ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    イスラムの男尊女卑

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - イスラムの男尊女卑 あとで読む
    人間は、平等にできていない。
    男と女も、平等ではない。
    スティグマとヴァルネラビリティ:浜村拓夫の世界

    ●男女の不平等
    平等ではないからこそ、不平等によって生じる問題について、どのように向き合うべきか考えるべきであろう。

    男尊女卑によって苦しんでいる女性は世に多くいるけれど、イスラム社会ほど酷い状況も、他にないのではないだろうか?

    80人以上の女性を強姦組織にレイプさせ、自爆テロ犯に仕立て上げていた“自爆テロの母”が逮捕される | デジタルマガジン

    篠原 修司
    記事公開日:2009/02/05 10:00

     1月21日、イラクで80人以上の女性を自爆テロ犯に仕立て上げ、“信者の母親”として知られている女性、サミラ・ジャサム(51)がイラク警察に逮捕されました。

     サミラの手口はこうです。まず自爆テロの候補になりそうな女性を集め、次に裏で組織している男たちにレイプさせます。イスラム文化圏ではレイプされた女性は死刑、そして家族全体の名誉を汚した存在であるため、その恥をぬぐうためにはアッラーの教えに従い聖戦に参加するしかないと誘導するのです。生きることが恥(そして死刑)になるわけですから、被害者の女性たちはおのずと自爆テロへの道を選びます。

     逮捕されたサミラは罪を認めて自供を始めており、その内容から1つのテロリストの拠点で28の自爆テロの実行があったことが確認されました。サミラはイスラム過激派の1つ、アンサール・アル・スンナに属しているとみられています。

     AP通信では、昨年アメリカ軍に対して36人の女性が自爆テロを試み、そのうち32の攻撃が行われたと報告しています。女性たちは伝統的な民族衣装チャードルの下に爆薬を隠しているため、しばしば軍のチェックポイント通過して目標までたどり着くことがあるそうです。



    レイプに対する扱い=犯罪の加害者じゃなくて、被害者が死刑になるって、おかしくないか?

    池上彰の講義の時間 高校生からわかるイスラム世界
    池上 彰
    ホーム社
    2010-09-24

    ★★★★☆

    レイプ相手と強制結婚、拒否すれば・・・: 銀河系宇宙人のブログ

    イスラム社会の女性への扱いは、理不尽であり、合理性を欠いている。女性の貞操を狂信的なまでに強調しているので、貞操を失った女性に対する扱いは暴力的であり、非人道的であり、許しがたい。

    貞操というのは「社会的に承認された配偶者でない者と性的関係をもたないこと」という意味だ。

    イスラムでは男は対象外か、対象であっても法的に厳しくない。しかし、女性には厳しく貞操が強要されている。



    イスラム教 「女性差別」問題 - Wikipedia

    一般にイスラーム社会は男尊女卑の世界と考えられており、実際に現在でも多数の虐待や差別があり深刻化している(「名誉の殺人」、「女子割礼」、「女子の就学制限」)。

    こうした事情を踏まえた上で、本質主義的に「イスラーム社会では男女は共存することはできず、男女間には完全な平等は存在できない」と主張し、イスラーム世界の女性を解放するためにはイスラームそのものを廃棄せねばならないと唱える非ムスリム諸国の知識人も存在している。



    イスラームと女性 - Wikipedia

    コーランやハディースにはムハンマドの支配下でムスリム共同体が国家化していくにつれ女性の権利が制限されていく様子をうかがわせる逸話や、女性を男性より本質的に劣ったものとする啓示も載っている。



    コーラン第4章34節
    『アッラーはもともと男と(女)の間には優劣をおつけになったのだし、また(生活に必要な)金は男が出すのだから、この点で男の方が女の上に立つべきもの。だから貞淑な女は(男にたいして)ひたすら従順に、またアッラーが大切に守って下さる(夫婦間の)秘めごとを他人に知られぬようそっと守ることが肝要。反抗的になりそうな心配のある女はよく諭し、(それでも駄目なら)寝床に追いやって(懲らしめ)、それも効がない場合は打擲(ちょうちゃく)を加えるもよい。だが、それで言うこときくなら、それ以上のことをしようとしてはならぬ。アッラーはいと高く、いとも偉大におわします。』



    ムハンマド・イブン=アブドゥッラーフ - Wikipedia

    ムハンマド(محمد Muḥammad 570年頃 - 632年6月8日)は、イスラーム教の開祖、軍事指導者、政治家。

    610年頃、悩みを抱いてマッカ郊外のヒラー山の洞窟で瞑想にふけっていたムハンマドは、そこで大天使ジブリール(ガブリエル)に出会い、唯一神(アッラーフ)の啓示(のちにクルアーンにまとめられるもの)を受けたとされる。
    その後も啓示は次々とムハンマドに下され、預言者としての自覚に目覚めたムハンマドは、近親の者たちに彼に下った啓示の教え、すなわちイスラーム教を説き始めた。



