ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    プログラムのバグで懲役3年(笑)

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - プログラムのバグで懲役3年(笑) あとで読む
    新しい法律ができました。
    日本では、プログラムにバグがあった場合、懲役3年または罰金50万円の刑事罰が課せられることになりました。
    この法律をバンバン適用すれば、日本のソフトウェア産業は壊滅しちゃいますね!(笑)

    バグを放置したら逮捕? 話題の「ウイルス作成罪」の改正刑法が成立

    改正刑法の正式名称は「情報処理の高度化等に対処するための刑法等の一部を改正する法律」です。改正案は5月31日の衆議院で可決されており、6月17日の参議院での可決により成立しました。

    この改正では、ウイルス(不正指令電磁的記録)の作成者に対して3年以下の懲役または50万円以下の罰金を課します。ウイルスの定義に触れている該当の条文を引用します。



    情報処理の高度化等に対処するための刑法等の一部を改正する法律

    第百六十八条の二 正当な理由がないのに、人の電子計算機における実行の用に供する目的で、次に掲げる電磁的記録その他の記録を作成し、又は提供した者は、三年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。

    一 人が電子計算機を使用するに際してその意図に沿うべき動作をさせず、又はその意図に反する動作をさせるべき不正な指令を与える電磁的記録

    二 前号に掲げるもののほか、同号の不正な指令を記述した電磁的記録その他の記録



    第177回国会 法務委員会 第14号(平成23年5月27日(金曜日))

    大口委員 それから、プログラム業界では、バグはつきものだ、バグのないプログラムはないと言われています。そして、例えば、無料のプログラム、フリーソフトウエアを公開したところ、重大なバグがあるとユーザーからそういう声があった、それを無視してそのプログラムを公開し続けた場合は、それを知った時点で少なくとも未必の故意があって、提供罪が成立するという可能性があるのか、お伺いしたいと思います。

    江田国務大臣 あると思います。



    わざとウィルスを作成しただけじゃなくて、不注意でバグを残した場合でも有罪になるってさ。

    この法律は、いったい何を目的として運用されるのか?
    もしも、政府や公共機関が提供しているサービス、プログラムにおいてバグを発見してしまったら、国や役所を告発して、損害賠償請求を行ない、国民が金儲けをできる仕組みを提供してくれるということか?(んなわけないw)

    ●テストの重要性
    そもそも、バグを作りこまないように、テストを慎重にやるようにしたら良いという解釈もできる。
    バグを作ったら逮捕されちゃう!ぐらいの緊張感を持ってプログラミングを行なえば、品質がアップするかな?
    デスマーチ+バグで逮捕=メンタルが崩壊するプログラマーが増えたりして!?

    はじめて学ぶソフトウェアのテスト技法はじめて学ぶソフトウェアのテスト技法
    リー・コープランド 宗 雅彦

    日経BP社 2005-11-03
    売り上げランキング : 21163

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools


    ●対処方法
    自分の身は、自分で守る~プログラマーは、どう対処すれば良いのか?

    ・作成したプログラムは、日本で使用しない。
    =海外向けに、プログラムやサービスを提供する。
    ・利用規約やライセンスに、瑕疵責任の所在を明記する。
    =ユーザーの自己責任で使ってもらう。バグがあっても作成者が責任を負わなくても良い仕組みを整える。

    故意にウィルスを作った場合じゃなくても、バグがあった場合にプログラマーが刑事罰を受けることを回避できる仕組みが整えられない限りは、日本でソフト開発をしない方がいいだろう。
    マーケットは日本だけじゃない。
    この機会に、世界へ打って出れば良い。

    日本のロリータファッションはここまできてる

    関連記事

    コメント

    これって

    日本でのオープンソースのソフトウェア開発が
    実質上大幅に制限される危険性ありますよね

    プログラマーの支配

    確かに、オープンソースのソフトウェア開発にも、少なからず影響が出そうですね。
    =ライセンスや利用規約が厳しくなるとか。
    今後の推移を見守りたいと思います。

    プログラマーってのは、見方を変えれば、コンピューターの達人ユーザーですね。
    =コンピューターを思い通りに動かすことができる。

    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/blog-entry-507.html
    本当の意味でコンピュータリテラシーがあるというのは、つまりプログラミングができるということだ――。“パーソナル・コンピュータ”という概念の生みの親で、先進的なプログラミング言語「Smalltalk」やGUIというインターフェイスの開発者としても知られるコンピュータ科学者のアラン・ケイ博士は、そう言い切る。

    日本のプログラマーは、この法案を作成した人たちの言うことを聞かなければ、逮捕拘留される=支配下に置かれることになるでしょうか?

    法律がたくさんできるということは、穿った見方をすると、国民を縛り付ける力が強くなるということ。
    この傾向がより一層進めば、国民は税金を搾り取られるだけの奴隷みたいな存在になっちゃいますかね!?

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/655-64407ee5

    FC2Ad