ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    Excelをエディタとして使う方法

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - Excelをエディタとして使う方法 あとで読む
    すごい記事を見てしまった!
    なんと、Excelをプログラミングのエディタとして使うという提案だ。
    その発想はなかった…目から鱗が落ちるとは、まさにこのことだと思った。

    僕たちプログラマーは、プログラミングに、Excelを使います! - m2

    低級テキストエディタでせっせとコーディングしているあなた!そろそろ手がが疲れてきていませんか?
    そんなあなたは、この記事で紹介する Excel コーディングをぜひ覚えてください。



    Excelでコーディング

    ・インデントをセルの幅で行うことで 2tab 4tab 戦争が終結!
    ・行頭以外を縦にそろえるのも列を揃えてあげれば簡単!
    ・「連続データ」機能で簡単入力!
    ・コメントが別レイヤになり、ソースの邪魔にならずスッキリ!
    ・マクロ機能で様々な機能を追加可能!



    要は、エディタの画面が、マス目(グリッド状)になっていれば、いろいろメリットがあるっていうことですよね?

    Excel VBA アクションゲーム作成入門 Excel 2007/2003/2002 対応
    近田 伸矢
    インプレスジャパン
    2009-03-06
    ★★★★★


    ●拡張機能
    Excelで行なう処理を自動化させたい場合、Excelで「マクロ」という拡張機能を使う必要がある。

    マクロ (コンピュータ用語) - Wikipedia

    マクロ(Macro)は、コンピュータ言語の一種である。
    プログラム中の文字列を、あらかじめ定義された規則に従って置換すること。
    マクロを展開するプロセッサ(処理系)をマクロプロセッサという。
    転じて、アプリケーションソフトウェア上の作業を自動化する機能やプログラム言語(マクロ言語)のこともマクロと呼ぶ。



    マクロ言語 - Wikipedia

    マクロ言語は、プログラミング言語の一種である。
    アプリケーションソフトウェアの機能をキーボードやマウスなどから直接利用するのではなく、プログラムにより利用できるようにするもの。



    ・Emacsなら、Lispで機能を拡張できる。
    ・Excelなら、VBAで機能を拡張できる。
    そのアプリケーションがサポートしているプログラミング言語によって、マクロの記述方法も変わってくる。

    VBAを習得している人なら、Excelで問題ないだろうが、わざわざ勉強するのもどうか?
    (VBAは学習コストが低い言語だと思うので、習得しても損はないかも。)

    Excel VBAは、VB6.0相当 - 浜村拓夫の世界

    ●Excelの代替ソフト
    Excel以外でも、スプレッドシート(表)を扱えるソフトはある。

    ・OpenOffice
    http://ja.wikipedia.org/wiki/OpenOffice.org

    マクロ
    OpenOffice.org では BASICやPython、JavaScriptなどの言語を用いたマクロが利用できる。
    Universal Network Objects (UNO) インタフェースを用いて C++ や Java など他の言語プログラムを呼び出すこともできる。



    ・LibreOffice
    http://ja.wikipedia.org/wiki/LibreOffice
    Common/Scripting/ja - LibreOffice Help

    LibreOffice のメニュー項目、アイコン、ダイアログコントロール、およびイベントにカスタムスクリプト (マクロ) を割り当てることができます。
    LibreOffice では、以下のスクリプト言語がサポートされています。
    1. LibreOffice Basic
    2. JavaScript
    3. BeanShell (Java)
    4. Python
    また開発者は、Java プログラミング言語などの高級言語を使用して、LibreOffice を外部から制御できます。



    OpenOfficeや、OpenOfficeから派生したLibreOfficeでは、マクロの記述にBASICも使えるが、他にもサポートしているプログラミング言語がある。
    VBA以外でマクロを記述できる表計算ソフトが使いたいなら、Excelの代わりにOpenOfficeやLibreOfficeを使うというのも一手かな?

    マス目によって、綺麗にインデントできるメリットは、Pythonとの相性が良いかもしれない。
    NetBeansとOpenOffice/LibreOfficeを組み合わせたプログラミング環境の構築を検討してみたい。
    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/716-33ec7ab9

    FC2Ad