ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    NW あと23日 ゲームで集合知を活用する方法

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - NW あと23日 ゲームで集合知を活用する方法 あとで読む
    10月16日(日)の情報処理技術者試験まであと23日です。
    まだずっと先のことだと思っていることでも、確実にその時はやって来ます。

    点と点が結ばれて、線になる。
    一つ一つは平凡なことであったとしても、それらが統合されてグッドアイデアが生まれることがある。
    最近のニュースの中から、インスピレーションを一つ得た。

    ●人海戦術でOCR
    ASCII.jp:日本生まれのクラウドノート「KYBER」がすごい理由

    オーリッドという日本のIT企業が注目を集めている。法人向けWebサービスを提供していたが、昨年から個人向けサービス「KYBER」を開始した。16日に発売した「KYBER Smartnote」(写真、3冊1500円)は、そのサービスの目玉だ。



    ノートをiPhone付属のカメラで撮影し、KYBERのWebサイトにアップロードすると、画像のデータがクラウドサーバー上で管理される。しばらくすると、手書きのメモが文字データになって送られてくる。いわゆるOCR(画像からの文字起こし)だが、その精度は異様に高い。



    高精度の秘密は、このテキスト起こしに“人間”が関わっているため。
    「国内で150人、中国では1000人以上のスタッフがOCRのチェックに関わっています」
    OCR技術は進化しているとはいえ、手書きだとさすがに間違いが多い。結果が合っているかどうか確かめるため、1000人以上のスタッフが画面に向きあい、チェックしている。まさに究極の人海戦術だ。



    これをヒューマンコンピューティングとも言う。だが、国内はともかく中国のセンターで日本語のチェックはできるのだろうか?実際、中国に勤めるスタッフで日本語ができるのは100人ほどという。それでもシステムが回るのは、彼らが「○×」をたしかめるだけだからだ。
    「彼らは2つの画像を見て、それを比べるんです。上がOCR前の画像、下がOCR後の文字。同じ形ならマル、違う形ならバツをつける。それなら日本語がわからなくても、子供でもチェックできますよね」



    複雑なタスクでもブレークダウンすれば、ゲーム感覚で簡単に処理できると。
    他にも人力を利用したOCRサービスはあったが、以前はリアルタイムでは処理できなかった。

    秋元@サイボウズラボ・プログラマー・ブログ: reCAPTCHA - キャプチャを利用した人力高性能OCR

    実は、これらのCAPTCHA画像は、これまであったような、きれいなフォントから加工して作られたものではない。実在する紙の本をスキャンして、OCRで読み取ろうと試みた単語のうち、認識に失敗した単語のイメージをベースにしているのだ。

    二つの単語のうちの一方は、reCAPTCHAが既に正しい読み方を知っている単語の画像だが、もう一つは、まだ読み方がわかっていない単語の画像ということになる。

    出題の時点では回答者がユーザなのか、それともロボットなのかはまだわからない。しかし、知っている方の単語を正しく読めたのであれば、もう一方の入力も正解に近いのではないか、と推測することができる。reCAPTCHAはこの情報を利用して、これまで機械で読み取れなかった単語画像にある単語を正しく知ることができるようになる。(さらに、他のエンドユーザにも何度かこれを解かせることで、認識の確からしさを上げる仕組みになっているらしい)

    「知ってる情報」と「知らない情報」を組み合わせて解かせることで、ネット上の数十万、数百万のユーザを、機械読み取りに失敗した単語を読む仮想的な機械にしてしまったわけだ。



    ●人を集める入口としての無料ゲーム
    さて、問題の解決作業を担う人材を無料で集める方法は、他にあるのだろうか?

    答えはYES。
    ゲームのユーザーに問題解決へ協力してもらい、驚異的な成果を出した事例があった。

    ゲーム愛好者らが酵素の構造を解析、米研究 国際ニュース : AFPBB News

    2011年09月19日 15:08 発信地:ハノーバー/ドイツ

    【9月19日 AFP】仮想空間「セカンドライフ(Second Life)」やオンラインゲーム「ダンジョンズ&ドラゴンズ(Dungeons and Dragons)」の領土を越えてオンラインゲーマーたちが手柄を立てた――科学者たちを10年もの間悩ませてきたヒト免疫不全ウイルス(HIV)様ウイルスの酵素の構造を解析したのだ。

