ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    日本の三権分立や司法の独立は嘘?

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 日本の三権分立や司法の独立は嘘? あとで読む
    日本人なら誰しも薄々気付いていると思うけど、日本の国家運営って、実はいい加減なんだよね。
    本音と建前が乖離している。
    なぜか?

    日本の法律運用ってのは、「平等」を実現するためには機能していなくて、「長い物には巻かれろ」=妥協の産物でしかない。
    厳しい言い方になるかもしれないが、ストックホルム症候群の戦後日本国民は、良く言えば「お人よし」、悪く言えば「ただのバカ」。

    ・心が弱くて、勇気がない。
    ・自分さえ良ければ、他人はどうでもいい。
    ・本当の事を言えばぶっ叩かれる場合、怖気づいて嘘をつく。

    でも、これじゃ~ダメだね。未来の設計図がない。

    胡錦濤指導部の危機感 - 新潮社ニュースマガジン

     「船長の釈放は、あくまで検察の判断」と日本政府が繰り返したのは、余計な茶番だったかもしれない。そもそも中国は、「光華寮裁判を通じ、日本が標榜する三権分立や司法の独立が嘘だと見抜いている。押せば退くと知っているのだ」と外務省の元高官は明言する。



     「腰砕けの外交をさらけ出した日本、荒っぽく非理性的な外交を国際社会に印象づけて脅威論に新たな市場を与え、異質さをあらためて際立たせた中国――どちらも傷を負った。結果的に笑ったのは、日米安保体制を強化し南シナ海など中国が関わる領有権紛争に介入しようとしている米国だけだ」



    名もない顔もない司法―日本の裁判は変わるのか (NTT出版ライブラリーレゾナント)名もない顔もない司法―日本の裁判は変わるのか (NTT出版ライブラリーレゾナント)
    ダニエル・H. フット Daniel H. Foote

    NTT出版 2007-11
    売り上げランキング : 200479

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools


    ●光華寮裁判
    光華寮裁判 | Foresight

    京都市左京区にある、中国人や台湾人の留学生寮である「光華寮」の所有権をめぐる民事訴訟。
    1967年、寮を所有していた当時の中華民国(台湾)当局が、折からの文化大革命の影響を受けた大陸の留学生の立ち退きを求め京都地裁に提起した。
    一審途中の1972年、日中国交回復に伴い、日本が中華民国と国交を断絶し、中華人民共和国を「中国の唯一の合法政府」として承認したため、国有財産の承継など新たな争点が浮上した。

    問題が火を噴いたのは1987年、差し戻し後控訴審で大阪高裁が台湾勝訴の判決を下してから。
    同年1月には親日家とされた胡耀邦総書記が解任され、対日関係に一転、逆風が強まった。
    最高指導者だった小平・党中央顧問委主任は「2つの中国を認める企み」と判決に強く反発、日本は伊藤栄樹・検事総長らまで訪中させて三権分立や司法の独立を粘り強く説明したが、中国は頑として受け付けなかった。

    大陸留学生は最高裁に上告、その後20年間、審理がストップした。
    2007年1月、最高裁は突然、双方に意見書の提出を求め3月、日中国交回復に伴う政府承認切り替え時点から「中華民国はもはや原告当事者ではない」との理由から、所有権そのものについての判断は避け、先の控訴審判決を破棄、一審の京都地裁に差し戻し、実質的に台湾の敗訴が確定した。
    この間、一貫して中国は日本政府に圧力をかけ続けた。
    「最高裁は日本政府から働きかけを受けたし、少なくとも意向を汲んだのは間違いない。政治圧力に屈服した、司法の自殺行為だ」と複数の外務省高官は明言している。



    世論を気にしながら、日和見の判決を出す裁判所。
    弱い日本人相手だと厳しいが、外国からの圧力には弱い。

    ●ヒラメ裁判官
    裁判官 - Wikipedia

    近年の裁判官に対する批判
    日本の裁判官の人事は最高裁判所によって行われ、その評価は裁判所内で完結している。
    さらに最高裁判事の人事は内閣総理大臣が握っている。
    ユーザーの企業に対する評価のようなチェック機能が働いておらず、出世したいがために国や権力者に都合のよい判決ばかり出している裁判官が目立つという批判がある。
    そのように上ばかり見ている裁判官は「ヒラメ」のようだと「ヒラメ裁判官」と揶揄されることがある。



    日本には、内弁慶のヒラメ裁判官しかいないのか?

