ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    変人の力

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 変人の力 あとで読む
    ポール・グレアム「変人の力」
    http://d.hatena.ne.jp/lionfan/20060725
    (原文)
    http://www.paulgraham.com/marginal.html

    ポール・グレアムは、LISPの達人であり、Yahoo!Storeの元となるプログラムを作った人だ。
    プログラマーであり、画家でもある。
    起業して成功している。
    才能が豊かな人なのだろう。

    彼のエッセイで面白い文章があった。

    新しいものは変人が作る、というのは昔から言われていることだが、私はそのしくみを調べたい。
    なぜすばらしいアイデアは、変人がもたらすんだろうか。
    どんなタイプのアイデアなんだろうか?
    そのプロセスを促すために何かできることはないのだろうか?



    ある分野が一貫した標準を持っているかどうかを示す1つの方法は、重要な実務家と、大学で教える人々がどの程度共通しているかだ。
    一方の端は数学や物理学のように、教師がほぼすべて最良の実務家となる分野だ。
    中間は、医学、法律、歴史、建築、コンピュータ科学、その他たくさん。
    最低はビジネス、文学、視覚芸術といった、教師と主な実務家がほとんど共通していない分野。
    この分野は「できない者が教える」といった言葉がぴったりだ。



    アウトサイダーは、自分がいる位置のメリットをよく知っておくべきだ。
    「冒険できる」っていうことはすごく貴重なんだ。
    凡庸な人も優秀な人も、みんな安全性をあまりに重視しすぎる。
    誰もバカに見られたくはないだろうが、でもバカなこともできるってことは、すごく重要なんだ。
    自分の考うることのほとんどが愚かでないなら、たぶん保守的すぎる。
    その問題を四方八方から批判的に検討していないんだ。



    優秀なもののもつ特徴のうちの半分は、本当は欠点だ。
    それらをコピーすることは、時間の無駄であるだけでなく、しばしばモデルが愚かに見えるようになってしまう。



    でも一番いいのは、「変なことをしている」とみんなが言ったときだ。
    私は人生でずっとこの言葉を言われてきた。
    また、私は最近、それは実はホーミング・ビーコンの音だとわかってきた。
    「変な」は無意味な批判だ。
    それは単に「私はそれが好きじゃない」の形容詞にすぎない。



    だからそれは、変人にとって最高のゴールであるべきだと私は思う。
    変になろう。
    人々にそう言われたら、あなたは光り輝いている。
    ついでに言えば、そう言った奴らは終わってる。

    関連記事

    コメント

    変な主婦

    こんにちわ!先日は私のブログに訪問していただいてありがとうです!
    実家のパソコン古いのかな、このブログ見れませんでした~。帰ってから一度来たのだけれどムム・・・私にはむずかしすぎてコメントできなかった。。。
    変人はすごいと私も思う。みんなと違うから変?浮き出てるから変?自分の趣味じゃないから変?自分の好みを人に押し付けるな~と私は言いたい!変な人を影から応援中の変な主婦ぷりすかでした♪

    >ぷりすかさん
    一芸に秀でている人、何かの分野で突出した才能を持っている人って、それ以外の点では他人より劣っているのかも。
    出っ張っている部分もあれば、引っ込んでいる部分もある。
    それでも、とんがっている人の方が面白い。
    才能って、そういう性質のものでしょうか?

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/38-eab57e5e

    FC2Ad