ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    自閉症児のグルテン・カゼイン除去療法

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 自閉症児のグルテン・カゼイン除去療法 あとで読む
    炭水化物について調べていたら、グルテン・カゼインの除去療法という話がありました。

    ●自閉症の餌食療法
    自閉症 グルテン カゼイン 除去 の検索結果 約 975 件

    自閉症は精神療法や薬物治療は効かないが,牛乳・小麦の除去でよくなる

    広汎性発達障害とその類似疾患(自閉症・アスペルガー症候群・ADHDなど)は,精神療法と薬物療法ではほとんど効果がありません.
    だが小麦などの麦類(グルテン)と乳製品(カゼイン)を完全に除去すると,明かな効果が見られます.

    オスロー大学のカール・ライヘルト教授は,自閉症児に対する4年にわたる『カゼイン・グルテン完全除去』食餌療法で,尿中のペプチド(麻薬様物質)量が減るとともに,言語学習能力診断検査が改善する『逆相関関係(r=-0.74)』を見い出しています.



    グルテンとカゼインの除去食で自閉症やADHDが治る説

    単純に言えば小麦と牛乳を摂取するなというのである。
    それぞれに含まれたタンパク質「グルテン」と「カゼイン」は障害児にとって悪漢だというわけだ。
    それなら除外しようじゃないかという意味で、グルテンフリー・カゼインフリー=「GFCF」という用語ができあがったという次第。



    自閉症の治療方法として、食事からグルテンとカゼインの成分を取り除くという方法が考えられているそうです。
    ・グルテン=小麦などに含まれるたんぱく質
    ・カゼイン=牛乳などに含まれるたんぱく質

    本当にグルテンやカゼインは、精神発達の障害になるのでしょうか?

    ●エビデンス
    診断・治療の科学的根拠と妥当性のことをエビデンス(evidence)といいます。
    現時点での研究報告データを検索してみると、グルテン・カゼインの除去療法に十分な効果があるという数値データは示されていないようです。

    自閉症とグルテンとカゼイン除去食療法 - 小児神経科医の日記

    研究によって自閉症の人々の尿や髄液のペプチドの異常レベルが指摘されている。
    グルテンやカゼイン除去食が自閉症個々人の行動、認知、社会機能を改善するものかどうか調べるのが目的である。

    現在のところ除去食療法のエビデンスは薄い。
    もっと大規模で高質のRCTが必要である。



    ●RCT
    治験ナビ-治験・医薬用語集<ランダム化比較試験(RCT)>

    ランダム化比較試験(RCT:Randomized Controlled Trial

    治験及び臨床試験等において、データの偏り(バイアス)を軽減するため、被験者を無作為(ランダム)に処置群(治験薬群)と比較対照群(治療薬群、プラセボ群など)に割り付けて実施し、評価を行う試験。
    通常、言いにくいので、RCT と略すことが多いようです。



    食品に含まれるグルテンやカゼインが気になる人は、尿検査などで自分の尿中ペプチド量を測定してみるといいかもしれませんね。
    アレルギー体質などで日常生活に支障があるわけでなければ、小麦や乳製品は食ってもOKだと思います。

    発達障害の子どもたち (講談社現代新書)発達障害の子どもたち (講談社現代新書)
    (2007/12/19)
    杉山 登志郎

    商品詳細を見る

    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/379-d05b38aa

    FC2Ad