ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    The reason why Australians are crazy. オーストラリア人が気違いである理由

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - The reason why Australians are crazy. オーストラリア人が気違いである理由 あとで読む
    Do you know about the racism in Australia?
    あなたは、オーストラリアにおける人種差別についてご存知ですか?

    The balander (White people) in Australia are cliquish and hate the foreigners.
    オーストラリアの白人は排他的であり、外国人を嫌悪しています。

    Police probe French racism row in Australia - AFP.com

    22 NOV 2012

    MELBOURNE (AFP)

    Police Thursday were investigating a torrent of threatening and racist abuse against a French woman on a Melbourne bus that was caught on camera and went viral on YouTube.
    The woman and a group of friends were returning from a day at the beach when one of them began singing in her native tongue, which promoted an angry reaction from some passengers on the packed bus.
    One aggressively demanded she "speak English or die" and then threatened to cut her breasts off.
    Another man pushing a pram joined in, shouting that he would knife her.
    The woman was then told: "Everybody on the bus wants to kill you" before the incident ended with a bus window being smashed.
    The woman targeted, Fanny Desaintjores, told The Age newspaper she and her friends were terrified they would be physically assaulted.
    "I realise that maybe we shouldn't sing on public transport, but I think that's insane that they reacted like that. We're all adults," she said.
    "We could have a conversation and talk gently, instead of all these insults and threats."
    In an opinion piece, Fairfax Media said the most disturbing thing was that so few people spoke up in defence of the woman.
    "The majority of passengers were silent and impassive, probably wishing they were elsewhere," it said.
    "A racist, abusive bigot is like sitting next to the smelliest person on the bus -- you hold your breath and count the stops until you can get off."
    Parts of the incident were caught on camera by stand-up comedian Mike Nayna and the footage has been viewed thousands of times on YouTube, with the story picked up by French newspapers.
    Melbourne police said they were investigating "verbal threats and racist taunts towards a group of women travelling on a bus".
    "The incident was reported to police and detectives are appealing for anyone with information to come forward as there were a number of people on the bus at the time," police said.
    Nayna, who describes himself as "brown", says that when he asked the passengers to calm down another man started ranting at him about hating black people.
    "He said darkies should be kept at the back of the bus where they belong, before repeatedly yelling 'I hate blacks'," Nayna told reporters.



    「英語を話さないなら死ね」、豪バスで歌ったフランス人女性に乗客が暴言 国際ニュース : AFPBB News

    【11月22日 AFP】豪メルボルン(Melbourne)の路線バスの車内でフランス語の歌を口ずさんだフランス人女性に対し、複数の乗客が人種差別的な暴言を吐き脅迫する映像が動画共有サイトのユーチューブ(YouTube)に投稿され、地元警察当局は22日、捜査を開始したと発表した。

     このフランス人女性は友人たちとともにビーチで1日を過ごし、バスに乗って帰る途中、母国語のフランス語で歌い出した。すると、乗り合わせていた乗客のうち数人が、女性らに向かって大声で暴言を吐き始めた。

     1人が「英語を話せ、話さないなら死ね」と食ってかかり「乳房を切り取ってやる」と言い放つと、ベビーカーを押した男が「今すぐここで刺し殺してやる、このブス」と叫んだ。女性たちは「このバスに乗っている全員が、おまえらを殺したいと思っているんだ」などとも言われ、最終的にバスを降りた男たちの1人が外からバスのガラス窓をたたき割る騒ぎに発展した。

     標的にされたFanny Desaintjoresさんは豪紙「エイジ(The Age)」に、暴行されるのではないかと思って友人一同震え上がったと話している。「公共交通機関の中で歌うべきではなかったんでしょう。でも、あんな反応をするなんて、正気の沙汰とは思えません。私たちはみんな大人なのですから。侮辱したり、脅したりするのではなく、穏やかに話すことができたはずです」

     この事件について豪フェアファックス・メディア(Fairfax Media)は、女性を助けようとした乗客がほとんどいなかったことが最も憂慮すべき点だと指摘する意見記事を掲載。「大半の乗客は沈黙を守り、見て見ぬふりをしていた」と嘆いた。

     この騒ぎは、たまたま乗り合わせたコメディアンのマイク・ネイナ(Mike Nayna)氏が一部を撮影し、ユーチューブに投稿したことで注目を集めた。映像の再生回数は既に数万回を超え、フランスの新聞も事件を取り上げた。

     事件当時、ネイナ氏は乗客らに落ち着くよう呼び掛けたが、別の男に「黒人は嫌いだ」と怒鳴り付けられたという。ネイナ氏の動画は「http://bit.ly/SWfiQm」で見ることができる。(c)AFP



    路線バス内でフランス人女性に暴言を吐くオーストラリア人男性
    動画共有サイトのユーチューブ(YouTube)にコメディアンのマイク・ネイナ(Mike Nayna)氏が投稿した画像に映った、路線バス内でフランス人女性に暴言を吐く男(2012年11月22日撮影)



    Caught on camera: racist Australians abuse girl & smash bus window



    ●白豪主義 (White Australia policy)
    白人の中には、人種差別をしたがる人間がいます。
    オーストラリア人の白人も、その一部です。

