ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    IPv6とAAAAフィルター

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - IPv6とAAAAフィルター あとで読む
    Googleが日本のIPv6接続を遮断する方針というニュースがあった。

    「日本では壊れたIPv6が広まっている」とGoogle、IPv6接続お断りの方針 -INTERNET Watch

     Internet Society(ISOC)が提唱して6月6日に世界規模で開催されるイベント「World IPv6 Launch」では、参加するウェブ事業者やISP、機器ベンダーが「IPv6を恒久的に有効にする」という。ウェブ事業者としてはGoogleやFacebook、米Yahoo!などの大手サイトが参加を表明してしており、以降はそれぞれ自社サイトにIPv6アドレスを付与し、IPv6インターネット接続環境にあるユーザーがIPv6で各サービス利用できるようにしていく。

     しかし、日本のインターネットユーザーのうち決して少なくないユーザーが蚊帳の外になる可能性がある。5月17日に行われた総務省の「IPv6によるインターネットの利用高度化に関する研究会」の第18回会合で、グーグル株式会社の及川卓也氏は「日本では壊れたIPv6環境が広まっている」と指摘。こうした「問題のあるネットワーク」のDNSサーバーのリストを作成し、リストアップされたネットワークからのGoogleの利用に対してIPv6を無効化する方針を明らかにした。



    研究会のメンバーから「壊れた」という表現が誤解を招くのではないかとの指摘もあった。「壊れたIPv6環境」「問題のあるネットワーク」の定義については、会合の途中で退席した及川氏の代理人が回答。「AAAAフィルターがなければ、IPv4-IPv6フォールバック問題が生じるという意味」だとした。



    ●AAAAフィルター

    AAAAフィルターって何なのさ?

    AAAAフィルタ機能

    DNS中継機能におけるAAAA(クアッドエー)フィルタ機能は、クライアントに対してAAAAレコードを応答として返さないようにする機能です。
    名前解決に起因してIPv6からIPv4へのフォールバックが阻害される問題へのワークアラウンドとなります。



    何を言ってるのか、サッパリ分からねえ…日本語でOK(・∀・)

    ワークアラウンド - Wikipedia

    ワークアラウンド(英: workaround)とはシステム上で問題が発生した際の応急措置のこと。
    一時しのぎに過ぎないので後々抜本的対策が必要となる。



    ワークアラウンドとは - はてなキーワード

    回避策。



    英語の勉強をせにゃならん。

    ●AAAAレコード

    「AAAAレコード」とは:ITpro

    クアッド・エー・レコード
    AAAAレコード
    AAAA record

    IPアドレスとホスト名の対応付けを処理するDNSに設定するレコード・タイプの一つ。
    RFC1886で規定するAレコードとの違いは,128ビット長のIPv6アドレスをサポートする点。



    Aレコード - @IT ネットワーク用語事典

    Aレコード
    エーレコード / Address Record

     Aレコードは、ホスト名からIPv4アドレスを取得するための情報を記録したDNSレコードの1つ。「www.atmarkit.co.jpは***.***.**.***のホストである」といった情報を指定するために使用する。

     Aレコードを引いてホスト名からIPアドレスを取得する方法を「正引き」という。反対に、IPアドレスからホスト名を取得する方法は「逆引き」と呼ばれ、PTRレコードを参照する。

     IPv6アドレスの場合は、AAAA(クワッドエー)レコードになる。Aレコードの4倍となる128ビットのアドレスを指定できる。



    要するにDNS関連の用語だな。

    ・IPv4 → Aレコード(AはAddressのA)
    ・IPv6 → AAAAレコード

    ●フォールバック

    インターネット用語1分解説~IPv6/IPv4フォールバックとは~

    フォールバックとは、 情報通信の世界では「(障害などに起因する)代替手段への切り替え」を意味します。 IPv6/IPv4のフォールバックと言う場合は、 IPv6とIPv4の双方が利用可能な状態(デュアルスタック)の環境において、 何らかの要因でIPv6による通信ができない場合に、 それを諦めてIPv4での通信に切り替える動作、もしくはその逆の、 IPv4での通信からIPv6での通信に切り替える動作を指します。

    IPv6/IPv4フォールバックによる切り替わりが行われるかどうかは、 OSやアプリケーションの実装によって異なりますが、 通信相手の応答が無くタイムアウトした場合や、 IPでのデータ処理の誤りや障害の通知などに利用されるプロトコルであるICMP(Internet Control Message Protocol)などの制御メッセージを受信した場合などに行われます。

    このようにデュアルスタック環境でフォールバックが発生した場合、 状況によって通信が遅延したり、 通信不可能な場合があることなどが知られており、 IPv6/IPv4共存時代における課題の一つとして認識されています。



    Googleがダメ出ししてるのは、何か?

    =IPv6からIPv4に戻したときに、DNSがクライアントに対して、IPv6のIPアドレスを返さないようにするためのフィルターが遅くてダメってことかな?

    ●ネスペとIPv6

    今年のネットワークスペシャリスト試験に、IPv6問題出るかなー?

    勉強の範囲が広がると困るので、できればまだ出さないで欲しいです。

    =ネスペ試験の問題作成担当者の皆様、よろしくお願いします。(笑)
    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/801-4ae64445

    FC2Ad