ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    入門Git

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 入門Git あとで読む
    「入門Git」を買いました。

    入門Git
    (2009/9/19)
    濱野 純

    商品詳細を見る


    プログラムのバージョン管理をGitを使ってやってみようと思います。

    Git - Wikipedia

    Git(ぎっと)はプログラムなどのソースコード管理を行う分散型バージョン管理システム。
    動作速度に重点が置かれている。
    Linuxカーネルのソースコード管理を目的として、リーナス・トーバルズによって開発された。
    現在のメンテナンスはJunio C Hamano(濱野純)が担当している。

    Gitではワーキングディレクトリがリポジトリの全ての履歴を含んでいるため、中央サーバへのアクセスが不可能な状態であってもリビジョン間の履歴を調査することができる。



    Gitは「ギット」と読むんですね。getが「ゲット」だから、gはガ行の音と。

    Git 公式サイト
    http://git-scm.com/

    Gitの入門書は3冊ありました。

    入門git
    (2009/8/12)
    Travis Swicegood (著), でびあんぐる (翻訳)

    商品詳細を見る

    最初は、Subversionとの連携方法も詳細に解説してあった「入門git」(Travis Swicegood 著)を買おうかと思ったけど、Subversionとの連携は頻度が少ないと判断して、これはネットで検索して補うだけで十分だと判断しました。

    実用Git
    (2010/2/19)
    Jon Loeliger (著), 吉藤 英明 (監訳) (翻訳), 本間 雅洋 (翻訳), 渡邉 健太郎 (翻訳), 浜本 階生 (翻訳)

    商品詳細を見る

    技術書の定番であるオライリー出版の本だったので、念のためチェックしました。
    ぱっと見、あまり分かりやすい説明ではありませんでした。

    ・Subversionとの連携方法は、必要なときだけネットで検索すればOK
    ・バージョン管理の概念から、Gitの使い方まで詳細に説明してあった「入門Git」に決定。
    ・著者の濱野さんが、Gitのメンテナーを務める日本人で、翻訳本にはないメリットがある。=日本人が書いた、日本人向けの分かりやすい文章。

    ということで、とりあえず「入門Git」をチョイス!
    バージョン管理システムを活用すれば、簡単にプログラムを作り直せるから、悩まないでどんどんコードを書いていこう!

    ●参考リンク
    Git入門
    http://www8.atwiki.jp/git_jp/

    Pro Git
    http://progit.org/book/ja/
    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/484-1b1c8f8d

    FC2Ad