ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    Ruby on Rails 学習日記 その3 Rubyのインストール

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - Ruby on Rails 学習日記 その3 Rubyのインストール あとで読む
    RubyでWebサービスを作ろう!(・∀・)


    ruby logo


    今日は、WindowsパソコンにRubyの実行環境をインストールしてみました。
    実に簡単な作業でした。ヽ(´ω`)ノ
    これでようやく、Rubyの世界に第一歩を踏み出すことができました。

    ●Rubyのインストール方法
    Rubyインストール - RubyLife
    ↑ここの説明通りにやれば、すんなり終わりました。
    Ruby1.9を採用しました。
    「Hello, World!」も無事表示できました。

    ●Ruby 1.9.3-p194 License Agreement
    今回利用したRubyの実行環境「One-Click Ruby Installer for Windows」ですが、インストール途中で、利用規約の同意が求められました。
    以下、利用規約のメモ(備忘録)。

    Copyright (c) 2007-2011 RubyInstaller Team.
    All rights reserved.

    Except:

    Ruby is copyrighted free software by Yukihiro Matsumoto.
    http://www.ruby-lang.org/en/LICENSE.txt

    The Book of Ruby is copyrighted by Huw Collingbourne.
    http://www.sapphiresteel.com/The-Book-Of-Ruby

    3rd party libraries (OpenSSL, ZLib, etc.)

    This software is distributed under the terms of the Modified BSD License.

    Redistribution and use in source and binary forms, with or without modification, are permitted provided that the following conditions are met:

    * Redistributions of source code must retain the above copyright
    notice, this list of conditions and the following disclaimer.
    * Redistributions in binary form must reproduce the above copyright
    notice, this list of conditions and the following disclaimer in the
    documentation and/or other materials provided with the distribution.
    * Neither the name of the RubyInstaller Team nor the names of its
    contributors may be used to endorse or promote products derived
    from this software without specific prior written permission.

    THIS SOFTWARE IS PROVIDED BY THE COPYRIGHT HOLDERS AND CONTRIBUTORS "AS IS" AND ANY EXPRESS OR IMPLIED WARRANTIES, INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, THE IMPLIED WARRANTIES OF MERCHANTABILITY AND FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE ARE DISCLAIMED. IN NO EVENT SHALL THE RUBYINSTALLER TEAM BE LIABLE FOR ANY DIRECT, INDIRECT, INCIDENTAL, SPECIAL, EXEMPLARY, OR CONSEQUENTIAL DAMAGES (INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, PROCUREMENT OF SUBSTITUTE GOODS OR SERVICES; LOSS OF USE, DATA, OR PROFITS; OR BUSINESS INTERRUPTION) HOWEVER CAUSED AND ON ANY THEORY OF LIABILITY, WHETHER IN CONTRACT, STRICT LIABILITY, OR TORT (INCLUDING NEGLIGENCE OR OTHERWISE) ARISING IN ANY WAY OUT OF THE USE OF THIS SOFTWARE, EVEN IF ADVISED OF THE POSSIBILITY OF SUCH DAMAGE.



    ライセンスは、修正BSDライセンスでした。

    ライセンスの種類 - 医療情報用語を覚えよう

    ・BSDライセンス
    カリフォルニア大学バークレー校で開発されていたUNIX互換OS「BSD」を配布するために作られたライセンスで、現在はFreeBSDなど多くに使われています。



    BSDライセンスとは【Berkeley Software Distribution License】 - IT用語辞典

    オープンソースソフトウェアで使用されているライセンス体系のひとつ。無保証・免責を宣言し、再配布する際に著作権表示を行うことのみを条件とする、極めて制限の緩いライセンスである。

    著作権表示さえしておけば、BSDライセンスのコードを他のプログラムに組み込み、しかも組み込み後のコードを非公開にできるため、商用化のしやすいライセンスである。また、GPLのように再配布時のライセンス条件を制限することもない。

    BSDライセンスはBSD系UNIXで採用されているほか、BSDライセンスに近いライセンス方式をApacheが採用している。

    派生創作物のライセンスに制限を課すGPLの思想に反発する開発者は少なくなく、このような開発者はBSDライセンスを自作のプログラムに適用することが多い。

    ちなみに、初期のBSDライセンスには、派生物の広告に初期開発者を表示することが条件として盛り込まれていたが、現在はこの条項は削除されている。

    この初期開発者表示条項がなくなった後のBSDライセンスは、特に「修正BSDライセンス」と呼ばれている。



    次は、Rubyの文法ですな。

    ●謝意
    Rubyを開発、提供してくれた方々に感謝します。
    Rubyに関する有益な情報、ソフトウェアを提供してくれた方々に感謝します。

    どうもありがとう(*ゝω・)ノ

    私が得た利益を、まだ得ていない方々にも還元したいです。
    さあ、このブログを見てしまった貴方も続いてください。

    Ruby made easy!!!
    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/804-87530b52

    FC2Ad