → PDCAのCとA

    左ページ右ページ
    (左ページの左列)
    (1) 予定
    (ToDo)
    PDCAのP
    (左ページの右列)
    (2) 報酬
    (Motivation)
    -
    (左ページの左列)
    (3) 実行
    (Done)
    PDCAのD
    (左ページの右列)
    (4) 改善
    (Feedback)
    PDCAのCとA


    (4)の「改善」の部分では、できなかった予定をブレークダウンして、粒度の小さいタスクに分割する。
    → 実行しやすい形にする。

    いずれにしろ、自分の行動を記録することによって、様々な気付きや、観察に基づく改善策が出てくるのではないか?

    オリジナルの手帳を作ってみたいなー。
    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/853-6768fab2

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。