ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    NW あと54日 ネットワークシミュレーター

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - NW あと54日 ネットワークシミュレーター あとで読む
    10月16日(日)の情報処理技術者試験まであと54日です。
    まだずっと先のことだと思っていることでも、確実にその時はやって来ます。

    ネットワークスペシャリストに合格された方が、勉強方法を紹介していました。
    Knockin'on TechLog » Blog Archive » ネットワークスペシャリスト(情報処理技術者試験)の勉強法

    今回はネットワークスペシャリスト試験で押さえておきたいポイントとオススメの書籍をご紹介します。
    但し、せっかく勉強しても知識として残らなかったり、実務で役に立たなければ意味がないと思っているので試験の点を稼ぐ為のテクニックは紹介しません。

    ポイントは大きく3つ。
    1. ネットワークの仕組みをイメージできる様になる。
    2. L2、L3、L7の3層に重点を置いて理解する。
    3. ネットワークの停止や不安定になる原因に当たりを付けられる様になる。



    なるほど!参考になります。m(__)m

    1. 「ネットワークの仕組みをイメージで掴む」

    どんな役割の機器がどういう順番で接続されて通信が成り立っているのでしょう?
    ざっくりと、登場機器と構成をイメージできる様になるのが最初のステップです。

    これがイメージできる様にならないと、実務でも試験でも問題解決へのアプローチが思いつかず、解決までとても時間がかかってしまいます。

    広く浅く、体系的に理解をしてから各分野について掘り下げていきましょう。



    ネットワークはなぜつながるのか 第2版 知っておきたいTCP/IP、LAN、光ファイバの基礎知識
    戸根 勤
    日経BP社
    2007-04-12


    この本は、細かい話が出てきて、途中で読み疲れた記憶がある…。
    HTTPについて、理解が深まるから、もう一度読んでみようか?

    マスタリングTCP/IP 入門編 第4版
    竹下 隆史
    オーム社
    2007-02-24


    この本は、ネットワークの基本ですね。
    やっぱ、最初に読んでおくべきでしょう。

    2. L2、L3、L7の3層に重点を置いて理解する

    試験に出る分野としても、実務でよく考える分野としても比重が高いのがデータリンク層(L2)、ネットワーク層(L3)、アプリケーション層(L7)です。
    もちろん、実務での専門分野によって違う可能性もあるので異論は認めます。

    ともかく、通信機器の設定等で特に色々考えなくてはいけない点が多いのはこの3層です。
    L2スイッチ、L3スイッチ、ルータ、ファイヤーウォール、ロードバランサ…全てこの3層が絡んできます。
    逆にこれらの機器設定が間違っているとネットワークが不安定、つながらない。といったことが起きるのでしっかり理解しておくことが重要です。



    今夜わかるTCP/IP (Network)
    上野 宣
    翔泳社
    2004-12-09


    今夜わかるHTTP (Network)
    上野 宣
    翔泳社
    2004-12-09


    今夜わかるメールプロトコル (Network)
    上野 宣
    翔泳社
    2005-06-17


    上野宣さんの著作は、分かりやすいと思うんだけど、ネットワーク業界の大御所・高木浩光先生から、叩かれているんだよね。
    高木浩光@自宅の日記 - 駄目な技術文書の見分け方 その1

    今夜こそわかる安全なSQLの呼び出し方 ~ 高木浩光氏に聞いてみた - @IT

    セキュリティに関して、いい加減なことは書けないから、テクニカルライターも大変ですな。><

    3. ネットワークの停止や不安定になる原因に当たりを付けられる様になる


    原因特定の勘所を掴む最短ルートは不具合にたくさん遭遇すること。だと思っています。
    ですが、不具合にたくさん遭遇する状況は本来あってはいけないことなので長く実務に携わっていない限りたくさんの場数を踏むことは難しいと思います。
    ではどうやって原因特定の勘所を掴める様になるか?

    1. 午後Ⅰ、午後Ⅱの過去問をたくさん解く
    2. 安めの業務用ルータ等を入手して遊びまくる

    過去問は、実際に色々な機器が登場し設定不備等で通信障害が起きている状況が多いのでケーススタディをするにはもってこいです。
    記憶してしまうくらい過去問を解きまくると実務でもトラブルシュートに役立つと思います。



    ネットワークのトラブルシュートの参考書を買いました。

    ネットワークトラブル対応徹底解説―クラウド時代のネットワーク設計・構築・運用術
    富士通認定プロフェッショナル
    日経BP社
    2011-04


    午後問題と比べて、本書の方がより具体的・実践的だと思いました。
    ネスペの試験でも、役に立てばいいんだけど。

    まずは、過去問を覚えてしまうくらい解きまくることが必要ですね。

    スイッチやルーター等の通信機器を買い揃えて、実習してみるのも良い勉強ですが、たくさんの機材を買う資金や設置場所は、個人だとなかなか確保できないのが実情だと思います。
    そんな場合に、シミュレーターを使う、という手もありました。

    ●シミュレーター
    Ciscoのベンダー資格学習用として、ネットワークシミュレーターがいろいろありました。
    CCNAシミュレータ・CCNPシミュレータ @network Cisco・アライド実機で学ぶ

    CCNAバーチャルラボNetworkVisualizer6 USBライセンス
    デジタルアーキテクト
    2008-11-18


    Network Visualizer 4.0 with BSCI(USB版)
    デジタルアーキテクト
    2005-03-25


    いい値段だけど、場所を取らないから、気軽に使えるかな?

    Ciscoルーター・シミュレータ「Dynamips」を使う--How to use Dynamips

    ルーターの動作をパソコンでシミュレートするツール「Dynamips」を使って勉強をするという手もあります。
    本物のIOSを使って動作をシミュレートするので,本物のルーターを操作するのと全く同じ感覚で操作できます。
    複数のルーター同士を接続したり,外部の「本物の」ルーターと通信させることもできます。
    フリーで開発されているツールなので制限もありますが,Ciscoルーターの勉強にはおすすめです。


    Dynamipsを使うには、Cisco IOS(Interface Operating System)を用意しなければいけないので、準備がちょっと面倒くさそう。
    Ciscoルーターの実機をヤフオク等で安く買って、IOSのバックアップを取る=コピーすると。
    (3600シリーズなら安く買えそうだった。バックアップを取ったら、即転売ですねw)

    「NS-2」というシミュレーターもありました。
    ns-2: 無料だが無愛想なネットワークシミュレータ - SourceForge.JP Magazine

    有線・無線ネットワークの研究者にとってns-2(オープンソースのネットワークシミュレータ)は値千金のツールだ。
    しかし、ns-2でシミュレーションシナリオを作るためにはOTclの修得が必須で、その壁を何とか越えないとns-2は使いこなせない。
    ns-2にチャレンジするには根気が必要だ。いろいろ試したり手を加えたり、かなりの手間を覚悟しなければならない。



    えらい使い勝手が悪そう?
    ネットワークスペシャリストの勉強で使うことはないだろうけれど、こんなフリーのツールも開発されている、ということで。

    NS2によるネットワークシミュレーション - 実験で学ぶQoSネットワーク技術
    銭 飛
    森北出版
    2006-10-27


    ●まとめ
    (1) ネットワークスペシャリストの過去問を演習する。
    (2) 紙の上で、ネットワークの設計、構築を行う。
    (3) シミュレーターを使って、ネットワークの設定、構築を行う。

    こんなかんじで行ってみよう!




    テレポテーションcapsule

    キミのテレパシー 届いているよ

    世界のどこへでもテレポテーション


    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/679-27b160da

    FC2Ad