ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    老人性紫斑 - 高齢者の青あざ

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 老人性紫斑 - 高齢者の青あざ あとで読む
    歳をとると、皮膚の弾力が失われてくる。
    皺が寄ったり、内出血しやすくなったりする。

    ●老人性紫斑
    老人性変化 - ちかかね皮膚科

    老人性紫斑 purpura senilis
    加歳により真皮の結合織の脆弱になり少しの刺激で静脈が破けて出血しその後の吸収も遅く黒色の斑として長期に残るが自覚症状ありません。
    ビタミンCの内服が効果あるとの報告もある。



    老人性紫斑 - goo ヘルスケア

    原因は何か
    老化に伴う皮膚結合組織の基質的な変化が指摘されています。
    つまり、真皮の厚さが減り、膠原線維(こうげんせんい)や弾力線維が萎縮(いしゅく)して、毛細血管の抵抗力が減ります。
    このため、機械的刺激により簡単に血管壁に障害が生じて内出血を起こします。

    治療の方法
    数週間で退色し、消えていくので治療の必要はありません。



    ●脳出血の心配は無し?
    血液・呼吸器内科のお役立ち情報:老人性紫斑:高齢者の青あざ、脳出血?

    老人性紫斑:高齢者の青あざ、脳出血?
    患者様から、このような青あざがでやすいということは、脳の血管が切れて、脳出血にもなりやすいのではないかとご相談をうけることがありますが、そんなことはありません。



    ●真皮とは?
    真皮 - Wikipedia

    真皮(英: dermis)とは表皮と皮下組織の間の乳頭層と真皮網状層から構成される皮膚の層で、繊維性結合組織から構成される。
    真皮はコラーゲン、弾性繊維、細胞外マトリックス(以前は基質と呼ばれていた)から構成される。
    いわゆる皮革は真皮を加工したものである。



    真皮

    爪・表皮・真皮・皮下組織・汗腺 - goo ヘルスケア

    真皮…密な線維性結合組織からなり、血管や神経が分布しています。
    表皮に接するところでは無数の乳頭が突出し、毛細血管や感覚神経終末(触覚、圧覚、痛覚、温覚、冷覚などの皮膚感覚を分担し受け持っている)がみられます。



    真皮

    体内から若返るアンチエイジング 125歳まで元気に生きる体内から若返るアンチエイジング 125歳まで元気に生きる
    (2005/03/31)
    満尾 正

    商品詳細を見る

    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/390-c05b17fc

    FC2Ad