ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    NW あと26日 - まるごとわかるネットワーク入門

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - NW あと26日 - まるごとわかるネットワーク入門 あとで読む
    ネットワークスペシャリスト試験まで、あと26日。

    あと26日しかない。
    まだ26日もある。

    瞬間瞬間を集中して過ごしていると、同じ時間でも価値は何倍にも膨れ上がる。

    成果=時間×密度


    集中すると、時を過ごす「密度」が高まるのだ。

    人生は一度きりだ。
    今日という日は二度と戻ってこない。
    今という瞬間は二度と戻ってこない。
    不可逆的な時間の流れの中で生じる、一回性の体験を積み重ねて、人生が形成されている。
    だから、人生でもっとも重要な時というのは、「今」なのだ。
    未来にも、過去にも、想いをはせても、それだけでは人生を改善する実行力をもたらさない。
    今できるベストを尽くせばそれでいい。

    ●ネットワークのスペシャリストとは?
    ネットワークスペシャリストと名乗るのためには、どの程度の技量が必要だろうか?

    ある物事を本当に理解しているかどうかの基準として、自分の言葉で説明できるか?という観点がある。
    ネットワークスペシャリストの問題が解ける=問題を解説できる=講師と同じレベルに到達している。

    ・ネットワーク技術について、他人に説明できるレベルに達してる必要がある
    ・実際に、ネットワークの設計、構築、運用ができる

    過去問(午後試験)をチラッと見たところ、業務レベルにおけるトラブルシューティングを想定しているようだ。
    自分の場合は、
    (1) LAN=Webサーバを中心に実務レベルの知識を習得すべきである。
    さらには、
    (2) WAN=インターネット利用に必要なのインフラを設計、構築、運用できる知識を習得する。
    という方針を立てて、レベルアップを図ろう。

    仕事頭がよくなるアウトプット勉強法 - 浜村拓夫の世界

    *スキルアップのための本は「薄い本&厚い本」
     薄い本はやさしくまとめてあるので、まず概略や基礎用語を頭に入れることに役立ちます。
     厚い本は難しいことや専門的なことも網羅されているため、辞書代わりに使います。



    まだ薄い本を読んでいる段階だが、残り時間を気にして焦らないようにしよう。
    今までの経験からすると、基礎が磐石になれば、応用の積み上げは一気呵成にできる。
    =モザイクのようにバラバラだった知識が有機的に結び付き、全体像が見えてくる。
    =急激に伸びる時期が来る。

    今読んでいる薄い本はこれ。

    イラストが豊富で、視覚的に理解しやすい。Amazonでの評判も上々だった。
    まるごとわかるネットワーク入門まるごとわかるネットワーク入門
    三上 信男 Gene

    技術評論社 2010-05-07
    売り上げランキング : 154574
    おすすめ平均

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools

    はじめに
     ネットワーク技術を難しく感じてしまうのは、ネットワーク構成の全体像がわかりづらいことが大きな要因でしょう。
     ネットワークの全体像をしっかりと把握することがネットワーク技術を理解する一番のポイントです。
     本書は、これからネットワーク技術の勉強をはじめる方たちが、ネットワークの全体像を把握していただくことを目的として執筆しています。LAN、WAN、IPアドレス、ルーティングなどネットワークの基礎技術を踏まえて、どのような機器でどのような機能・技術を利用してネットワークが構成されているかについて解説しています。本書で解説している全体像をしっかりと把握していただければ、より高度な技術の理解も深まっていくことでしょう。
     本書によって、読者の方々のネットワーク技術に関する感想が「難しそう」から「面白そう」に変われば幸いです。



    順番として、
    ・全体像を、まず先につかむ。(総論)
    ・細部の理解は、次の段階で行う。(各論)

    全体の設計図、地図を手に入れて、各部分の拡大図を用意すれば把握しやすいと。
    全体像を把握すると、どこまで勉強すれば済むのだろうか?まだまだ勉強が足りないんじゃないだろうか?という不安感が払拭されて、安心感が出てくる。
    =イメージとしては、一塊の羊羹を用意して、それを包丁でスパスパと切っていき、細分化していくかんじ。
    =どんなに細かく切っても、もともとの羊羹の全体量は変わらない。
    =対象の範囲は有限であり、無限に広がるものではない。

    全体は部分から成る

    コッホ曲線

    フラクタル図形のように細分化されることはあっても、一定の範囲内に納まっているのだ。
    ネットワーク技術は恐れるに足りず。

    今月中に、必要な基礎知識を全て習得(INPUT)できたら、それでOKとする。
    =基礎知識の棚卸として、「3週間完全マスターネットワークスペシャリスト 2010年版」を基準に据えてみる。
    解答(OUTPUT)の練習は、試験免除がないから、とりあえず午前の問題は固めておくか。
    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/537-f7f982de

    FC2Ad