ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    年金をあてにしない人生設計

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 年金をあてにしない人生設計 あとで読む
    年金はあてにしない方が良いと思います。

    年金をあてにするくらいなら、自分で投資・運用した方が確実に老後生活の資金を用意できるんじゃないかと思います。

    アービトラージ - 浜村拓夫の世界
    知られざる世界の大富豪 - ビジネススタイル - nikkei BPnet

    ライフプラン・人生設計を立てるときは、なるべく不確実な要素を少なくした方が、見通しがハッキリします。

    年金は高齢者へのプレゼントくらいに考えて、もし自分が受取れなくてもガッカリしないような心構えが必要だと思いました。

    年金記録漏れ問題

    (2/17)基礎年金番号漏れ、記録に不備5000万件・社保庁調査
     厚生年金や国民年金などの公的年金を一元的に管理するための「基礎年金番号」が何らかの理由で付されていない年金加入記録が、昨年6月時点で5000万件もあることが、社会保険庁の内部調査で明らかになった。加入記録に同番号がないと、保険料を払っていても加算されず、年金の受取額が減る恐れもある。



    「年金を受け取れる権利」なんて、もともと存在しない

    「高齢者に年金を払わないといけないから、若いヤツは金出せ」という制度、あるいは「過去に掛金を払わなかった人は年金あげないよ」という制度ではあるが、「掛金を払った人には必ず将来年金を差し上げます」という制度ではないわけですね。



    ただし、
    (1)年金制度が崩壊して、みんなが年金を受取れない
    (2)社会保険庁のミスによって、ある人は年金を受取れるけど、他の人は年金を受取れない
    というのは別問題ですね。
    =(1)は、平等に貧しくなりますが、(2)は不公平が残ります。

    年金、もらえるかどうかが焦点じゃないよね。

    もらえないかもしれないってのはあるんだけれど、破綻して、あるいは制度が変わってもらえないのは平等におきる出来事なんだけど、収めたはずなのに収めたことになってなくて、それによって給付に差が出るっていうのは全然平等じゃない。



    年金2008年問題―市場を歪める巨大資金 年金2008年問題―市場を歪める巨大資金
    玉木 伸介 (2004/08)
    日本経済新聞社
    この商品の詳細を見る


    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/82-4d54ed7f

    FC2Ad