ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    山形県の郷土料理「だし」

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 山形県の郷土料理「だし」 あとで読む
    夏場の食事には、山形県の郷土料理「だし」がおすすめです。
    漬物のように手軽に作れて、野菜がタップリ摂れます。

    だし (郷土料理) - Wikipedia

    だしは、山形県内陸部の郷土料理。
    夏野菜と香味野菜を細かくきざみ、醤油などであえたもの。
    ご飯や豆腐にかけて食す。

    作り方
    よく冷やした野菜を、五ミリ大に荒くみじん切りにし混ぜ合わせ、醤油や酒、うま味調味料などで味付けし、数時間から一晩置く。
    主に茄子、胡瓜などの夏野菜と、少量の紫蘇、茗荷、葱、生姜などの香味野菜を用いる。
    もっとも、身近な野菜であれば食材を選ばず、人参、ピーマンなどの冷蔵庫の残り野菜を何でも使うことができる。
    オクラや昆布、納豆昆布を使って、粘り気を出すこともある。
    各家庭によって、それぞれに異なった味付けがあるのも特徴。 

    食べ方
    出来上がった「だし」は、大皿に盛られ、各自が適量を温かいご飯に載せて食べるのが一般的。
    また、豆腐にかけて、冷奴の薬味の替わりとして食べられることも多い。
    蕎麦つゆと同量に入れ、麺に絡ませる食べ方もある。



    山形県の郷土料理「だし」


    ・粘り気を出すために「納豆昆布」をよく入れますが、夏場はスタミナを付けるために、「とろろ芋のすりおろし」や「モロヘイヤ」を使うのもおすすめです。
    ・ごはんの上に「だし」をかけて、さらに温泉卵や生卵を乗せると、おいしい混ぜご飯になります。

    ビニール袋で手早くできる!野菜のうまみが活きる漬け物ビニール袋で手早くできる!野菜のうまみが活きる漬け物
    (2009/08/19)
    新関 さとみ

    商品詳細を見る

    ●だしのバリエーション
    だしの材料、作り方はいろいろあるようです。=何でもOK?

    おらほの自慢「だし」 - 山形県ホームページ

    「だし」には、決まりきった作り方はなく、その地域、家庭、季節によって様々なバリエーションがあります。
    "なっとう昆布"や"オクラ"を入れてネバネバ感を出したもの、油揚げを入れたもの、唐辛子を加えて辛くしたものなどバラエティに富んでおり、それぞれ個性的です。



    山形の『だし』・・kikusui流 by kikusui [クックパッド]

    ~だしは色々な具で~
    ■納豆昆布
    ■昆布
    ■青唐辛子
    ■長芋
    ■モロヘイヤ+切り昆布
    ■めかぶ
    ■コンロで焙った油揚げみじん切り
    ■玉ねぎ
    ■いんげん+白胡麻+削り節




    君がいた夏は 遠い夢の中
    空に消えてった 打ち上げ花火


    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/502-89b93577

    FC2Ad