    クー・クラックス・クラン - Wikipedia

    クー・クラックス・クラン(英: Ku Klux Klan、略称:KKK)は、アメリカの秘密結社、白人至上主義団体。



    白豪主義 - Wikipedia

    白豪主義(はくごうしゅぎ、英: White Australia policy)は、オーストラリアにおける白人最優先主義とそれにもとづく非白人への排除政策。狭義では1901年の移住制限法制定から1973年移民法までの政策方針を指す。広義では、先住民族アボリジニやタスマニア州のオーストラロイド系住民やカナカ人などのメラネシア系先住民への迫害や隔離など、オーストラリアにおける人種差別主義の歴史全般を指す。

    先住民政策
    白豪主義は、大英帝国が1788年、オーストラリア大陸を植民地化して、アボリジニを征服・迫害したことに始まる。入植者によって、多くのアボリジニの人々が免疫の無い病気に晒され、また、スポーツハンティングの延長としてアボリジニを殺害したケースすらあった。タスマニアでは一列に並んで島を縦断し、拉致確保した先住民以外は殲滅されたともいわれ、19世紀後半には純血のアボリジニ・タスマニア島民は絶滅したともいわれる。1870年代にはクイーンズランド州で砂糖産業が成長し、ソロモン諸島、バヌアツ、サモア、キリバス、ツバルなどの太平洋諸島のカナカ人(Kanakas)らが年季奉公として徴募される。また強制連行ないし誘拐もあったとされる(こうした奴隷貿易的行為はBlackbirdingといわれる)。連行されたカナカ人らはクイーンズランドやフィジーの砂糖農園(プランテーション)で労働に従事した。

    1920年には、豪政府は先住民族の保護という名の人種隔離政策も行った。これらによりアボリジニ人口は90%以上減少した。1910年頃から1970年代にかけて、アボリジニの子供を親元から引き離し、白人家庭や寄宿舎で養育するという政策も行われた。アボリジニの子供も白人の「進んだ文化」の元で立派に育てられるべきという独善的な考え方に基づくもので、政府や教会が主導して行なわれた。子供のおよそ1割が連れ去られ、結果として彼らからアボリジニとしてのアイデンティティを喪失させることとなった。彼らは「盗まれた世代」(Stolen Generation)と呼ばれている。



    White Australia policy - Wikipedia, the free encyclopedia

    The term White Australia Policy comprises various historical policies that intentionally restricted non-white immigration to Australia. It came into fruition with Federation in 1901, and the policies were progressively dismantled between 1949 and 1973.

    Competition in the goldfields, labour disputes and Australian nationalism created an environment of racial antagonism during the second half of the 19th century. Such factors led to the passage of the Immigration Restriction Act in 1901, one of the first Acts of the national parliament following federation. The passage of this bill is considered the commencement of the White Australia Policy as Australian government policy. Subsequent acts further strengthened the policy up to the start of World War II. These policies effectively allowed for the privileging of British migrants over all others through the first decades of the 20th century.

    The policy was dismantled in stages by several successive governments after the conclusion of World War II, with the encouragement of first non-British and later non-white immigration, allowing for a large multi-ethnic post-war program of immigration. The Menzies and Holt Governments effectively dismantled the policies between 1949 and 1966 and the Whitlam Government passed laws to ensure that race would be totally disregarded as a component for immigration to Australia in 1973. In 1975 the Whitlam Government passed the Racial Discrimination Act, which made racially-based selection criteria illegal. In the decades since, Australia has maintained largescale multi-ethnic immigration.



    サイコパスのイギリス人が、世界中に拡散された。
    ・オーストラリアに来たイギリス人が、先住民(アボリジニ)を虐殺して、領土を奪った。
    ・オーストラリアの白人は、サイコパスである。

    Racist Australia and Terrorist Sea Shepherd:浜村拓夫の世界

    Australia has learnt nothing from history
    オーストラリアは歴史から何も学んでいない

    Don't forget The Stolen Generation
    「盗まれた世代」を忘れてはいけない

    100,000 Aboriginal children were taken forcibly or under duress from their families
    10万人のアボリジニの子供たちが強制、脅迫されて家族の元から連れ去られた

    The aim was to strip the children of their "barbaric culture", and assimilate them into white Australia
    アボリジニの“野蛮文化”を絶ち、白人社会に同化させることが目的だった

    Australian Gov't didn't see Aboriginals as a civilised race
    オーストラリア政府はアボリジニを未開人とみなした

    Many children were used as slave labor or sex slaves. Some were murderd
    多くの子供たちが奴隷や性奴隷として使われ、そして殺された

    The racist policy continued into the 1970s
    この政策は1970年代まで続いた

    What does "barbaric" mean?
    野蛮とは何ですか?



    人間は、程度の差こそあれ、誰でも自分勝手なものだ。
    オーストラリアの白人を反面教師として、自分自身の身勝手さについて省みてみよう。

    隣のアボリジニ 小さな町に暮らす先住民 (ちくま文庫)
    上橋 菜穂子
    筑摩書房
    2010-09-08
    735円
    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/850-f8ca72fe

    FC2Ad