ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    東京大阪キャノンボール

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 東京大阪キャノンボール あとで読む
    福島原発の事故は、事態が収拾する気配がなく、何だかヤバくなって参りました。
    気の早い方は、すでに西日本方面や海外に脱出されていることと思います。
    ちょっと遠くに離れて、様子見ですかね?

    ●交通機関の麻痺
    東北大地震の影響を受けて、首都圏の電車は運休し、多くの帰宅難民を生み出しました。
    電車は止まるわ、道路は渋滞になるわで大変でした。
    オートバイや自転車は、その間もスイスイ移動してました。

    もしも、東京都民が一度に移動を始めたら、交通機関は混乱して麻痺するでしょう。
    そんなときは、自転車を使い、自分の力で脱出すれば良いかも。

    ●東京-大阪キャノンボール
    2chの自転車板では、東京-大阪間を1日で走り切る人たちのレポートが報告されています。
    東京-大阪間の走破は、通称「東京-大阪キャノンボール」と呼ばれているようです。

    キャノンボール - Wikipedia

    キャノンボール(Cannonball)は大砲(Cannon)の弾(Ball)を意味する英語。弾丸のように破壊力を持つ、または高速な物象に命名される。
    アメリカ大陸を横断する自動車レース。特に交通規則を無視して公道最速記録に挑む非合法レース
    上記のレースを元にしたアメリカ映画



    東京-大阪キャノンボールのコースがまとめサイトで紹介されていました。
    cannonball!!wiki

    Cannonball! 東京⇔大阪を一日で走る

    東京から大阪、あるいはその逆を一昼夜24時間で走破するために、最適なコースやスケジュール・装備などについて情報交換し検討しましょう。
    チャレンジした方は経験談を教えてください。
    注意:チャレンジする方は自己責任でおながいします。

    主ルート
    * 東京-小田原(R1)
    * 小田原-静岡
    * 静岡-名古屋
    * 名古屋-大阪



    平地巡航で、時速28キロ以上であれば24時間で東京から大阪で到着できるようです。
    ブルベの場合、平均時速15キロ程度とかが一つの目安なので、その倍の速度となると結構タフな走りになりますね。

    ブルベ - Wikipedia

    ブルベ(Brevet)とは、組織化され、制限時間内での完走の認定を伴う自転車での長距離ロングライドイベントのことをいう。
    参加者は、他のサイクリストと競うものではない。ブルベは耐久力、自律性及び自転車走行技術を試すものである。
    伝統的なブルベの距離は200km、300km、400km、600kmがある。



    ゆっくり走るなら、東京-名古屋間や東京-静岡間を1日で移動できればOK。

    ●道の駅
    幹線道路には「道の駅」という休憩所があります。

    道の駅 - Wikipedia

    道の駅(みちのえき)は、国土交通省(制度開始時は建設省)により登録された、休憩施設と地域振興施設が一体となった道路施設。
    道路利用者のための「休憩機能」、道路利用者や地域の人々のための「情報発信機能」、道の駅を核としてその地域の町同士が連携する「地域の連携機能」という3つの機能を併せ持つ。
    2011年3月3日現在、全国に970箇所ある。



    国土交通省道路局 | 道の駅利用案内
    テントを持っていけば、宿営できる道の駅もあるようです。

    ちょっくら自転車で小旅行にでも行ってみますか?
    まあ、西日本に移動しなくても済めばいいんですけどね。

    キャノンボール デジタル・リマスター版 [DVD]キャノンボール デジタル・リマスター版 [DVD]

    パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 2010-12-17
    売り上げランキング : 1123

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools

    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/614-465385b9

    FC2Ad