ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    ポモドーロ・テクニック

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ポモドーロ・テクニック あとで読む
    モチベーションを高める方法として、「ポモドーロテクニック」という方法があることを教えていただきました。

    いまさらGTD - きっちゃてん!

    人によって「どうしたらモチベーションがあがるのか」はまちまちですので、一概には言えませんが、やはりおっしゃるように「達成感」が王道なのではないでしょうか。
    その方法は、ポモドーロテクニックをオススメします。
    ポモドーロテクニックも「集中する」ということに主眼をおいていますので、目の前のことに短時間で集中して取り組むことによって「自分は短時間にこれだけのタスクを処理できるんだ」と「自己実現」が得られます。
    モチベーションをあげるのに、達成感・自己実現を得ることは一番の助けになるかと思います。



    ポモドーロテクニックって、どんな方法なんだろう?
    ポモドーロテクニック - Google 検索

    アジャイルな時間管理術 ポモドーロテクニック入門
    Staffan Noeteberg
    アスキー・メディアワークス
    2010-12-16
    ★★★★☆


    ●ポモドーロテクニックとは?
    「Pomodoro Technique(ポモドーロ・テクニック)」25分単位で集中する時間管理術

    Pomodoro Technique(ポモドーロ・テクニック or ポモドーロ法)とは、Francesco Cirillo氏が1992年、自身の勉強効率を上げるために考案した時間管理術。25分を単位「1ポモドーロ」とし、その間集中してタスクを片付けます。



    ポモドーロ テクニックの手順

    1. 25分 = 1ポモドーロ と呼ぶ。今日やるべきタスクを25分刻み(1ポモドーロ)に分割し、ワークシートに早く片付けるべきタスクから書き込む。ポモドーロ数分の「□(チェックボックス)」をタスク名の横に書く(例えば50分かかる作業なら2ポモドーロなので、2つのチェックボックスを書く。短時間で完了するタスクは合わせて25分になるようグループ化し、1ポモドーロにする。
    2. タイマーを25分(1ポモドーロ)にセットして開始。タイマーが鳴るまで他のことは一切しない。選択したタスクに集中する。
    3. タスクが完了したら、シート上の完了したタスク横のチェックボックスに×印を付ける。
    4. 3~5分の小休憩をとる。
    5. ステップ3~5を繰り返す。4ポモドーロ(約2時間)ごとに、長い休憩(15~30分)を取る。
    6. 上記を繰り返す。



    ポモドーロ テクニックのルール

    - 予定外や急ぎの割り込みタスクが入った場合は、その場でリストの最下部に記録。現在進行中のポモドーロ(=タスク)が完了次第処理する。
    - 実行中のポモドーロを中断しなければならないくらい急ぎの場合は,現在のポモドーロ(=タスク)を中断して無効にする。
    - 5~7ポモドーロ以上かかるタスクは、途中で分割する。
    - いったんポモドーロが始まれば、終了のベルが鳴るまで集中すること。
    - ポモドーロ・テクニックは自由時間には使わない方がいい。自由時間は自由に楽しむこと。
    - 内的要因による中断(集中できないなど)
     >> 席を立って何か飲み食いしたり、ネット閲覧をして気分転換する。
     >> ワークシートのチェックボックスに「 '(アポストロフィ)」を付け、タスクを阻害したものを明記する。
     >> 差し迫っていて先送りできないタスクなら、タスクリストの下に付け加えて再度実行する。
     >> 一旦アポストロフィを記入したタスクの再実行中は、完了する意思を強く持つこと。終了のベルがなるまで続ける。
    - 外的要因による中断(同僚の質問などの社会的な要因)
     >> シートに「 - (ダッシュ)」を付け、タスクを阻害したものを明記しておく。
     >> シートは後で(関係する人との)交渉材料とする。



    ●ポモドーロテクニックの創始者、Francesco Cirillo 氏
    Cirillo's Scrapbook
    Francesco Cirillo氏

    Pomodoro Technique 本家サイト
    Pomodoro Technique Cheat Sheet(チートシート)
    Pomodoro Technique Cheat Sheetの和訳 koeだめ

    ●ポモドーロテクニックの効用
    ポモドーロテクニックでモニタリング力アップ - 渋日記

    ポモドーロテクニックを初めてすぐに実感する効果が、集中力のアップです。
    でも、実践してみると違う効果が見えてきます。自分の今の集中力やがんばり具合がモニタリングできるようになってきます。

    「自分の様子が分かる」というのは一番大事なことです。
    PDCAを回すにしても、何を改善するにしても、自分が分かるのが最初の第一歩です。
    今まではなんとなく、だったのが時間や数字で見えてきます。

    本の訳者の言葉では、GTDとの組み合わせを紹介しましたが、究極的には制約理論(TOC)と組み合わせて行くのがいいかな、と思っています。自分のアウトプットを極大化するには、です。



