ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    人類監視計画 - グーグルとエシュロンの合体

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 人類監視計画 - グーグルとエシュロンの合体 あとで読む
    情報を収集するシステムには、いろいろある。
    表のグーグル、裏のエシュロン。
    合法(表)と非合法(裏)に分かれていた情報収集手段がドッキングして、公然と姿を現わし始めた。
    今、我々が住む世界で、一体何が起こっているのか?

    世界政府 - 浜村拓夫の世界

    世界政府っていうものが仮にあるとして、そこで開発しなければならないはずのシステムは全部グーグルで作ろう。それがグーグル開発陣に与えられているミッションなんだよね」
    グーグルに勤める友人は私にこう言った。
    恐ろしいことを考えているんだなぁと思ったが、目が澄み切っている彼らは、こういうことで冗談は言わない。
    本気でそう考え、次々と手を打っている。



    グーグル:米情報機関に協力要請 「国家介入」で議論も

     【ワシントン古本陽荘】米ワシントン・ポスト紙などは4日、中国からサイバー攻撃を受けたと主張しているインターネット検索最大手グーグルが、米国防総省系の情報機関・国家安全保障局(NSA)に協力を要請したと報じた。サイバー攻撃からの防衛策に関する技術支援を求めたものとみられるが、個人情報を扱う企業だけに、国家機関の介入の是非を巡り議論を呼びそうだ。

     ポスト紙によると、グーグル側からNSAに、サイバー攻撃に対する防衛策に関し協力を要請。個人情報の保護などグーグルの社則に抵触しない形で協力を進めるための合意文書を作成中という。

     同社の広報担当者は毎日新聞の取材に対し、「これまでも米国政府の関係機関と連携しているとは発表しており、それ以上はコメントはできない」と語った。また、同社の関係者は「グーグル利用者の安全やプライバシーは十分に配慮されている」と強調した。

     NSAは米国土安全保障省などとは違い、国内犯罪を取り締まる法的権限を持たないことから協力対象として選ばれた可能性がある。

     一方、米国防総省が1日発表した「4年ごとの国防政策見直し」(QDR)では、中国のサイバー攻撃の能力に懸念を表明し、来年度の同省予算案にはサイバー司令部創設が盛り込まれた。また、情報機関のトップのブレア国家情報長官も2日の議会公聴会で、「悪意に満ちたサイバー攻撃がこれまでにない規模で、しかも極めて洗練された形で行われている」と証言し、米政府としてサイバー攻撃対策に本腰を入れる姿勢を強調。グーグル問題は国家間の対決構図の様相を帯びてきた。

     NSAは、暗号も含めた電波情報などの情報を収集し、分析する情報機関。世界中に広く張り巡らされた情報網「エシュロン」の運営主体として知られる。



    エシュロン - Wikipedia

    エシュロン(Echelon、仏:段)は、アメリカ合衆国を中心に構築された軍事目的の通信傍受(シギント)システムの俗称であり、アメリカ国家安全保障局(NSA)主体での運営とされる。ただしエシュロンの存在が公式に認められたことはない。



    アメリカ国家安全保障局 - Wikipedia

    国家安全保障局(こっかあんぜんほしょうきょく National Security Agency、NSA)とCSSはアメリカ国防総省の諜報機関である。

    1952年11月4日に設立された、国家情報長官によって統括されるインテリジェンス・コミュニティーの中核組織のひとつであり、海外情報通信の収集と分析を主な任務としている。合衆国政府が自国民をスパイするのは違法行為だが、他国へ諜報活動するのは違法ではない。海外信号諜報情報の収集活動に関して、計画し指示し自ら活動を行い、膨大な量の暗号解読を行なっている。また、合衆国政府の情報通信システムを他国の情報機関の手から守ることも重要な任務であり、ここでも暗号解読技術が鍵となる。

    アメリカ中央情報局(CIA)がおもにヒューミント(Humint、human intelligence)と呼ばれるスパイなどの人間を使った諜報活動を担当するのに対し、NSAはシギント(Sigint、 signal intelligence)と呼ばれる電子機器を使った情報収集活動とその分析、集積、報告を担当する。シギント活動を中心にCSSの協力により、合衆国の各情報部と連携して活動を行っている。法律によって「NSAは中将によって指揮される」と規定されている。

    なお、CSS(Central Security Service、中央保安部)は1972年の大統領命令によって設立された、NSAと一緒になってアメリカ国防総省のもとで国家情報活動の統合を行なう国家機関である。陸軍情報保安コマンド、海軍保安部、空軍情報部、海兵隊、沿岸警備隊とNSAが一体となって共同作戦を展開し、その長はNSA長官が兼務している。また、NSAは陸軍情報保安コマンド、海軍保安部、空軍情報部に監督権を持つ。



    世界の基軸通貨であるドル。
    中国が持っているドルは、今や日本よりも多い。

    なぜ、アメリカは中国を牽制しているのか?
    日本の円と違って、中国の人民元は、完全にアメリカのコントロール下には置かれていない。
    外貨準備高に注目して、アメリカと中国の利害関係を見ていくと、いろいろと面白い発見がある。

    Googleが何をやっているのか?
    答えは簡単だ。

    人にだまされないためには、その人が言っていることではなく、やっていることを見ればいい。
    現代ビジネスの鉄則=「情報は金になる」を肝に銘じておこう。

    エシュロン -対NSA網侵入作戦- [DVD]エシュロン -対NSA網侵入作戦- [DVD]
    (2008/06/04)
    マイケル・パークスマヤ・サンサ

    商品詳細を見る

    関連記事

    コメント

    原作「エシュロンキラー」

    エシュロンに盗聴されるようになった経緯とエシュロンに対抗する手段を
    小説仕立てにして記述しました。
    ”原作「エシュロンキラー」”という小説で、
    アルファポリス(http://www.alphapolis.co.jp/
    の第4回ミステリー小説大賞(2011年7月1日
    ~31日)にエントリーしています。
    宜しかったら、アルファポリスに市民登録して、
    ”原作「エシュロンキラー」”を読んでください。
    そして、”原作「エシュロンキラー」”に投票してください。

    直リンクは、http://www.geocities.jp/internetshow2000/index.htmlです。

    コンピューター監視法

    エシュロンをテーマにした小説ですか?面白そうですね!

    さて、2011年6月16日に「コンピュータ監視法」が参議院の法務委員会で可決されました。
    日本でも、いよいよエシュロンもどきの国民監視システムを作る準備が整ってきましたね。
    日本が独自にエシュロンもどきを作るとしたら、どれだけ税金を無駄遣いすることになるでしょうか?
    (そんなものを作るお金があったら、東日本の復興費用に当てて欲しいものです。)

    ところで、シギントに対する最も効果的な自衛手段は、電話やインターネットを使わないこと!?(笑)
    いやはや冗談ではなく、これからの時代、本当に大事なことは、直接相手に会って話すべきでしょう。
    会話が盗聴されているという問題を抜きにしても、コミュニケーションのあり方として、直接会って話す方が訴求力が高いと思いますので。
    (例えば、プロポーズするときに、携帯電話やメールで告白を済ませる人なんていないですよね!?)

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/474-5bb746ff

    FC2Ad