ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    【追悼】ユダヤ人に殺されたレイチェル・コリーさん

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 【追悼】ユダヤ人に殺されたレイチェル・コリーさん あとで読む
    ユダヤ人は、ゴイム(異教徒)を人間扱いしません。
    イスラエルのユダヤ人は、シオニズム(選民思想)を実践しているサイコパスなので、日常的に殺人を行なっています。
    長生きしたい人や、平和に暮らしたい人は、ユダヤ人に殺されないよう気をつけましょう。
    (・∀・)

    イスラエル裁判所、ブルドーザーにひかれた米国人活動家に事故死の判断 - CNN.co.jp

    2012.08.28 Tue posted at 17:53 JST

    ハイファ(CNN) パレスチナ自治区ガザで9年前、イスラエル軍のブルドーザーにひかれて死亡した米国人の平和活動家について、イスラエルの民事裁判所は28日、事故死だったとの判断を下した。遺族がイスラエル軍に損害賠償を求めていた。

    米国人女性のレイチェル・コリーさん(当時23)はパレスチナの平和活動団体の一員として、イスラエル軍による民家の破壊を阻止しようとする座り込みに参加していた。

    ブルドーザーを運転していたイスラエル軍兵士は、目の前のがれきの山にさえぎられてコリーさんの姿は見えなかったとの証言を繰り返した。イスラエル側は調査の結果、兵士に刑事責任はないとの判断を下し、同国最高裁もこれを支持した。

    しかしレイチェルさんの父親クレイグ・コリーさんは「状況を知れば知るほど、意図的な殺害か、あるいは信じ難い無謀運転としか思えないようになった」と強調。ベトナム戦争に出兵してブルドーザーを操作した自身の経験に基づき、「(運転者は)前方に何があるのか把握していなければならない。兵士らも把握していたはずだ」と主張していた。



    米国人女性のレイチェル・コリーさん(当時23)


    世の中には、人間を殺しても、何とも思わない人たちがいるんです。
    イスラエル軍兵士も、レイチェル・コリーさんがブルドーザーの前にいたのを、本当は知っていたんです。
    邪魔だから、わざと轢き殺したんですね?

    レイチェルフォーエバー

    1台のブルドーザーが、レイチェルや他のメンバーがいつも宿泊している、我々の友人であるパレスチナ人医師の家の周りを破壊し始めた。
    レイチェルはブルドーザーの進行方向に座り込んだ。
    彼女は蛍光色のジャケットを着たまま、ブルドーザーの15m程前方に座っていた。そして破壊活動を止めようと腕を振り、叫んだ。だが、ブルドーザーは停まることなく、レイチェルの方へ真っ直ぐ進んで行った。次第に彼女に接近し、ブルドーザーが彼女の直前の地面の土を掘り起こし始めた時、レイチェルはブルドーザーに押されている瓦礫の山の上に乗った。
    彼女はほぼブルドーザーの運転手の目の高さにいた。そして彼女の上半身は排土板(ブルドーザーの刃のようなもの)の上まで出ていたので、運転手は確実にレイチェルのことが見えていたはずである。
    にもかかわらず、運転手は前進を続け、瓦礫と一緒に彼女の足を巻き込んだ。しかし、もしここでブルドーザーを停めていたら、彼はレイチェルの足を壊しただけで済んだはずである。だが彼はさらに前進し、彼女をブルドーザーの下に引き込んだ。
    我々はブルドーザーの方へ駆け寄り、手を振って、叫んで、運転手を止めようとした。しかしブルドーザーは、レイチェルの体が運転席の真下に来るまで進み続けた。



    事件の日、家を壊すブルドーザーに立ちはだかるレイチェル
    (事件の日、家を壊すブルドーザーに立ちはだかるレイチェル)

    イスラエル軍のブルドーザーに轢かれたレイチェルに駆け寄る仲間のメンバー
    (イスラエル軍のブルドーザーに轢かれたレイチェルに駆け寄る仲間のメンバー)

    致命傷を負ったレイチェル
    (致命傷を負ったレイチェル)

    ユダヤ人ロビイストは、アメリカの政治家を札束ビンタで飼いならしています。
    アメリカはイスラエルの属国なので、アメリカ人がユダヤ人に殺されても、逆らえないんですね~?

    レイチェル・コリー - Wikipedia

    レイチェル・コリー(Rachel Corrie, 1979年4月10日 - 2003年3月16日)は国際連帯運動(ISM)所属のアメリカ人反戦活動家。
    ガザ地区での活動中にイスラエル国防軍の武装ブルドーザーを止めようとして運転中のブルドーザーの前に立ちはだかり、死亡した。
    アメリカ人でありながらパレスチナのために犠牲となったコリーの死は、様々な議論を巻き起こした。



    Rachel Corrie


    イスラエルが好きな人=キチガイを相手にするなら、普通の対話は成り立たないことを、肝に銘じておくべきでしょう。
    ブルドーザーの前に立ったからといって、止まるような相手ではないのです。

    ・レイチェル・コリーさんの公式サイト
    The Rachel Corrie Foundation for Peace and Justice
    http://rachelcorriefoundation.org/



    R.I.P. ~ 安らかに眠れ
    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/824-463aeefa

    FC2Ad