ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    乳製品と血糖値

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 乳製品と血糖値 あとで読む
    乳製品は、血糖値の急激な上昇を抑える働きがあるみたいですね。

    乳製品 血糖値 の検索結果 約 43,300 件

    ●乳製品のGI値
    ドクター江部の糖尿病徒然日記 乳製品と血糖値

    乳製品は血糖値の上昇を抑制する働きがある」ということですが、GI(血糖指数)を下げる効果があるということだと思います。

    即ち、GIの高い米飯をGI値の低い牛乳やヨーグルトと一緒に食べると、米飯のGIが下がるわけです。

    国立健康・栄養研究所臨床栄養管理研究室長の杉山みち子氏のデータによれば、米飯のGIを100とすれば、牛乳と一緒に摂取したら68程度に下がるそうです。

    GIの数値は、70以上は高い、56~69が中等度、GI55以下は低い、と評価されています。

    糖尿病でない人は、玄米などGIの低いものを主食としていればブドウ糖スパイクは小さく、代謝が安定するというわけです。



    GIとは、血糖指数(グリセミック・インデックス)のこと。
    血糖指数~GI値(グリセミックインデックス):浜村拓夫の世界

    ・炭水化物を50グラム摂取したときの血糖値の上昇率。
    ・ブドウ糖(グルコース)の上昇率を100とした相対値で表わす。



    杉山みち子氏の研究データがありました。
    「米飯と牛乳」のGI(グリセミック・インデックス) -牛乳・乳製品による食後血糖上昇の抑制効果-
    『米飯と牛乳』のGI(グリセミック・インデックス) 牛乳・乳製品による食後血糖上昇の抑制効果

    (独)国立健康・栄養研究所臨床栄養管理研究室長 杉山みち子
    牛乳と米飯を摂取した場合の血糖曲線をみますと、牛乳を米飯を摂る前に飲んだ場合、食べながら飲んだ場合、摂ってから飲んだ場合では、曲線の形こそ違ってきますが、GIそのものは67、69、68と大差なく、米飯だけよりも低下しています。



    ●ブドウ糖スパイクとは?
    ドクター江部の糖尿病徒然日記 グルコーススパイク(急激な食後高血糖)

    グルコーススパイクですが、基本的には急激な食後高血糖のことをいいます。



    スパイクは、尖がった形状のこと。
    ブドウ糖(グルコース)スパイクは、血糖値が急激に上昇して、グラフが尖がった形になっていると。

    ●乳製品でダイエット
    なるほど畜産情報:牛乳・乳製品でダイエット!?

    皆さんは「GI値」という言葉を耳にされたことがありませんか。
     GI値は「グリセミック・インデックス」の略で、血糖値の上昇率を示す数値です。
     血糖値の上がりやすい食品を食べると、体内で血糖に反応してインシュリンが多く分泌され、その結果、脂肪が作られやすくなります。つまり血糖値の上がりやすい食品は「太りやすい」ということになります。
     逆に言えば、血糖値の上がりにくい食品=「GI値の低い食品」を食事にうまく取り入れれば体脂肪が増えにくくなると言うわけです。

     GI値はブドウ糖を100として示され、この数値が60以下の食品は、低GI値の食品といえます。食品別に見てみますと、糖質の多い穀類を原料とする食品が特に高くなっており、白米やパン類、麺類などは80~90という数字になっています。野菜は全般に数値が低いのですが、でんぷん質の多いジャガイモやにんじん、里芋などが高めの数値になっています。
    牛乳やヨーグルト、チーズ、バターなどは30前後となっています。

    最近の研究で、牛乳・乳製品には、血糖値の上昇をゆるやかにする効果があることも分かってきました。つまり、糖質の多いご飯やパンなどを無理に制限しなくても、牛乳や乳製品をこれらのGI値の高い食品と組み合わせて摂取すれば、その影響を和らげることができると言うことになります。



    ダイエット料理レシピ - 買い物でカロリーダウン

    Q7 食前に牛乳を飲むとGI値が下がるの?

    食前に一杯牛乳を飲んでおくと血糖値の上昇をいくらか抑えることができます。
    米飯単品ではGIは100(白米を基準食としたデータです。別の基準食を用いた84とするデータとは異なります。)ですが、牛乳と米飯を組み合わせて摂るとGIは69に下がるといわれます。

    たんぱく質や脂質
    牛乳のたんぱく質や脂質は、胃の中で糖質の消化吸収の時間を遅らせ、インシュリンの分泌を促進して、食後血糖値の上昇を抑えるように働きます。



    乳製品はGI値が低いので、乳製品と一緒に食事を摂れば、GI値の上昇を抑えられるようです。

    ●大豆食品のGI値
    乳製品のGI値が低いのと同様に、大豆食品のGI値も低いようです。

    コナミスポーツクラブマガジン - [手軽に大豆の栄養が摂れる豆乳]

    豆乳は、大豆を水に浸してからすりつぶし、加熱してろ過したもの。
    大豆のタンパク質は水に溶ける性質があるので液体にしても残り、食物繊維を除けば、豆乳には大豆の栄養分がほぼそのまま含まれています。

    食後の血糖値の上昇率をあらわすGI値が低いのも豆乳の特徴の一つ。
    GI値とは、食後の血糖値の上昇率を表すもので、この値が低いほど体の中の脂肪の合成を促すホルモン・インスリンの分泌を刺激しないため、太りにくいとされています



    主な大豆食品のGI値
    豆乳 23
    納豆 33
    きなこ 34
    おから 35
    木綿豆腐 42
    油揚げ 43



    乳製品や大豆食品をうまく料理に取り入れれば、血糖値(GI値)の管理に役立ちそうですね。

    主食を抜けば糖尿病は良くなる!糖質制限食のすすめ主食を抜けば糖尿病は良くなる!糖質制限食のすすめ
    (2005/01/14)
    江部 康二

    商品詳細を見る

    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/376-46505238

    【国立健康栄養研究所】についてサーチエンジンで検索してみると

    国立健康栄養研究所 に関するブログのリンクを集めています!最新の検索結果をまとめて、口コミ情報をマッシュアップし…

    FC2Ad