     18日の「Nature Structural & Molecular Biology」は、ゲーム愛好者たちの名前を研究者たちとともに論文の共同執筆者として掲載するという科学専門誌としては異例の対応で、その功績をたたえた。ゲーム愛好者らが長いあいだ未解決だった科学的問題を解決した初めての事例とみられる。

    ■アミノ酸の束を立体化するゲーム「Foldit」

     研究の対象は、HIVなどのレトロウイルスの複雑な分子を切断する役割を果たすプロテアーゼだった。

     タンパク質の構造を解明することは、多くの疾病を理解し、それを阻止するための薬剤を開発するために不可欠だが、顕微鏡では、一般の人ならばしわくちゃになった平板なスパゲティのようにしか見えない、平面的な図像しか得ることができない。薬理学者が薬剤の標的となり得る部分を探すには、3次元の図像に「展開(unfold)」し、それを回転させるなどして検討する必要がある。

     ここで「Foldit(フォールドイット)」が登場する。2008年に米ワシントン大(University of Washington)が開発したこのビデオゲームでは、ゲーマーたちはグループに分かれ、タンパク質の構成要素であるアミノ酸の鎖を、オンライン上のツールを使って展開することを競い合う。

    ■ゲーマーの恐るべき創意工夫能力

     科学者たちを驚かせたのは、ゲーマーたちが酵素の正確なモデルをたった3週間で作り上げたことだった。

     ワシントン大生化学研究室のファース・ハティーブ(Firas Khatib)氏は報道陣向けの発表で、「自動化による手法で解けなかった問題を、人間の直感が解決できるかを確かめたかった」と述べ、「ゲームプレーヤーの創意工夫の能力は恐るべきもので、適切に指導されれば、幅広い科学的問題の解決に用いることができるだろう」と語った。

     Foldit開発者の1人、セス・クーパー(Seth Cooper)氏は、コンピューターに解けなかった問題をゲーマーたちが解いたことについて、「コンピューターがまだ苦手にしている空間推論の能力が人間には備わっている」と語った。

    ゲームというものは、コンピューターと人間の力を結集するための枠組みを提供する。今週発表された論文に掲載された結果は、ゲームと科学、コンピューター使用を組み合わせることで、以前ならば不可能だったような進展を得ることが可能になるかもしれないことを示している」(クーパー氏)



    ・無料ゲームで人を集める。
    ゲームに問題解決のアルゴリズムを組み込む
    ・コンピューター=単純な高速計算では解けない問題を人間にやらせる。

    四色定理 - Wikipedia

    四色定理とは、いかなる地図も、隣接する領域が異なる色になるように塗るには4色あれば十分だという定理である。ただし、飛び地のような領域は考えない。
    解決前は四色問題と呼ばれており、未解決の期間が長かったため現在でも四色問題と呼ばれることがある。

    1976年に ケネス・アッペル (Kenneth Appel) とヴォルフガング・ハーケン (Wolfgang Haken) はコンピュータを利用して、本定理を証明した
    アッペルとハーケンはコンピュータによる実験を繰返し、プログラムを何度も書き換えながら、可約なグラフから成る約2000個のグラフからなる不可避集合を求めた。当時の最高速のスーパーコンピュータを1200時間以上使用したといわれている。
    その後アルゴリズムは改良されたが、現在でもコンピュータを使用しない証明は得られていない

    3彩色問題はNP完全問題の一つである事が知られている。



    NP完全問題 - Wikipedia

    NP完全問題(NP-complete problem)は、クラスNP(Non-deterministic Polynomial)に属する問題でかつ、クラスNPのすべての問題から多項式時間帰着可能な問題である。すなわち、NPに属する問題のうちでNP困難なものである。クラスNPに含まれる問題で、あるNP完全問題から多項式時間還元可能なものも、またNP完全である。現在発見されているNP完全問題の多くがこの定理によって充足可能性問題より導かれたものである。充足可能性問題がNP完全であることは1971年、スティーブン・クックによって証明された。



    PとNPとNP完全とNP困難 - 大人になってからの再学習

    計算複雑性の話の中で、P、NP、NP完全、NP困難というキーワードが登場する。

    PとNPとNP完全とNP困難
    図では、上のものほど難しい問題で「P≦NP≦NP完全≦NP困難」と言うことができる。

    さらに次のことが言える。
    ・ P は現実的な時間で解を求めることができる問題。
    ・ NP, NP完全, NP困難は、現実的な時間で解を求めることができない(ある程度の諦めと妥協が必要な問題)。
    ・ NP完全は、NPの中で最も難しい問題。
    ・ NP困難は、NPである場合も、NPでない場合もあり、NP完全と同等かそれ以上に難しい問題。