    一人のキチガイの妄想が、世界中に広まって、収拾がつかなくなったと。

    ●男は女から産まれた
    「男は女よりも偉い」と思っている男は、生物学の知識が足りない。

    人間の男は、人間の女から産まれている。
    女がいなければ、男は生じていない。

    人間が出産するまでの男女の貢献度を、時間ベースで計算してみよう。
    ・男の役割=射精 → 約10秒。
    ・女の役割=排卵、妊娠、出産 → 約10ヶ月。

    10ヶ月=約300日=2592万秒
    (1日=24時間=1440分=86400秒)

    時間当たりの男性の貢献度= 0.00004%
    時間当たりの女性の貢献度=99.99996%

    人間が生まれてくるまでの、生物学的な男女の役割を計算すると、圧倒的に女性の方が貢献していることが分かる。
    (男が働いて金を稼ぐ等の貢献は、生物学的な見地から除外している。)

    男には金玉が2個あるが、女の子宮は1個しかない。
    怪我や病気で金玉が1個なくなっても、まだ機能する。
    =男の貢献度は、さらに半分にしても成立する。
    (女の卵巣は2個あるが子宮は1個しかないので、ボトルネックは子宮にある。)

    さらに言えば、人間と動物の違いについても考察すべきなのであるが、話が逸れるのでここでは言及しない。
    =人間は、単細胞(精子と卵子の受精卵)からスタートしていることを忘れてはいけない。

    ●男尊女卑の矛盾
    情報をコピーするときのSN比を考えてみよう。
    コピーのたびに信号が劣化する場合、世代が進むに従って、シグナルが減りノイズが増える一方となる。

    生物の生殖は、DNAに存在する設計情報を基に行われている。
    女が劣等な存在だすれば、その劣等の女から産まれた男もまた劣等な存在ということになってしまう。
    このパラドックスに気づいていない男尊女卑主義者は、愚かであると言わざるを得ない。

    実際には、「男は女よりも偉い」ということはないので、女から産まれた男が劣等であるということもない。
    「男は女よりも偉い」という人がいたら、それは自らの知性が低いことを独白しているだけなのである。

    もちろん、人間を構成する要素は、生前の要素と生後の要素があるから、生まれが悪いからといって、一概に劣等な人間であるとは断定できない。
    確かに、成人した男女が殴り合いの喧嘩をすれば、平均的な筋力が上回る男が女を凌駕するだろう。
    =武器を使わなければ、女は男よりも喧嘩が弱い。男女は平等ではない。

    ●ムハンマドの誤謬
    イスラム教はその成立過程を観察すると、誤謬の原因はムハンマドの妄想に由来することが分かる。
    ムハンマドの時代には、現代の生物学の知識がなかったから、仕方がないと言えば仕方がない。
    (もしも、ムハンマドがDNAについて知っていたら、そのことについて言及していただろう。)

    従って、ムハンマドの妄想を継承したイスラム教徒もまた、謬見解にとらわれた哀れな人々であると言える。
    最初のボタンから、かけ違いが生じていたのだ。

    イスラム教徒は、男尊女卑のパラドックスについて、理解できるだけの知性を持ち合わせているだろうか?
    もしも、イスラム社会の男尊女卑が間違っている理由を理解できない人がいたとしたら、それは人間について理解していないことと等価である。



    イスラム社会には男尊女卑が存在しない等とうそぶくイスラム教徒がいるとしたら、その証拠として今すぐ女性のベールを廃止してもらおう。

    言っていることではなく、実際にやっていることを見よ。
    もしも、イスラム教徒はキチガイではないというイスラム教徒の方がいるとしたら、まずはイスラム社会の男尊女卑を解消してからにして欲しい。

    法律は人を苦しめるためにあるのか? - 浜村拓夫の世界

    ジョージ・ソロスは、Fallibility(ファリビリティー、人間の判断の誤謬性)を主張した。
    間違えるのは仕方がないが、いかに早く軌道修正できるかで、その後の結果は全く違うものとなる。



    人間とは、間違いを犯す存在である。
    イスラム社会の誤謬を反面教師として、日本人である我々もまた自らの無知を改める契機とすべきであろう。



    (人にやさしく / ブルーハーツ

    期待はずれの 言葉を言う時に
    心の中では ガンバレって言っている
    聞こえてほしい あなたにも
    ガンバレ!


    関連記事

    コメント

    女は上の立場の男に恋します。だから男尊女卑でいいんです。
    只、過度の男尊女卑はダメですがね。
    詳しくは俺のブログを見て下さい。

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/739-a4fe88ca

    -

    管理人の承認後に表示されます

    FC2Ad