ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    XenServerでサーバ仮想化

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - XenServerでサーバ仮想化 あとで読む
    サーバ仮想化の技術として、XenServerが紹介されていました。
    KVMよりも、導入時の学習コストが低いでしょうか?



    Xen (仮想化ソフトウェア) - Wikipedia

    Xen(ゼン)は仮想マシンソフトウェアである。

    Xenの特徴
    仮想化モデル

    準仮想化(ParaVirtualization)
    Xenは準仮想化と呼ばれる実装手法を標準採用している。 実在のハードウェアを完全にエミュレートする代わりに、仮想マシン環境を実現するのに都合の良い仮想的なハードウェアを再定義する。 この仮想ハードウェアは、実在のハードウェアに似ているが、操作をするためにはハイパーバイザコールを呼び出す必要がある。 Xenはこのハイパーバイザコールの要求に応じて、仮想マシン環境に変更を加える。

    この実装手法はエミュレーションのオーバーヘッドを最小限に抑えることができるため、性能面で大きなアドバンテージがあるが、 OSをXen仮想ハードウェア上に移植する必要がある

    完全仮想化(FullVirtualization)
    Xenはハードウェアの完全仮想化機能も提供している。この機能を利用すると、実ハードウェア用に用意されたOSをそのままXen上で動作させることが可能となる。

    この完全仮想化機能が提供する仮想マシン環境内のOSは、特権モードで動作し完全に物理ハードウェアを支配しているかのように振る舞う。実際には、仮想マシン側のOSが仮想ハードウェアを制御する命令を実行したとき、仮想ハードウェアがそれを検出し、例外のようなものが発生してXenに制御を渡す。制御を渡されたXenは、OSが行おうとした処理を分析し、仮想ハードウェアの動作をエミュレートする。完全仮想化の環境は、準仮想化方式に比べると、エミュレーションのためのコストが大きくなるが、ソフトウェアをユーザの手で変更することが難しいWindowsなどのOSも動作させることができる

    エミュレーションのオーバヘッドを最小限に抑えるために、デバイスドライバのみ準仮想化されたものを用いることも可能である。



    去年のネットワークスペシャリスト試験は、仮想化祭でした。
    今年は、仮想化もバッチリにしておきたいと思います。

    すべてわかる仮想化大全2011 (日経BPムック)
    日経BP社
    2010-10-12
    ★★★★☆


    Xen徹底入門 第2版 (CD-ROM付)
    宮本 久仁男
    翔泳社
    2009-09-15
    ★★★★★


    仮想化技術Xen-概念と内部構造
    David Chisnall
    毎日コミュニケーションズ
    2008-08-20
    ★★★★☆


    まあ、どっちかっつーと、XenよりもKVMで、さくらのVPSと同じような環境を構築してみたいわな。
    関連記事

    コメント

    はじめまして、今サーバー仮想化関連の知識勉強している最中です。とても面白い文章ですよね、勉強になりました。

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/670-97ba0a6b

    FC2Ad