ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    discとdiskの違い

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - discとdiskの違い あとで読む
    電気製品の用語として「disc」と「disk」という似た言葉がある。
    どちらも日本語では「ディスク」と表記される外来語である。
    基本的な意味は、どちらも「円盤」である。
    厳密には、これら二つの用語は同じ内容を意味するものではなく、使い分けられていることは知っていたが、明確な違い、定義を知らなかったので調べてみた。

    “disc”と“disk”の違い - Apple

    概要

    “disc(ディスク)”と“disk(ディスク)”は、発音は同じですが、技術的には明確な違いがあります。

    Disc
    “disc”は、オーディオ CD、CD-ROM、DVD-ROM、DVD-RAM、DVD ビデオディスクなどの光学式メディアを指します。“disc”には読み出し専用のもの (ROM) と、一度だけコンテンツを作成する(ファイルに書き込む)ことができるもの(複数回にわたる作成操作を行わない場合の CD-R や DVD-R など)と、消去して何度でも書き換えられるもの(CD-RW、DVD-RW、および DVD-RAM ディスクなど)があります。

    “disc”はすべて取り外し可能です。つまり、デスクトップや「Finder」からマウント解除またはイジェクトすると、コンピュータから物理的に取り出すことができます。

    Disk
    “disk”は、磁気媒体を指します。たとえばフロッピーディスクやコンピュータのハードドライブのディスク、外部ハードドライブ、iPod もこれに相当します。“disk”は、意図的にロックやライトプロテクト(書き込み禁止)をしない限り、常に書き込み可能です。1 つの“disk”を簡単に複数の小さなボリュームに分割(パーティション設定)することもできます。

    “disc”も“disk”も円形ですが、“disk”は通常は金属かプラスチックのケースで覆われています(多くの場合、“disk”とそれを囲んでいる構造のことを総称して「ハードドライブ」と呼んでいます)。



    Appleで使用している用語の定義だと、
    ・光学式の記録媒体が「disc」
    ・磁気式の記録媒体が「disk」
    とされている。

    自分の場合、CD=disc、ハードディスク=diskと分けていたが、それでOKだったと。
    他の人の意見もいろいろあった。

    DiscとDisk

    うちはぱっと見てCDのような形をしてるものはDiscで、それ以外はDiskでした。



    そうそう、そんなかんじ。

    なんで「c」と「k」の違いがあるんだろ?=一字違えば大違い?

    教えて!Ziddyちゃん disk と disc ?

    FDなどはフレキシブルディスクから来ていたのでdiscの方を使っていました
    しかしその時ディスケットと言う名称が出てきたときから変わってきました
    このときにDiskと言う書き方が始まったように思います。
    ハードディスクもHard discがホントの筈なんですがコンピュータ用語ではharddiskになっていますね。
    CDの方はただの円盤という意味でCompact discでDiscの方が正解です。



    >ディスケット?って,何ですか? 初めて聞きました。

    フロッピーディスクというのは登録商標だったのでメーカーはあまりそれを使わず違う言い方としてディスケットという物が生まれたんです。
    DISCKETと書いていたんですがここでkが初めて出てきてDiskに繋がったのではないかと思います。

    ただ、他の説もあり、光を使って読み出す物にはDiscを使い磁気などを使って読み出すハードディスクなどにはDiskを使うという物があります。
    いろいろ調べてみるとフロッピーディスクはdiskが正しいと言うことが結構表記された物がありCDも記憶媒体であるCD-RもDiscと表記されていることを考えると納得できる物かと思います。



    一説として、
    ・「フロッピーディスク」が商標登録されていたので、別の表記が使われた。
    ・「discket」(ディスケット)という表記が使われた。
    ・「discket」に由来する「k」が、その後も残って使われた。
    という経緯が紹介されていた。

    「disc」が始めにあって、その後に「disk」という表記が誕生したらしい。
    対話において、実用上問題がなければ、そういうことにしておこう。

    自分にとっては名前なんてどうでもいい。中身が一番大事だ。名前は二番以降に大事だ。
    関連記事

    コメント

    なるほど

    全然気付きませんでした。
    勉強になります。

    引用されている記事の内容が私の記憶と違いますね。
    ディスケットの方がIBMの商標だったはずです。
    ただしIBMのは「diskette」で綴りが違うので、さらに別の単語かもしれません。

    Diskette

    >YYUNOさん
    情報提供どうもありがとうございます。

    > 引用されている記事の内容が私の記憶と違いますね。
    > ディスケットの方がIBMの商標だったはずです。
    > ただしIBMのは「diskette」で綴りが違うので、さらに別の単語かもしれません。

    「ディスケット」という名称について検索したら、上記引用部分(http://ziddy.japan.zdnet.com/qa374761.html)の「discket」という表記は、どうやらスペルミスのようでした。
    =Googleの英語検索だと、「disket」は多数ヒットしますが、「discket」は見当たりませんでした。

    誤) 「discket」
    正) 「disket」

    IBMの「diskette」について検索してみました。

    フロッピーディスク - Wikipedia
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%82%AF
    >最初のフロッピーディスクは1971年にIBMが開発した。
    >当時の名称は「フレキシブル・ディスケット」(flexible diskette)または「ディスケット」で、IBMの登録商標となった。
    >当時のメディアは紙の保護ケースに包まれて薄くペラペラであったため、従来の硬い磁気ディスクは「ハードディスク」や「ハードドライブ」と呼ばれるようになり、またディスケットは俗称の「フロッピーディスク」(floppy disk)が普及した(レトロニム)。
    >なお「フレキシブル」も「フロッピー」も「柔らかい」の意味である。
    >IBMは現在、一般向けには「フロッピーディスク」の用語も併用している。

    ●名称が出現する順番
    現在、「フロッピーディスク」(Floppy Disk)と呼ばれている商品は、
    (1) 1971年にIBMが開発して、「ディスケット」(Diskette)という名称で商標登録された。
    (2) 1980年代にハードディスクが普及し、「ディスケット」は「フロッピーディスク」(Floppy Disk)という別名(レトロニム)で呼ばれるようになった。

    Wikipediaの説明に基づけば、YYUNOさんがおっしゃるとおり、上記引用部分の
    >フロッピーディスクというのは登録商標だったのでメーカーはあまりそれを使わず違う言い方としてディスケットという物が生まれたんです。
    とは順番が逆ですね。
    =「ディスケット」が先で、「フロッピーディスク」が後から出てきた名称と。

    IBM Archives > Diskette
    http://www-03.ibm.com/ibm/history/exhibits/vintage/vintage_4506VV2132.html
    >In 1971, IBM began producing computer systems using a new form of magnetic storage medium.
    >The medium, ultimately called a "diskette," would in a short time be adopted around the world in the design of small and low-cost systems.

    機会があれば一度ネイティブのエンジニアに、「disc」と「disk」の語感の違い、使い分けについて聞いてみた方がよさそうですね。
    とりあえずは、Appleが説明している定義に準じた使い分けをしておこうと思います。
    http://support.apple.com/kb/HT2300

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/394-e68bfe67

    FC2Ad