    ・集中力のアップ
    ・自分の状態を把握
    ・ボトルネックの発見
    ・GTDやTOCとの併用で相乗効果を発揮

    Pomodoro - 時間管理へのアジャイル的アプローチ InfoQ

    Pomodoro Technique というパーソナルな時間管理手法が,アジャイル実践者の間で人気を獲得しつつある。Pomodoro には,アジャイルチームが使用するものによく似たプラクティスがいくつも含まれている。time-boxing,調査と順応(inspect-and- adapt)の繰り返し実施,ローテク志向のツール選択,継続可能なペースの維持に重点を置いている点,などだ。



    Francesco Cirillo 氏がこの手法の開発を始めたのは,学生であった80年代のことだ。彼は当時,集中力を削ぐような雑用や割込みを減らして勉強時間を質的に向上する方法を模索していた。

     そこで私は,自分でも情けないくらい簡単な賭けをすることにしたのです。「10分間,本当に集中して勉強することができるか?」と。そして客観的な証明手段,つまり時間を教えてくれるものが必要になりました。そこで見つけたのが pomodoro(イタリア語でトマトのこと)の形をしたキッチンタイマだったのです。

    そして数年間にわたる改良の後,1992年頃には現在の基本形が出来上がった。



    「ポモドーロ」ってのは、イタリア語で「トマト」のこと。
    トマトの形をしたキッチンタイマーを使うってことが、ポモドーロテクニックの命名由来なんだな。

    Pomodoro Technique 4989

    個人的には、マネージャなど割り込みが多く、その割に作業が不定形な立場の人向けなんじゃないかと思う。
    また、1Pomodoroが25分単位なので、途中の割り込みがあっても「15分待って!」とかであればいいやすく、結果として中断を防止できるような予感。
    あと重要なのは、GTDのプラクティスと併用できそうなところ。



    管理するタスクは、定形よりも不定形の方が向いている?

    ポモドーロテクニックとは何か? - シゴタノ!

    集中して休むメンタルタフネス
    結局のところ、「私たちは、事前に自分が決めた行動をとれなくなっていることが問題だ」ということなのです。もっといえば「事前に自分が決めた行動を裏切ることが習慣になっている」ということなのです。

    そういう要素はいっぱいあります。情報から光から臭いから音まで。何でもかんでも私たちの注意を奪おうと躍起になっています。

    ポモドーロ・テクニックとは、トマトのタイマーが集中を持ってきてくれるというものではありません。そういうことはありえないことです。そうではなく、事前に決めたリズムという自由に、しばらく身を任せて、干渉を許さないという状況を設定するのが目的です。

    理想的には、その先に至ることが望ましいでしょう。つまり、25分計をスタートさせる前から、生じるであろう集中感覚をイメージできるようになることです。そこまで行けば、タスク処理にもある種の開放感が実感されるはずです。



    なるほど!
    ・スタートする前に、途中経過やゴールの状態をイメージしておく。
    ・事前にゴールが見えていることによって、途中で挫折しにくい、ゴールへアプローチしやすくなる。

    プランニングの鉄則として、「ゴール地点からスタート地点に向かって遡り、目標達成のためには、今どんな条件を揃える必要があるのか?」を割り出す。
    =必要条件と十分条件を検討するための、逆算的な思考である。

    クリティカルチェーン―なぜ、プロジェクトは予定どおりに進まないのか?
    エリヤフ・ゴールドラット
    ダイヤモンド社
    2003-10-31
    ★★★★☆


    今敏さんに学ぶやる気の出し方 - 浜村拓夫の世界

    ●メメント・モリ
    「自分が死ぬとき、何を想うだろうか?」
    未来の自分から、今の自分へメッセージを送ることを想像してみよう。
    自分が死ぬ時に人生を振り返って、そのときの想いを今の自分にフィードバックするのだ。



    ポモドーロ・テクニックは、
    ・得られる「結果」を明確に理解した上で、実行を開始する。
    ・途中で脇道に逸れないように、作業実行中の自分をゴールに導く手助けとなる。
    ということがポイントだな。

    ポモロード・テクニックは、ゴール地点からスタート地点に対して、正のフィードバックをもたらすように組み立てると。
    つまり、ゴール地点に一人(案内人)、スタート地点に一人(運転手)という具合に、二人の自分を設けて、ゴール地点にいる自分がスタート地点や途中経過の段階にいるもう一人の自分に向かって、指令を出すイメージ。
    アジャイル・プラクティスでいえば、ペアプログラミングを一人で二役やりながら進めていくかんじ?