    ・計算可能性を検討し、機械でできるものは機械にやらせれば良い。
    ・P以外の複雑な問題について、人間の識別能力をうまく使ってアプローチしたい。

    Foldit
    http://fold.it/

    Foldit - Wikipedia

    Foldit は、タンパク質構造予測を行うコンピュータゲームである。ワシントン大学の計算機工学部とバイオサイエンス学部(Rosetta@homeの開発に関わったメンバーなど)の共同開発によって製作され、2008年5月にベータ版として公開された。Folditは、単にゲームを楽しむという性質の他に、ゲームによってコンピュータがうまく解決できない問題(タンパク質の折りたたみ構造の解析)を解くという意味合いがある。

    Folditはクラウドソーシングと分散コンピューティングを組み合わせたソフトウェアである。

    2011年、Folditのプレーヤーは実際のM-PMVレトロウイルスのプロテアーゼのX線結晶構造解析において充分な質の分子置換モデルを生成し、結晶学者が10年間困難であった解析を成功に導いた。





    DeNAやGREEのモバイルゲーム市場が成長している。
    ゲームは、単に時間を浪費させて、人生の堕落を招くだけのものでしかないが、集合知のインターフェースとして利用できることが分かった。

    プログラマーは、ゲームを作ろう。
    そして、みんなの力を合わせて問題を解決しよう。

    ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術
    平山 尚(株式会社セガ)
    秀和システム
    2008-11-15
    ★★★★★


    オンラインゲームを支える技術  --壮大なプレイ空間の舞台裏 (WEB+DB PRESS plus)
    中嶋 謙互
    技術評論社
    2011-03-24
    ★★★★★


    ヒューマン・コンピューティングは、ユダヤ人がゴイムを活用する発想と似ている。
    人・物・金~人間というリソースは、従順な下僕として活用できれば有用なのだ。

    イスラエルの原爆投下 - 浜村拓夫の世界

    一部のユダヤ人は、ゴイム(goim 異教徒=ユダヤ教徒以外の人間)を殺してもかまわないと考えている。
    (選民思想はユダヤ人だけにあるものではなく、実際問題として、他の人間や生物を殺している人たちは、この地球にたくさんいる/いたわけだが。)



    日本はアメリカの奴隷ですがそれの何がいけないんですか? | OKWave

    アメリカは世界最強ですよ
    アメリカの奴隷でいるデメリットを教えて下さい



    それは表面を見てるだけです。
    アメリカは、ユダヤ人に支配されています。
    つまり、日本<アメリカ<ユダヤ です。
    FRBは、民間会社でありユダヤ人のものです。
    ユダヤ人達から紙幣の発行権を取り戻そうとしてリンカーンとケネディは、暗殺されました。
    政府紙幣を発行したためです。
    世界が真実を知りこの勢力を倒さないかぎり平和はないでしょう。



    政府紙幣 - Wikipedia

    アメリカではアメリカ独立戦争中の独立政府において、膨大な戦費をまかなう為に大陸紙幣 (Continental) と呼ばれる一種の政府紙幣を発行した。これはアメリカ合衆国建国後、地域紙幣として一時使用されつづけたが、不換紙幣であり濫発されたことから価値が暴落し信用のない通貨の代名詞になった。米英戦争 (1812年 - 1814年) 後の数年間と1830年にも国内鉄道基盤整備のための投資として不換紙幣が用いられたが、1837年恐慌 (Panic of 1837) で発行停止に追い込まれた。

    また南北戦争時には戦費調達の必要性から1862年にリンカーン大統領によって、法貨条例 (Legal Tender Act of 1862)を制定。これに基づき、デマンド・ノート (Demand Note) を発行している。これはアメリカ合衆国財務省が初めて発行した紙幣であり、南北戦争後の1865年に至ってリンカーンはこれを合衆国の永続的な通貨発行システムとする意向を発表するが、その一月後に暗殺されてしまい結局政府紙幣の発行は中止となった。対する南部連合国も政府紙幣を発行したが、これも敗北したことで無価値となった。

