ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    ウォーキングでうつ病を改善する

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ウォーキングでうつ病を改善する あとで読む
    歩くと、うつ病の改善に効果があるというニュースがありました。

    うつ病:運動療法が効果 薬効きにくい人も改善 再発率低く - 毎日jp(毎日新聞)

     うつ病を運動で治す試みが注目されている。薬の効きにくい人が改善することがあるほか、再発率が低いとの研究成果も出ている。

     首都圏に住む30代の男性会社員は、自宅近くを15分、週4回速歩きをしている。腕を大きく振り、ハアハアと息が弾むほどのスピードを保つ。終わるとじっとり汗をかく。2カ月後、気分が晴れてきたのを実感するようになった。

     「うつうつと家に閉じこもっていたが、今は友人とお茶をしたり、人と積極的にかかわれるようになった」と男性は話す。10年以上抗うつ薬を飲んでいるが、これほど変わったのは初めて。両親と電話で話すと「声が明るくなった」と言われた。夜寝て朝起きる規則正しい生活になり、会社への復職を考え始めている。

     男性が通う「青葉こころのクリニック」(東京都豊島区)の鈴木宏医師は「運動すると気分がすっきりして前向きになれる」と話す。大事なのは、一人一人に適した強度と頻度の運動を一定期間続けることだ。クリニックは患者の脈拍や最大酸素摂取量を測り、速度や運動量を指示。患者は週3~4回、計1時間程度の速歩きをする。

     歩くときは、信州大医学部が開発した計測器を腰につけ運動量を測る。「記録を確認できるので意欲が続きやすい」と鈴木医師。昨年の開院後、延べ約20人が取り組み、続けられた17人のほぼ全員に効果があったという。

     運動療法は、自殺を考えるような重いうつ病患者には勧められないが、軽症から中等症のうつや、自分の好きな仕事や活動の時だけ元気になる新型うつにも効果がみられるという。



    ●青葉こころのクリニック
    青葉こころのクリニック
    http://www.aoba-kokoro-c.com/

    最寄駅: JR 山手線巣鴨駅南口・都営三田線巣鴨駅 A1 出口 (徒歩3分)
    住 所: 〒170-0002 東京都豊島区巣鴨1-3-22 アドニスアマノ2F
    電 話: 03-5981-0556(まるいこころ)



    運動療法
    http://www.aoba-kokoro-c.com/treatment.html

    当クリニックでは、NPO法人JTRCと連携し、うつ病の運動法としてインターバル速歩を行っています。
    インターバル速歩はトレーニングマシンなどの特別な設備がいらない、誰でもどこでも簡単にできて、長く続けられるウォーキング方法で、その効果は様々な医学研究で証明されています。
    「ゆっくり歩きの3分間」と「早歩きの3分間」を交互に繰り返す、有酸素運動と無酸素運動の長所を取り入れた簡単な運動法です。「早歩き」の速さは、体力に合わせて個別に設定して、個人の目標で無理なく行うので、長期的に続けることができます。



    ●鈴木宏医師
    鈴木宏医師は、医師と同時にキックボクサーもやっていたという珍しい経歴をお持ちでした

    鈴木 宏 先生 ―元プロキックボクシングNJKFウェルター級チャンピオン・精神科医― | 臨床研修医情報 e-resident

    1971年 福島県生まれ

    1989年 福島県立医科大学医学部に入学
    大学時代にはキックボクシングにも励む

    1993年 キックボクシングでプロデビュー
    卒業後、同大学病院麻酔科で働きながら、キックボクサーとしても戦い続ける。

    1997年 NJKFウェルター級選手権(日本タイトル)を奪取し、日本チャンピオンとなる。
    その後も後楽園ホールのメインイベンターや本場タイ、オランダなどで活躍、世界の強豪選手に真っ向勝負を挑み続け、医療とキックボクサーの道を両立させる。
    麻酔科標榜医の資格を持ち、福島県山間部での在宅医療にも携わった。
    WMC世界スーパーウェルター級5位。