    タスクを25分単位で回せ! 書評「ポモドーロテクニック入門」 - No Second Life

    俯瞰する戦略と実行する戦術
    ネーミングがユニークで、「とにかく25分やったら5分休憩」という部分が分かりやすいのがポモドーロテクニックの優れたところだが、実は重要なのはその点でだけではない。
    個人的に一番重要だと思うのが、計画・立案をする部分と、実行・処理する部分が分離している点だと思っている。

    僕は週に一度月曜日に「アクティビティ在庫リスト」を更新することにしている。
    この「アクティビティ在庫リスト」を考える時、僕らは完全に戦略家として物事を考える。
    「このプロジェクトのこの件は、急ぎではないけれど、早めに手を付けておくべきだな」とか、
    「季節の挨拶のメール、あの方とあの方には出しておかなくちゃ」など。
    これらは日常の忙しさや惰性からは一旦離れて、理想的な優先順位で立案されるべきだ。

    そして実行段階においては、僕らは優先順位や作業の複雑さは一切考慮せず、戦略家が決定した優先順位に乗っ取って、ただ機械的に最高の効率で物事を処理していくのだ。
    実行段階でいちいち、「あーこの人にメール書くべきかなあ」とか「このプロジェクト、複雑で面倒だから、明日に延ばしちゃってもいいかなあ」などと考えるのは時間の無駄なのだ。
    計画と実行、ここの棲み分けがとても分かりやすくて実行に移しやすいのだ。

    まとめ
    このポモドーロテクニックは、中・長期的なビジョンを俯瞰的に決めるという機能は持っていない
    アクティビティ在庫リストは、せいぜい一週間先程度のタスクまでしか管理できないだろう。
    そういう意味では、ポモドーロテクニックはタスク実行のための時間管理術と言える。
    従って、自分の10年後の目標、5年後の目標などを定めて誘導する中・長期的な管理手法と併せて使うことで真価を発揮するテクニックだろう。



    ポモドーロ・テクニックのメリットは、実行段階で悩む時間(=無駄)が入らないようにすること。
    「戦略」と「戦術」の違いに着目すれば自明と。

    戦略と戦術 - nplll
    ・戦略(strategy) → 目的 → 固定要素
    ・戦術(tactics) → 手段 → 変動要素

    ●キッチンタイマー集中法
    以前、「キッチンタイマー集中法」という時間管理術をやっていた。

    キッチンタイマー集中法 - 浜村拓夫の世界

    元NHKアナウンサーの吉田たかよし氏が考えた方法で,その名も「キッチンタイマー集中訓練法」という。



    不可能を可能にする 最強の勉強法―究極の鉄則編 (PHP文庫)
    吉田 たかよし
    PHP研究所
    2005-09
    ★★★★☆


    PM あと51日 キッチンタイマー集中法 - 浜村拓夫の世界

    15分を一単位として、15分作業をやっては小休止を入れて、を繰り返している。
    15分を測るのに、キッチンタイマーが役に立っている。

    タニタのバイブレーションタイマーは、とても便利だ。
    時間が来たら、ブザー音を鳴らして知らせることもできるし、ブザー音の代わりにモーターの振動で知らせることもできる。
    図書館など、静かにしていなければならない場所では、とても重宝する。



    TANITA バイブレーションタイマー24時間計 クイック TD-370
    タニタ
    ★★★★☆
    メーカー型番: TD-370
    カラー: ブルー
    電源: DC3V CR2032ボタン型リチウム電池1個使用
    サイズ: 幅55×奥行15×高さ38mm
    重量: 約28g(電池含む)

    いや~、最近全然キッチンタイマー集中法をやってなかったけど、このタニタのキッチンタイマーは、ほんま便利でっせ~。

    Amazon.co.jpを見たら、別メーカーの薄いカード型タイプのタイマーもあった。
    震えてお知らせ バイブレーション機能付き カード型デジタルタイマー 「バイブカード」 ブルー T-155BL
    DRETEC
    ★★★☆☆
    メーカー型番: T-155BL
    サイズ: 85×55×5.2mm(電池部を除く)
    重量: 28g
    材質: ABS
    付属品: アルカリボタン電池LR44×2個

    踏ん付けたら、バキッと折れそうで怖いけど、薄くて便利そうだなー。
    (構造的に、強度ではタニタの方が上だと思う。)

    ・キッチンタイマー集中訓練法は、15分の実行時間を繰り返す。
    ・ポモドーロテクニックは、25分の実行時間(+5分の休憩時間)を繰り返す。

    似たようなもんだと思うけど、ポモドーロテクニックの効用を参考にすると、
    ・準備時間: 1分~2分。スタート前に、ゴールをイメージしておく。
    ・実行時間: 15分~25分程度で1単位。
    ・休憩時間: 3分~4分。休憩する。
    という時間配分がいいかな?

    集中と休憩=緊張と弛緩のバランスを保つための時間配分は、どれぐらいが良いだろうか?

    最初に、ゴールをイメージする準備時間を設けてみる。
    最後の休憩時間は、次の準備時間とつながっている。
    このサイクルで、作業を組み立ててみて、ちょっと試してみるか。

    あー、そういえばこれ、寝る前に明日の予定をイメージする習慣と似てるな。
    =夜、寝る前に次の日にやることを決めておくと、早起きできて迅速に行動できる。
    (翌日の遠足に行くのを楽しみにしている小学生の心理状況みたいなもんかな?)
    これを、日々の生活の中で、もっと短いタイムスパンで実践すれば良いと。
    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/669-030a8ada

    FC2Ad