ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    石油を大量生産する藻類

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 石油を大量生産する藻類 あとで読む
    石油を作る方法が紹介されていた。
    石油を作る藻があるとのこと。
    この藻を育てれば、金持ちになれるだろうか?

    日刊ニログ:石油を大量生産する藻類を発見 2万ヘクタールの土地があれば日本の石油輸入量分の生産が可能に

    asahi.com(朝日新聞社):生産能力10倍 「石油」つくる藻類、日本で有望株発見 - サイエンス

    バイオ燃料の本命は...藻類になるのかも!? : ギズモード・ジャパン

    オーランチオキトリウム - Wikipedia

    オーランチオキトリウム(英語: Aurantiochytrium)は藻のひとつ。
    ラビリンチュラ類に属していて、光合成はしない。
    そのため光当てなくても石油を生産することを筑波大学の渡邉信教授らのグループが発見した。
    海などにすみ石油と似た成分を作り出す藻類はこれまでも知られていたが、油の回収や処理を含む生産コストは1リットルあたり800円程度かかるのが難点だった。
    今回の藻類ならその10分の1以下に下げられるという。



    沖縄に行って、「オーランチオキトリウム」という藻を取ってきたらよい。
    あとは、2万ヘクタールの土地があればOK。

    …って、場所がない。(笑)

    藻類に「石油」を作らせる研究で、筑波大のチームが従来より10倍以上も油の生産能力が高いタイプを沖縄の海で発見した。チームは工業利用に向けて特許を申請している。将来は燃料油としての利用が期待され、資源小国の日本にとって朗報となりそうだ。茨城県で開かれた国際会議で14日に発表した。

     筑波大の渡邉信教授、彼谷邦光特任教授らの研究チーム。海水や泥の中などにすむ「オーランチオキトリウム」という単細胞の藻類に注目し、東京湾やベトナムの海などで計150株を採った。これらの性質を調べたところ、沖縄の海で採れた株が極めて高い油の生産能力を持つことが分かった。

     球形で直径は5~15マイクロメートル(マイクロは100万分の1)。水中の有機物をもとに、化石燃料の重油に相当する炭化水素を作り、細胞内にため込む性質がある。同じ温度条件で培養すると、これまで有望だとされていた藻類のボトリオコッカスに比べて、10~12倍の量の炭化水素を作ることが分かった。

     研究チームの試算では、深さ1メートルのプールで培養すれば面積1ヘクタールあたり年間約1万トン作り出せる。「国内の耕作放棄地などを利用して生産施設を約2万ヘクタールにすれば、日本の石油輸入量に匹敵する生産量になる」としている。

     炭化水素をつくる藻類は複数の種類が知られているが生産効率の低さが課題だった。

     渡邉教授は「大規模なプラントで大量培養すれば、自動車の燃料用に1リットル50円以下で供給できるようになるだろう」と話している。

     また、この藻類は水中の有機物を吸収して増殖するため、生活排水などを浄化しながら油を生産するプラントをつくる一石二鳥の構想もある。


    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/584-b7cec4a7

    FC2Ad