ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    知っておきたいdnsmasq活用法

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 知っておきたいdnsmasq活用法 あとで読む
    簡単に使える、便利なDNSサーバが紹介されていました。

    dnsmasqで始めるプライベートDNSサーバ - GeekFactory

    ローカルネットワークのホスト名とIPアドレスの対応はDNSサーバで管理すると便利です。
    IPアドレスを覚えたりhostsをメンテナンスするのは大変です。
    でもbindって難しそうだし、メンテナンスに手間がかかるし、という方にはdnsmasqがおすすめです。

    dnsmasqは軽量なDNSサーバとDHCPサーバです。
    /etc/hostsを管理する延長でDNSサーバを管理できます。



    LAN内で、テスト用のWEBサーバーを用意して、ブラウザーからアクセスするとき、ドメイン名とIPアドレスの紐付け(名前解決)をしなきゃいけない。
    LAN内に、テスト用のDNSサーバーを用意したいけど、BINDはちょっと大袈裟だな~という場合に、良い対処方法があった。
    それが「dnsmasq」の活用だ。

    「dnsmasq」について検索すると、約 144,000 件の情報がヒットした。
    dnsmasq - Google 検索

    Dnsmasq - Wikipedia

    Dnsmasqは軽量で比較的容易に設定できるDNSサーバのフォワーダとDHCPサーバをもつソフトウェアである。
    Dnsmasqを利用すると、グローバルなDNSには保持されないローカルエリア内の端末にDNSのサービスを提供することができ、(2回目以降のグローバルアドレス参照では対内DNSが応答するので)対外DNSの負荷分散に貢献でき応答性の向上が期待できる。

    機能
    ・ファイアーウォールの対内側にDNSを提供できる。
    ・モデムなど広域ネットワークの終端で回線断となっていても、DNSを参照できる。
    ・Dnsmasqに統合されたDHCPでは、端末に対して静的アドレスの指定または、借与するアドレス範囲内で動的にアドレスを割り振ることができる。そしてBOOTPの動作や、RFC3397のDNSサーチリストまで含むDHCPオプションをサポートしている。
    ・Dnsmasqのキャッシュにインターネットアドレス(Aレコード、AAAAレコード)、ドメインネーム対アドレスの対応を保持するので、対外にあるDNSの負荷分散に貢献できる。
    ・DnsmasqはPPPやDHCPの設定より対外にあるDNSのアドレスを端末に通知することができる。すなわち端末の設定でDNSの構成が自動的に行える。
    ・IPv6にも対応しており、IPv6経由で対外にあるDNSの問い合わせが可能である。またIPv6からIPv4あるいはIPv4からIPv6のフォワーダとしても機能する。
    ・Dnsmasqでは特定のドメイン上にあるDNSに問い合わせを行う。すなわち対外と対内のDNSを容易にシステム統合できる。
    ・DnsmasqではMXレコードとSVRレコードをサポートしている。そして対内にある端末に対してMXレコードを返すように設定する事もできる。



    dnsmasqは、UNIX系OSに対応していると。

    Dnsmasq - a DNS forwarder for NAT firewalls.
    http://thekelleys.org.uk/dnsmasq/doc.html

    Dnsmasq is a lightweight, easy to configure DNS forwarder and DHCP server.
    It is designed to provide DNS and, optionally, DHCP, to a small network.
    It can serve the names of local machines which are not in the global DNS.



    Linuxユーザのためのチップス: dnsmasqで簡易DNSサーバ

    ■ DNSサーバ
    ネットワーク上にある各ホストにはipアドレスが割り当てられているが、各クライアントは、それらのホスト(例えば、webサーバなど)を指定するときにipアドレスでなく、ホスト名を使うことが多い。実際に、ネットワークがある程度以上大きくなると、それだけホスト数が増えるからである、利用するホストのipアドレスを覚えることは現実的でない。そこで、DNSサーバは、クライアントが問い合わせてきたホスト名から、そのipアドレスを答える。

    ■ dnsmasq
    DNSサーバというと、Bindが有名だが、設定するのが大変で、セキュリティにも十分注意しなければならない。小中規模の内部ネットワークで名前解決をする場合など、手っ取り早く簡易的なDNSサーバを立てる場合、dnsmasqがちょうど向いている。



    DNSサーバーの使い分け
    ・グローバル・ネットワーク → BIND
    ・プライベート・ネットワーク → dnsmasq

    これで行ってみよう!

    改訂新版 BIND9によるDNSサーバ構築 (エッセンシャルソフトウェアガイドブック)
    川原 龍人
    技術評論社
    2010-06-19

    ★★★★☆

    知っておきたいdnsmasq活用法 - ホッテントリメーカー


    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/762-75b2fb94

    FC2Ad