    司法官僚―裁判所の権力者たち (岩波新書)司法官僚―裁判所の権力者たち (岩波新書)
    新藤 宗幸

    岩波書店 2009-08
    売り上げランキング : 37225
    おすすめ平均

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools


    ●検察は論外
    検察が掲げる正義の正体=それは、「人に良く思われたい」というプライドに立脚した偽善でしかなかった。
    郵政不正事件=証拠の捏造→隠蔽→トカゲの尻尾切り→検察は裁判所以下~もはや論外。(笑)

    認証官 - Wikipedia

    認証官(にんしょうかん)とは、日本国においては、官職への任免(任命と免官)をするにあたって天皇による認証が必要とされている官吏のことである。
    形式的とはいえ宮中で天皇から直接認証されるためその地位は重要なものとされる。

    認証官の一覧
    内閣
    会計検査院
    人事院
    内閣府
    法務省
     検事総長
     次長検事
     検事長

    外務省
    裁判所
     最高裁判所判事
     高等裁判所長官



    昔からよく言ったもんだ。
    ・ブタもおだてりゃ木に登る
    ・バカと煙は高い所が好き

    アメリカ人のみた日本の検察制度―日米の比較考察アメリカ人のみた日本の検察制度―日米の比較考察
    デイビッド・T. ジョンソン David T. Johnson

    シュプリンガーフェアラーク東京 2004-07
    売り上げランキング : 43365
    おすすめ平均

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools


    ●貧乏な弁護士
    司法制度改革で、弁護士が増えた。=相対的に仕事は減る?
    営業力のない弁護士は、仕事にあぶれるしかない。

    突然ですが、弁護士を辞めます - Matimulog - BLOGOS(ブロゴス)

    今新人弁護士の多くが直面しているように、既存の法律事務所に雇われて給与をもらうという意味での就職は、かなり困難があるようだ。
    仕事がなければ、この方の書かれているような「お先真っ暗」ということになる。

    結局、時間をかけて、法律家による法務の領域を拡大していくしかないように思われる。
    従って当面は、お先真っ暗な状況に追い込まれる弁護士もある程度は出てくるのも仕方がないかもしれない。



    一日一冊弁護士の読書日誌プログ

    突然ですが,弁護士を辞めることにしました。
     
    ・・・理由ですか? もちろん,この業界のお先が「真っ暗」だからですよ。案件は減るわ,合格者はバカスカ増えるわ,執行部はアフォだわ,司法書士は幅をきかせるわで,もう業界全体が沈みかけの船みたいな状態です。こんな船からは一刻も早く逃げ出さなければならない,そう思ったからです。優秀で嗅覚の鋭い方は,もうとっくに逃げてますよ。
     
    ・・・今後ですか? 何もアテはありません。継げるような家業もないので,せいぜい会社員になるか,工事現場で交通整理でもやるか,そんなところでしょう。社会の歯車として,細々とやっていきます。
     
    とにかく,これでもう法律の勉強をする必要もなくなりますので,当ブログも終了とさせていただきます。今までご愛読くださった読者の皆様,どうもありがとうございました。
     
    最後に,今このエントリを読んでいる貴方にひとこと。

    このまま弁護士を続けていて,本当に大丈夫ですか?
     
    それでは,また会う日まで。



    現代の士農工商は、上記のキャストたちを配置すると、
    外国政府>日本政府>裁判所>検察>弁護士>納税者>無職
    という不等式で表現できるだろうか?
    弁護士でもメシが食えないって、どうなってるのさ!?
    納税者がギリギリ平民層で、税金を払えない無職が最底辺と。

    沈みゆく船を再び浮上させるのか、そのまま沈没させるのかは、一人一人の行動にかかっている。
    世代交代が進んだら、日本は良くなっていくだろうか?
    (良くなるとしたら、それはなぜ?)

    「期待はやがて失望に変わる」~他人を当てにせず、自分にできることを淡々とやっていくしかない。
    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/550-bf10b64e

    FC2Ad