    2004年8月 キックボクシングを引退
    その後、新たに精神科医としてスタートを切る。

    2005年3月 「ドクター・キック―今ある命は宝物」(三五館)を出版
    リングネーム「青葉繁」をペンネームに変え、自らの闘いを執筆活動にも生かす。



    1日15分ほど歩くと、心身の健康維持に役立つようですね。

     うつ病を運動で治す試みが注目されている。薬の効きにくい人が改善することがあるほか、再発率が低いとの研究成果も出ている。

     首都圏に住む30代の男性会社員は、自宅近くを15分、週4回速歩きをしている。腕を大きく振り、ハアハアと息が弾むほどのスピードを保つ。終わるとじっとり汗をかく。2カ月後、気分が晴れてきたのを実感するようになった。

     「うつうつと家に閉じこもっていたが、今は友人とお茶をしたり、人と積極的にかかわれるようになった」と男性は話す。10年以上抗うつ薬を飲んでいるが、これほど変わったのは初めて。両親と電話で話すと「声が明るくなった」と言われた。夜寝て朝起きる規則正しい生活になり、会社への復職を考え始めている。

     男性が通う「青葉こころのクリニック」(東京都豊島区)の鈴木宏医師は「運動すると気分がすっきりして前向きになれる」と話す。大事なのは、一人一人に適した強度と頻度の運動を一定期間続けることだ。クリニックは患者の脈拍や最大酸素摂取量を測り、速度や運動量を指示。患者は週3~4回、計1時間程度の速歩きをする。

     歩くときは、信州大医学部が開発した計測器を腰につけ運動量を測る。「記録を確認できるので意欲が続きやすい」と鈴木医師。昨年の開院後、延べ約20人が取り組み、続けられた17人のほぼ全員に効果があったという。

     運動療法は、自殺を考えるような重いうつ病患者には勧められないが、軽症から中等症のうつや、自分の好きな仕事や活動の時だけ元気になる新型うつにも効果がみられるという。

     米国デューク大の調査では、薬物療法の後にうつ病を再発した人は38%だったが、運動療法をした人の再発率は8%だった。鈴木医師は「人には自然回復力がある。運動は主体的に取り組むためか、再発しづらい印象がある」と話す。

     専門知識が必要なため、運動療法を行う診療所はほとんどなく、健康保険もきかない。鈴木医師は、信州大運営のNPO法人で1カ月1万2600円で指導している。

     □   □

     聖路加看護大の小口江美子教授(予防医学)らは08~10年、薬が効かないうつ病患者4人に運動療法を併用したところ、うつ状態が改善し、日本精神神経学会などで発表した。休職・休学中だった4人は、4カ月~1年6カ月にわたってウオーキングに取り組み、全員が会社や大学に戻れた。

     「朝起きられず午前の活動が苦手なうつ病の人たちに、運動を日課にしてもらうのは大変だった。でも最後には笑顔も見られるようになり、歩く習慣も根付いた」と小口教授。

     うつの程度を測るハミルトンうつ病評価尺度(23以上は重症、7以下は回復)を調べたところ、ある大学生は運動前に22ポイントだったのに終了後は7ポイントに下がっていた。

     なぜ、運動すると気分が安定するのか。

     生物学的には、脳血流や脳内の神経伝達物質が増え、ストレスホルモンが安定するとされている。共同研究した慶大医学部の渡辺衡一郎専任講師(精神神経科学)は「ひきこもりがちの患者さんに日課ができることは大きい。定期的な体力測定で体力増強がわかり、励みになって意欲が増し、うつ症状の改善につながった可能性がある」と話す。

     各国では、運動の効果は認められつつある。渡辺講師によると、英国や米国テキサス州の治療ガイドラインは、軽症うつに運動を勧めている。

     慶大病院では年内にも、軽症者数十人を集め12~16週間にわたってウオーキングやジョギングの運動療法を試み、効果を確かめる研究を始める。冨田真幸助教(同)は「一人一人の体力にあった運動量をアドバイスする、テーラーメードの治療を行う。将来的には、運動でうつを予防する取り組みにつなげたい」と話している。【山本紀子】

    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/563-9e8829f6

    FC2Ad