    その後、1963年6月4日にケネディ大統領の大統領令11110 (Executive Order 11110) によって政府紙幣が復活するが、その約半年後の11月22日にケネディ大統領は暗殺された。1971年1月以降は、政府紙幣の新規発行は行われていない。但し現在でも法律上、財務長官は、3億ドルを限度に「合衆国紙幣」(United States Note) を発行することができることとされている (合衆国法典第31編第5115条)。



    ・「お金」の仕組みを作り、統制している人たちがいる。
    ・マネーサプライの管理に割り込むと、強制的に排除される(=殺される)。

    信用創造 - Wikipedia

    信用創造(しんようそうぞう、英: Money creation/Credit creation)は、銀行の貸出によってマネーサプライ(通貨供給量)が増加すること。あるいは、金融機関のおこなう「決済機能の提供」と「金融の仲介機能」が作用して信用貨幣が増加する機能を指す。銀行が貨幣経済において果たしている重要な機能のひとつ。



    人間を含むすべての生物は、ロボットではない。
    利用して、あとはポイ。
    でも、それでいいのか?

    ・日本人はユダヤ人ではない。
    ・日本人はユダヤ人を反面教師として、ユダヤ人には実現できなかった社会形態を模索すべきである。

    ヘンリー・キッシンジャー - Wikipedia

    ヘンリー・アルフレッド・キッシンジャー(Henry Alfred Kissinger, 1923年5月27日 - )は、ドイツ出身のアメリカのニクソン政権およびフォード政権期の国家安全保障問題担当大統領補佐官、国務長官。国際政治学者。

    本来の姓名はHeinz Alfred Kissinger(ハインツ・アルフレート・キッシンガー)で、苗字はバート・キッシンゲン(Bad Kissingen)に由来。両親ともにドイツ系ユダヤ人である。
    一家はナチスを嫌って1938年にアメリカへ移住し、第二次世界大戦中の1943年に同国に帰化。

    ニクソン・キッシンジャー外交は道徳問題への無関心でも知られた。例としてあげられるのは、中国共産党の一党独裁国家であり、国民を過酷な統制下においていた中華人民共和国との国交樹立、チリのサルバドール・アジェンデ政権転覆(1973年)への関与、続く親米軍事政権として知られたアウグスト・ピノチェト政権の国内弾圧の黙認であり、このような態度はタカ派、リベラルを問わず多くの非難を受けることとなった。

    ニクソンとキッシンジャーは厚い信頼で結ばれていたとされるが、個人的には決して親しい友人ではなかった。ニクソンが他の側近の前でキッシンジャーのことをその出自を背景に侮蔑的に呼んだことが数回確認されており、キッシンジャー自身も「一度として二人きりで食事を取ったことはなかった」と語っている。



    ウィノナ・ライダーが15年前に経験したメル・ギブソンの差別発言 - ハリウッドニュース

    「Oven Dodgers」(オーブン・ドジャーズ)とは、「オーブンから逃れた人」という意味で、ホロコーストでのユダヤ人の焼却にかけている、ユダヤ人に対する強い差別言葉である。



    「自分の利益のために、他人を利用する」という発想で行動すべきではない、と考える。
    集合知を提供してくれた人々には、有形無形を問わず、何らかの形で利益を還元したい。

    ●OCRの次は翻訳だ
    OCR精度が改善できたのなら、翻訳だってもっと改善できるだろう。
    言葉の壁がなくなる時代が見えてきた。

    言葉の壁がなくなれば、どんな変化がもたらされるだろうか?
    ・国境が意味をなさなくなる。
    ・単一民族による縁故主義や、セクト主義が意味をなさなくなる。

    地上から紛争がなくなり、コスモポリタンによる世界政府が樹立される日を、生きている間に見ることはできるだろうか?
    武器を捨て、問題解決のゲームをあなたに。

    インターネットで新しい文明を築く:浜村拓夫の世界

    日本人の才能を合わせれば、インターネット上にコスモポリタンの文明を築くことができるのではないか?



    利他のすすめ~チョーク工場で学んだ幸せに生きる18の知恵
    大山泰弘
    WAVE出版
    2011-04-22
    ★★★★★


    行動経済学 経済は「感情」で動いている (光文社新書)
    友野 典男
    光文社
    2006-05-17
    ★★★★☆

    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/686-fd4b7531

    FC2Ad