ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    原爆投下で爆笑 - イギリス人のブラックユーモア

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 原爆投下で爆笑 - イギリス人のブラックユーモア あとで読む
    被爆者を笑いものにするテレビ番組が、イギリスで放送されたというニュースがありました。



    BBC「QI」の出演者たちは実際に何を言っているのか? これが「被爆を嘲笑」? - 水川青話

    It was clearly the right kind of bomb. It's fine everybody, don't worry, it's the right kind of bomb.



    二重被爆者「世界一運が悪い」BBCお笑い番組

     【ロンドン=大内佐紀】英BBC放送が昨年12月放映した人気お笑いクイズ番組で、日本の被爆者が笑いのタネにされ、在英日本大使館が抗議していたことが20日、わかった。

     金曜夜の人気番組「QI」で12月17日、「世界一運が悪い男」として、広島と長崎で二重に被爆し、昨年1月に93歳で亡くなった長崎市出身の山口彊(つとむ)さんを取り上げた。司会者が「出張先の広島で被爆し、列車に乗って戻った長崎でまた被爆した」と説明すると、ゲストらが「でも、93歳まで長生きしたなら、それほど不運じゃない」「原爆が落ちた次の日に列車が走っているなんて、英国じゃ考えられないな」などとコメント、会場から笑い声が上がった。

     この間、スタジオには山口さんの写真やきのこ雲が掲げられた。

     番組を見た在留邦人から連絡を受けた在英日本大使館は今月7日、「原爆投下の問題をコメディー番組で取り上げるのは極めて不適切で日本人の国民感情を無視している」と抗議の書簡をBBCと製作会社に送った。

     17日になって製作会社から「配慮に欠けていた」などとする返答があったが、BBCからは回答がないという。
    (2011年1月21日20時02分 読売新聞)



    英BBCお笑い番組、二重被爆者を「世界一運が悪い男」

    2011年1月21日21時21分
     【ロンドン=伊東和貴】広島と長崎で二重被爆し、昨年93歳で亡くなった山口彊(つとむ)さんについて、英BBCが昨年12月に放映したテレビのお笑いクイズ番組で、「世界一運が悪い男」などと紹介していたことが20日、分かった。在英日本大使館はBBC側に書面で抗議し、番組プロデューサーは謝罪した。

     問題となったのは、昨年12月17日に放映された人気の番組「QI」。司会者が、長崎出身の山口さんが広島に出張して原爆で大やけどを負った後に鉄道で長崎に戻ったことに触れ、「英国なら電車は止まっている」と英鉄道の不備を自虐的にとらえる内容だった。だが、ゲストのコメディアンが「長崎で入院したのか」とつっこむと、スタジオから笑いが漏れる一幕があった。

     さらに、司会者が「山口さんが長崎に戻ると、また原爆が投下された」と述べると、観衆は爆笑。司会者は「二重被爆をして生き残ったのは、最も幸運か最も不運か」などと締めくくった。スタジオにはきのこ雲や山口さんの顔写真が掲げられた。

     在英邦人から指摘を受けた大使館は、今月7日、BBCと番組制作会社に「山口さんの経験をこういう形で取り上げるのは、不適切で無神経だ」と広報文化担当の公使名で書簡を送った。

     番組プロデューサーは今月17日、大使館への手紙で「(山口さんを)バカにする趣旨の番組ではなく、驚くべき経験を正確に伝えようとしたつもりだ。日本人の強さを真に称賛している」などと釈明しつつ、「(日本人)視聴者の気分を害してしまったことを非常に遺憾に思う」と謝罪の意を示した。抗議をした在英邦人にも非を認める内容のメールを送ったという。



    山口彊 - Wikipedia

    山口 彊(やまぐち つとむ、1916年3月16日 - 2010年1月4日)は、広島と長崎で2回にわたって被爆した「二重被爆者」の1人であり、2度の直接被爆が初めて認定された人物である。

    2009年12月22日には、米国の映画監督ジェームズ・キャメロンが病室を訪問し、原爆をテーマにした映画の構想について話した。それを聞いた彊は英語で「私の役目は終わった。後はあなたに託したい」と語ったという。
    2010年1月4日5時38分、胃がんのため長崎市内の病院で死去した。93歳没。



    ホロコーストで殺されたユダヤ人を笑いものにしたら、ユダヤ系人権団体の「サイモン・ウィーゼンタール・センター」に猛抗議されて、きっと社会的に抹殺されることでしょう。

    サイモン・ウィーゼンタール・センター - Wikipedia

    サイモン・ウィーゼンタール・センター(英:Simon Wiesenthal Center、略称SWC)は、「ナチ・ハンター」として知られたサイモン・ヴィーゼンタールの名前を冠するアメリカ合衆国カリフォルニア州のロサンゼルスにあるユダヤ人組織。



    マルコポーロ事件 - Wikipedia

    マルコポーロ事件(マルコポーロじけん)とは、1995年に日本の文藝春秋が発行していた雑誌『マルコポーロ』が、内科医西岡昌紀が寄稿したホロコーストを否定する記事を掲載し、そのことを理由として廃刊したこと、及び当時の社長の辞任や編集長が解任された事態を指す。

