ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    人生と投資で成功するために 娘に贈る13の言葉

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 人生と投資で成功するために 娘に贈る13の言葉 あとで読む
    有名な投資家の、ジム・ロジャーズ氏が書いた
    「人生と投資で成功するために 娘に贈る13の言葉」
    という本を読みました。

    面白かったのと、本が薄かったので、すぐに読めました!

    人生と投資で成功するために 娘に贈る13の言葉
    ジム ロジャーズ
    日本経済新聞出版社
    2009-08-22
    1260円


    検索すると、レビューがたくさん出てきます。
    人生と投資で成功するために 娘に贈る13の言葉 - Google 検索

    メモとして、目次と見出しの内容を記しておこう。

    目次
    はじめに

    子どもたちへ
    Introduction

    1 自分の力で泳ごう 自分の頭で考えよう
    Swim Your Own Races: Do Not Let Others Do Your Thinking for You
      君には、君という優秀なブレーンがいる
      君のアイデアが笑われたらそれは成功へのサインだ
      君は君のまま オリジナルに、大胆に
      モラルは守る
      節約について

    2 大好きなことに集中しなさい
    Focus on What You Like
      始めるのに年齢なんて関係ない
      好きなことに打ち込んでごらん

    3 人生と投資のためのよい習慣
    Good Habits for Life and Investing
      自発的に動く
      成功と失敗の分岐点 それは細部への注意力だ
      「知っている」と言うために
      夢を持って生きてほしい

    4 常識? そんなには常識ではない
    Common Sense? Not So Common
      ほとんどの常識は間違っている
      新聞だってそのまま信じてはいけない

    5 世界を見通すように
    Let the World Be a Part of Your Perspective
      本だけに頼ってはいけない その目で世界を見ておいで
      BRICsの重要性を理解しよう
      国内でも海外でも排他的であってはいけない
      オープンマインドで世界市民になっておくれ

    6 哲学を、つまり「考える」ということを学びなさい
    Learn Philosophy; Learn to "Think"
      哲学は自分で考える方法を教えてくれる
      現代の哲学書は考える力を与えてくれるだろうか
      物事を観察する二つの方法
      誰も考えないことを探す

    7 歴史を学びなさい
    Learn History!
      大局をつかむこと
      歴史のパズルを組み立てなさい
      歴史を知ったら世界へ踏み出してごらん
      歴史を学べば何が価格を動かすのかが見えてくる
      一見、目新しいことでも、それは歴史のなかで繰り返し起こっている

    8 言葉を学びなさい 必ず中国語を学びなさい
    Learn Languages (and Make Sure That Mandarin Is One of Them!)
      中国語が英語の次に重要な言葉になる

    9 中国の世紀
    It Is the Century of China
      世界で今起こっている「大きな変化」に注目しなさい
      中国株! 中国の未来を買おう
      ハードランディングは避けられない?
      中国の時代 商品の時代

    10 自分の弱さを理解し過ちを認めることで自分自身を知りなさい
    Know Thyself by Understanding Your Weaknesses and Acknowledging Your Mistakes
      自分自身をよく知ってほしい
      人は群集心理に駆られやすい
      パニックを起こしてはいけない 心理学を学びなさい
      ヒステリーを売る

    11 変化をとらえ、受け入れなさい
    Recognize Change and Embrance It
      すべては変化していく
      需給の原理を覆した者はいない
      変化は触媒(カタリスト)になりうる
      常に変化を感じてほしい

    12 未来を見つめなさい
    Look to the Future!
      未来の新聞が読めたら誰でも金持ちになれる
      多くの国がバラバラになっていく
      滅びゆくものに賭けてはいけない
      女性の時代が来る
      見向きもされないことに目を向けなさい
      確実に儲かるなんてことはない
      願望だけで物事を見てはいけない
      成功に目がくらんだら何もすべきではない

    13 幸運の女神は努力を続けた者に微笑む
    Lady Luck Smiles on Those Who Continue in Their Efforts
      宿題をしないとガラス玉をつかまされるよ
      おごり高ぶると真実は見えなくなる
      夢に向かっているときは立ち止まらないでおくれ
      私が教えたことを君たちの子どもに伝えてほしい

    エピローグ

    監訳者あとがき



    面白いと思った部分をピックアップ!

    (p.64)
    「5 世界を見通すように - オープンマインドで世界市民になっておくれ」

     君たちは、世論調査専門家のジョン・ゾクビーが言うところの「世界市民(コスモポリタン)」時代に生まれた。君たちの世代は、前の世代よりもオープンマインドで、よりグローバルな考えを持っている。これは素晴らしいことだ。そして、それが個人的にも、職業という点でも、君たちの可能性を大きく広げてくれるだろう。
     いつも柔軟な考えでいてほしい。人についての第一印象は実態と違っているかもしれないのだから。私たちが持っている限られた情報、観察したこと、それらが提供する詳細を基にして、その人の人物像や人となりを自分なりに描くことは自然だし、時には役に立つ。しかし、そのタイプを知っているというのと、その人を知っているというのでは、大きな違いがある。私がしてきたように、世界中を隈なく旅して、他の文化の人々と交流すれば、君たちは、ステレオタイプのまんまの人などほとんどいないということが理解できるだろうし、誰もが人生において望んでいることは同じなんだということがわかるだろう。



    (p.66)

     次のことを理解してほしい。誰もが、自分のことを故郷の町や国の人間だと考えるのではなく、世界市民であると考えれば、世界はずっと平和で、いろいろな形の成功を誰でも手にすることができる、よりよい場所になるだろう。愛国主義的であってはいけないとか、自分の国を愛してはいけないというのではない。しかし、私たちは、いつだって、自分とは異なる人々に対してオープンでなければならない。なぜなら、異なる経歴や経験を持った人々は、私たちに多くのことを教えてくれるし、その逆もまた真だからだ。



    (p.67)

     宗教や肌の色、言葉、民族性の異なるさまざまな人と接してきた。戦争は、お互いを知る人たちが、突如としてお互いを傷つけようとして始まるものではない。
     ほとんどの20代の若者は、できることなら、遊んだり、ダンスをしたり、食事に出かけたり、飲みに行ったり、議論したりすることのほうが好きなんだ。そうなんだ、いつだって、政治家がしくじって、その挙げ句に、子どもだちを不要な戦争に巻き込んできた。
     大人になったら歴史を学び、戦争が、たとえ戦勝国だろうと、どの国にとってもよい結果をもたらしたことなど一度もないことを知ってほしい。もし、戦争に突入しそうな国にいた場合には、戦争が終わるまではその国を離れなさい。いつだって、戦争で最初に犠牲になるのは真実なのだ。だから、離れなければならないんだ。



    (p.130)
    「12 未来を見つめなさい - 未来の新聞が読めたら誰でも金持ちになれる」

     私が20代後半の頃に働いていた会社、ニューベルジュ・アンド・バーマンの上司は、あるとき朝刊を読みながら、「ジム、相場が開いたらXYZ株が10万株、ABCドルで売りに出ているだろうから、買っておいておくれ」と私に言った。そして、相場が開くと、確かに、ほぼ彼の言ったとおりの株数と値段の売り注文が出ていた。その上司は、ただ新聞を読んだだけで、これから何が起ころうとしているのかを把握していたんだ。そのときの驚きは、今でも忘れられない。
     これから何が起ころうとしているのかを知っている人間は、間違いなく富を得られるだろう。


    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/825-0694eb34

    FC2Ad