ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    IPv6への移行

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - IPv6への移行 あとで読む
    IPv6デーなるキャンペーンがありました。

    IPv6 Ready Logo


    World IPv6 Day - Yahoo! JAPAN

    World IPv6 Dayとは
    Yahoo! JAPANをはじめ、Yahoo! Inc.、Google、Facebook、Akamai、Limelight Networksといったインターネットサービス事業者が、一斉に特定の1日(24時間)に限定して自社ウェブサイトのサービスをIPv6で提供するテストを行います。

    このテストの目的はISPやハードウェアベンダー、OSベンダー、ウェブサービス事業者などを含む業界の各団体においてIPv6導入のモチベーションを高め、IPv4アドレス枯渇により今後必然になるといえるIPv6への移行を成功させることです。

    日本時間では2011年6月8日午前9:00から翌6月9日午前8:59まで参加事業者のウェブサイトがIPv6対応を行う予定です。

    Yahoo! JAPANの調査では、World IPv6 Dayの期間(2011年6月8日午前9:00から翌9日午前8:59まで)、Yahoo! JAPANのトップページを閲覧できなくなるお客様(全体の約0.2%前後)が出ることを想定しています。これは上記期間のみの現象となり、6月9日午前9:00以降はこれまで通り閲覧いただけます。



    2011年6月8日(水)の9時からスタート。
    丸1日、IPv6の接続テストが実施される。
    で、もしかしたら、Webが見れなくなりますよ、と。

    まあ、0.2%のユーザーが見れないかもしれん、というなら、見れない人はある意味スゴイ!(希少価値?)

    ●ネットワークスペシャリスト試験
    IPアドレスの枯渇 → IPv4からIPv6への移行 → 今後、IPv6の知識は必須になる → 今年のネットワークスペシャリスト試験に出るかも?
    …ということで、IPv6は使えるようにしておかないといけないね。

    IPv6 - Wikipedia

    IPv6(アイピーブイ6、アイピーバージョン6、Internet Protocol Version 6)とはインターネットプロトコルの次世代版 (Version 6) となる通信プロトコルである。

    現在、主流のIPv4にかわるものとして、それまで約 2^32(= 約42億)個であったIPアドレスを約 2^128(= 約340澗)個まで使えるようにしたのが大きな特徴の一つである。340澗個のアドレスとは、340兆の1兆倍の1兆倍のアドレス空間があるということである。この値は、事実上無限大であると考えても差し支えないほど大きい。



    ●IPv6が使えないリスク
    IPv6に移行しない場合のリスクは何? - ITpro

    IPv6移行しなかった場合に起こりうる損失」とは、具体的に何なのだろう。例えば広く一般に使われているWebサービスの提供企業では、IPv6移行の準備が必要になるケースがある。IPv4グローバルアドレスが枯渇すると、長期的に「IPv4を割り当てられず、IPv6だけにしかアクセスできないユーザー」が出てくる可能性があるためだ。とは言え、ISPの手持ちの在庫はすぐには枯渇しないので、こうしたユーザーが出てくるのは早くても2012年以降だろう(関連記事)。実際にはもっと後になるかもしれない。登場するとしても、最初はIPv4ユーザーより少数だと考えられる。

    この「IPv6だけしか持たないユーザー」がアクセスできないことが、自社サービスにとってどのくらい損失になるかを試算し、必要ならIPv6対応しておく。例えば、「全ての人がアクセスできること」が前提になっている公共機関のサービスなどでは、対応しておくという判断もあるだろう。

    今後は端末のOSやインターネット接続サービスに否応なしにIPv6が入り込んでくる。そうすると、管理者が自社の機器のIPv6状況を把握していなかったり、IPv6について詳しくなかったりすること自体がリスクになる。自社のネットワークでIPv6が必要かどうかにかかわらず、管理者はIPv6について深く知っておく必要がある」と話してくれた。

     さて、ここから先は宣伝となる。日経NETWORKでは6月初めに「絶対わかる!IPv4枯渇対策&IPv6移行超入門」というムックを発行する。IPv4グローバルアドレス枯渇の歴史的経緯、IPv4とIPv6の共存期に必要になる技術などを幅広く解説した一冊だ。日経NETWORKで過去に掲載した特集の再録のほか、通信事業者などの担当者からの寄稿を新しく収録している。IPv4枯渇、IPv6移行に興味をお持ちの方はぜひ手にとってみてほしい。



    危機感を煽って、自社の本を買わせる…うまい商売だ。
    しかも、「絶対にわかる!~」というタイトルもイイ。(つかみは上々)
    思わず、読んでみたいと思ってしまった。

    絶対わかる!IPv4枯渇対策&IPv6移行超入門絶対わかる!IPv4枯渇対策&IPv6移行超入門
    日経NETWORK

    日経BP社 2011-06-07
    売り上げランキング : 1033

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools


    ●さくらのVPSでIPv6
    さくらのVPSでもIPv6が使えるから、試してみるか?

    IPv6接続テストサービス「さくらの6rd」(トライアル)提供のお知らせ
    さくらの6rd(トライアル) - さくらインターネット研究所

    あきみちさんのIPv6関連の記事が参考になります。

    WebプログラマのためのIPv6入門 - @IT

    IPv4アドレス枯渇/IPv6関連ブログ記事一覧 - Geekなぺーじ

    IPv4とIPv6の違い - Geekなぺーじ

    IPv4枯渇~これからのインターネットの変化とデータセンター~@HOSTING-PRO - Geekなぺーじ

    IPv4とIPv6の共存って、どうやってるのか?

    IPv6 デュアルスタックとトンネリング

    デュアルスタックとは【dual stack】 - IT用語辞典

    IPv4とIPv6とを共存させて用いるための技術。
    IPv6へ移行するための過渡的な技術の一つである。
    IPv4とIPv6とは異なったプロトコルであるため、両方を同時に使用するためにはトランスレータを用意するか、IPv6パケットをカプセル化するなどの方法を採る必要がある。

    デュアルスタックは、そうした手間を払うことなく、一つのルータやマシンがIPv4とIPv6のアドレスをそれぞれ持って両プロトコルを混在させることができる点が特徴となっている。
    現在のIPv6対応機器のほとんどはIPv4にも対応しており、デュアルスタックであると言える。
    こうした傾向はIPv6が普及しきるまで続くと予想されており、デュアルスタックなネットワーク機器が今後の主流になるという予測もある。



    まずは、IPv4とIPv6の違いを理解して、IPv6運用の技術、実装がどうなっているかを理解する必要があるな。
    前にチラッと見た記憶では、IPv6は、後出しジャンケンよろしく、IPv4の欠点を補うような洗練された仕様になっていた。
    =IPsecを標準でサポートしており、VPNを利用しやすいとか。

    ネスペの試験に出なくても、IPv6のプロトコールは勉強しとくよ。
    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/652-e9e2ed3a

    FC2Ad