    雑誌発売を受けて直ちに、アメリカ合衆国のユダヤ人団体とイスラエル大使館が、同誌を発行する文藝春秋社に抗議を開始した。特にサイモン・ウィーゼンタール・センター(SWC)が内外の企業に対して、週刊文春をはじめとする文藝春秋社発行雑誌全体への広告出稿をボイコットするよう呼びかけたのは、同社への大きな圧力となった。



    原子爆弾を投下されて苦しんだ日本人を笑いものにするイギリス人のブラックユーモアのセンスには脱帽ですね。


    ●ユダヤ人と日本人の違い
    人種差別の言葉 ~ シンシャンション - 浜村拓夫の世界

    戦中は枢軸国の中で、ほぼ日系人のみ、長期的に強制収容所に入れられており、在米ドイツ人はなかった。
    日本人を差別的に呼ぶ用語にニップ、ジャップ等がある。


    東洋人を軽蔑する言葉として「シンシャンション」という言葉があるらしい。



    白人至上の人種差別主義者から見ると、日本人はゴミです。

    イスラエルの原爆投下 - 浜村拓夫の世界

    一部のユダヤ人は、ゴイム(goim 異教徒=ユダヤ教徒以外の人間)を殺してもかまわないと考えている。
    (選民思想はユダヤ人だけにあるものではなく、実際問題として、他の人間や生物を殺している人たちは、この地球にたくさんいる/いたわけだが。)


    リーバーマン党首は、ガザ地区での様々な闘争グループ、特にハマスとの対決に苦戦している、とした上で、「アメリカが第2次世界大戦を終結させるのに、日本のヒロシマやナガサキに原子爆弾を投下したことに倣い、イスラエルもガザ地区に原子爆弾を投下する必要がある」と述べています。


    歴史を振り返ると、科学技術の発展は、すべて殺人のために利用されていることが分かる。
    自分さえ良ければ他人はどうでもいい」という人間のエゴについて考えるとき、綺麗事だけでは済まされない。



    他国の歴史観に照らせば、日本民族はアメリカの奴隷です。

    日本はアメリカの属国 - 浜村拓夫の世界

    ある時、そこに名門ロスチャイルド家の関係者が訪れたことがある。”オックスブリッジ”の歴史学科を出ているその人物は、私たちに平然と「歴史を勉強していなかったら、ブタだ(人間じゃない)よ」と言い放った。


    独立国の定義、条件の一つは、自国に他国の軍隊が駐屯していないことだ。

    第二次世界大戦後、日本に在日米軍が駐屯している。
    =在日米軍は、日本政府の管理下にあるわけじゃない。
    =日本政府が、在日米軍の管理下にあるのだ。
    これは、日本政府と在日米軍の上下関係を見れば自明なことである。
    日本人が「在日米軍は不要だから出て行け」と言っても出て行くわけじゃない。



    日本の天皇の系譜は、結構適当らしいです。

    大室寅之祐とは - はてなキーワード

    南朝の子孫と自称していたために、長州藩が睦仁親王を暗殺した際にかわりにこっそりとすげかえたとされる長州・田布施の人。後の明治天皇とされる。



    いずれにしろ、GHQによって天皇の日本支配は終了しました。
    「原子爆弾を投下してくれて、ありがとうございました。」とアメリカにお礼を述べる日本人は、キチガイ以外はいないでしょう。

    小沢一郎氏の秘書逮捕に見る日本の独立運動史 - 浜村拓夫の世界

    1945年、日本はアメリカに原子爆弾を投下され、連合国軍に降伏した。
    アメリカは、生き残った日本の売国奴をかき集めて、政党を結成させ資金を提供した。
    戦後の日本は、アメリカによって統治されてきた。
    従って、アメリカの日本統治に反旗を翻す政治家は必ず失脚する。

    戦後世代の日本人はストックホルム症候群であり、アメリカの核の傘下で快適な生活を与えられることを望んできた。



    原子爆弾を投下したアメリカにこびへつらう日本人は、ストックホルム症候群であり、まさにキチガイという以外に表現方法がないのです。

    そんな日本だから、アメリカから独立するのは、まだ先の話になりそうですね。
    日本からアメリカ軍が出て行ったら、入れ替わりで中国軍が占領にやってくるでしょうか?

    国家が独立している条件 - 浜村拓夫の世界

    ・真に独立した国であるならば、外国の軍隊が駐屯している必要はありません。=なぜなら、独立しているのですから。
    なぜ日本は、アメリカに隷属しなければならないのでしょうか?

    第2次世界大戦の敗戦国のその後を見ると、敗戦後の対応によって、明暗が分かれていることがわかります。
    失敗しない人なんていない。それゆえに、大切なのは失敗した後の復旧の努力、軌道修正でしょうか?
    敗戦後の対応のツケが、戦後世代の日本人にも降りかかっているようにも思えます。
    今の日本には、マスコミによる3S政策(セックス・スポーツ・スクリーンによる愚衆政治)が跋扈しており、政治は単なる茶番劇と化しています。
    負け犬の日本人であればこそ、他人に依存せず、自分の立ち位置は自分で作るべきなのです。



    敗戦のツケが、まだ日本には残っているのです。
    原爆投下は、面白いことですか?
    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/600-1390753e

    FC2Ad