ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    さくらのVPS コントロールパネルでOSを選択

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - さくらのVPS コントロールパネルでOSを選択 あとで読む
    さくらのVPS インストールまとめ - 浜村拓夫の世界

    ●VPSのセットアップ
    さくらのVPSを利用開始するには、
    (1) コントロールパネルにログインする。
    (2) 仮想サーバを起動する。
    (3) 仮想サーバにOSをインストールする。
    (4) 仮想サーバにログインして、各種設定を行なう。
    という手順を踏みます。

    自分のパソコンを使うことに例えると、
    (1) パソコンの前に座る。
    (2) パソコンのスイッチを入れる。
    (3) パソコンにOSを入れる。
    (4) パソコンにソフトを入れる。
    という手順を踏むのと同じことですね。





    さくらのVPSを利用するときに、ログインが必要なページは、
    ・会員メニュー
    ・コントロールパネル
    の二つがあります。

    ・会員メニュー
    https://secure.sakura.ad.jp/member/
    「会員ID」「パスワード」を入力してログインします。

    ・コントロールパネル
    https://secure.sakura.ad.jp/vpscontrol/
    「IPアドレス」「パスワード」を入力してログインします。

    コントロールパネルは、会員メニューからも開けます。
    =先に会員メニューにログインしていたら、そのままVPSのコントロールパネルに移動できます。

    ●OSの選択
    ※VPSにOSをインストールする方法は、コースによって若干異なるので、詳細は公式マニュアルで確認します。
    さくらのVPS マニュアル

    上記(1)(2)の操作
    仮想サーバの起動・停止・再起動

    上記(3)の操作
    OSの再インストール - さくらのVPS 512(旧名称 さくらのVPS 980)の場合
    OSの再インストール - さくらのVPS(1G、1.5G、4G、8G)の場合
    カスタムOSインストールガイド

    上記(4)の操作
    リモートコンソールの利用

    マニュアルを読めば、OSのインストールまでは簡単にできます。
    その後の各種ソフトのインストールや設定作業では、Linuxやサーバ管理の知識が必要になってきます。

    ・OSの再インストール(OSのイメージデータをコピー)は非常に高速なので、失敗を恐れずに何度でも挑戦できます。(笑)
    ・デフォルトのゲストOS(CentOS)を選んだ場合、OSを再インストールしても、前に設定したrootのパスワードが引き継がれるので便利です。
    ・当ブログのインストールまとめ記事は、基本的にデフォルトのゲストOS(CentOS5.5 64bit版)の利用を前提にして、話を進めています。

    OSをインストールしたら、次はLAMPスタックを構築しましょう。
    ・Apache
    ・PHP
    ・MySQL

    さくらのVPS インストールまとめ - 浜村拓夫の世界

    独習Linux独習Linux
    小林 準

    翔泳社 2007-01-25
    売り上げランキング : 152999

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools


    実践CentOSサーバルート養成講座実践CentOSサーバルート養成講座
    田鍬 享

    秀和システム 2009-06
    売り上げランキング : 253219

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools

    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/629-3536951b

    FC2Ad