ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    Yammer

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - Yammer あとで読む
    Yammer(ヤマー)という企業向けのソーシャルサービスがあった。
    こういう製品を作れば、儲かるんだな!

    Yammer

    社内SNSを活性化するたった一つの方法 - 未来のいつか/hyoshiokの日記

    EGMとはEmployee Generated Mediaのことで、社内ブログ、掲示板、SNSのようなものらしい。
    弊社はYammerというTwitterのようなものを社内SNSとして利用している。
    Yammerは、Twitter的な機能だけではなく、Facebook的にスレッドがまとまって表示されたり、likeボタンがついていたり、写真やファイルもアップロードできるので、社内SNSとしての機能は十分だった。

    仮説、実証、検証、仕組み化というプロセスを回すのが弊社の現場のアプローチで、Yammerの活性化も同様にやっている。
    SNSというのはまさにネットワーク効果そのもので、利用する人が増えれば増えるほど価値が相乗効果で向上していく。そのために鶏と卵というか呼び水が必要でそれが社内フォトコンテストとかアイコンの実写真化という打ち手である。

    社内SNSによって、社員の活性化をして、それによって、新しいアイデアが生まれ、イノベーションが起こり、サービスなり製品なりに反映され、売上が向上し、収益が増え、ボーナスをいっぱいもらえてハッピー、というようなシナリオが描けないと辛い。



    Yammer : エンタープライズ・ソーシャル・ネットワーク
    https://www.yammer.com/?locale=ja

    Yammer - Wikipedia

    Yammer(ヤマー)は2008年9月にリリースされた、エンタープライズ向けのソーシャル・ネットワーク・サービス。
    Yammerは不特定多数にメッセージが公開されるTwitterと違い、組織内や組織のメンバーや指名されたグループの間でプライベートなコミュニケーションを取るために利用され、エンタープライズ向けのソーシャル・ソフトウェアの例として挙げられる。
    Yammerは元々エンタープライズ向けのミニブログサービスとしてリリースされ、その後完全なエンタープライズ向けのソーシャル・ネットワーキング・サービスとして発達を遂げた。

    Yammer内のネットワークへのアクセスは利用者のメールアドレスのドメインによって決定され、同じドメインを持つ利用者だけが自らの所属するネットワークに入ることが出来る。

    TechCrunchによると、Yammerは世界中で100万人以上の利用者と8万の企業(その内80%がFortune500の企業)で利用されている。 また、Yammerは四半期ごとに利益を倍増させているとも言われている。



    2008年からって、まだ3年しか経ってないんだ。
    なのに、ユーザー数は100万人以上。
    重宝されてんだね!

    ポータルサイトを作る苦労よりも、コミュニケーションのインフラとなるツールを提供する方が、ユーザーを獲得できるってことかな?

    ソーシャルメディア・ダイナミクス ~事例と現場の声からひもとく、成功企業のソーシャルメディア戦略~
    斉藤徹
    毎日コミュニケーションズ
    2011-01-20
    ★★★★☆

    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/705-9bcff4c1

    FC2Ad