ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    簿記の借方、貸方の意味

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 簿記の借方、貸方の意味 あとで読む
    簿記に、「借方(かりかた)」「貸方(かしかた)」という用語が出てくる。

    なんで「借方」「貸方」という呼び方をしているんだろう?
    素朴な疑問なのだが、簿記の入門書に解説がなかったので調べてみた。

    貸借対照表

    ●福沢諭吉の訳語
    借方 - Wikipedia

    借方(かりかた)とは、複式簿記において勘定口座の左側を指す。
    英語表記では、debit(デビット)

    呼び方の意味
    初期の財務諸表や複式簿記は債権・債務を記載する目的が主であり、主に銀行の経理で使用されていた。
    それを相手方から見た視点で記録されていたため、借方には相手方が借りた分を記載していた。
    日本に初期の複式簿記と中央銀行システムを輸入したのは福沢諭吉で、「debit」・「credit」をそれぞれ「借方」・「貸方」と翻訳したのは彼である。

    デビットカードの「デビット」(debit)は元々「借方」の意味。



    貸方 - Wikipedia

    貸方(かしかた)とは、複式簿記において勘定口座の右側を指す。
    英語表記では、credit(クレジット)

    呼び方の意味
    初期の財務諸表や複式簿記は債権・債務を記載する目的が主であり、主に銀行の経理で使用されていた。
    それを相手方から見た視点で記録されていたため、貸方には相手方が貸した分を記載していた。
    日本に初期の複式簿記と中央銀行システムを輸入したのは福沢諭吉で、「debit」・「credit」をそれぞれ「借方」・「貸方」と翻訳したのは彼である。

    クレジットカードの「クレジット」(credit)は元々「貸方」の意味。



    福沢諭吉が、creditに「貸方」、debitに「借方」という訳語を当てた。

    ●人名勘定の名残り
    同じ疑問を持った人がいた。

    なぜ、「借方」「貸方」という? - OKWave

    もともと財務諸表も財産目録から発展したものですね。
    財産目録では昔、人名勘定を使っていました。
    たとえば(売掛金)山野益男 ○○円 というように。
    この「山野益男」というのは、借りている人=借主(debtor)で、当方は貸主です。
    (当方は自明ですから表記する必要はありません。)
    で、借主名簿の金額欄の左側に貸した金額を書き、返却されたとき右側に書きます。
    負債・資本の方も貸主(creditor)の名を書きました。
    複式簿記の成立に伴い、その発生は右側に、返却は左側に書くようになりました。
    こうしたわけで、左を借主=借方(Dr)、右を貸主=貸方(Cr)と表記するようになったのです。

    「借主」「貸主」が日本で訳されたときに「借方」「貸方」となったのは、
    人名でない他の科目もあるから
    とはいえ、わかりにくいものになったと思います。

    回答日時:02/09/13 16:12 回答番号:No.4



    昔の財産目録では、人名勘定でお金の貸主と借主を記録していた。

    ・お金を出す人=貸主
    ・お金をもらう人=借主

    貸主や借主という枠組みで見れば、財の移動方向がイメージしやすい。

    人名勘定 - 「短期攻略!めざせ合格・簿記3級」

    人名勘定 じんめいかんじょう ; personal account
    取引先ごとの売掛金・買掛金の債権・債権の状態を把握するために、取引先の商店名をつけた勘定科目を設けて処理することがあります。
    [大阪商店勘定]や[横浜商店勘定]といった名称になりますが、この勘定のことを"人名勘定"といいます。



    借方と貸方

    実は、借方貸方は、次のような意味があります。

    まず、もともと簿記は、債権(ツケをもらう権利)と債務(ツケを払う義務)を記録することから始まっています。
    そして、債権を記入するときは帳簿の左にツケの借手の名前を書いて記録していきました。(人名勘定といいます)
    そのため、左を借り手の名前(=借方)というようになったのです。
    また、貸方も同様です
    貸し手の名前(貸方)を右に書いていったのです。



    会計基準 - 取引を分類整理

    複式簿記は14世紀中頃からイタリーの商人によってはじめられたものです。
    当時の主観主義の立場で、すべての取引を人間相互間の取引として相手方を記帳すれば足りた時代でした。
    相手方に対して債権が発生したとき、相手方(即ち債務者)の立場から見て「借り」となるから「借方」とし、 反対に貸方は、当方に対して「貸し」ている者(即ち債権者)のことを意味したのです。
    取引をすべて人格化する方法はその後の経済社会で意味がなくなり、「借方」「貸方」の用語は現代社会では 単なるひとつの符号にすぎなくなっています。



    ●貸方=事業資金の出資者
    なぜ、「借方」「貸方」という? - OKWave

    私の記憶ですと、貸方・借方という言葉は大航海時代にできたもので、その時代の経理というのは、1航海単位で完結していたといいます。
    つまり、航海を始めるにあたって、必要な資材などを仕入れるための出資者を募り、その出資者を貸した人すなわち貸方と呼んだといいます。
    したがって、出資を受けた航海者の方は借方となります。
    航海が終わると貿易などで得た利益を貸方に分配して、今でいう決算されることになります。

    貸し方から出資された資金で借り方が仕入れた資材などは、今でいえば、棚卸資産や機械・装置などであったはずですから、そういう呼び方と合わせて考えると、現在の貸借の意味と符合するような気がします。

    回答日時:02/09/14 18:26 回答番号:No.5



    これは、以前に書いた「企業の活動と財務諸表の関係」と一致していると思う。
    財務3表一体理解法:浜村拓夫の世界

    会社はどんな活動をしているのか
    会社というものはどんなビジネスを行っていても、その基本的な活動は皆同じです。
    すべての会社は、
    「お金を集めてきて」、
    「そのお金を何かに投資し」、
    「利益を上げる」
    という三つの活動をしています。


    三つの事業活動を時系列で並べて、決算書の各パートと対応させる説明が非常に分かりやすかった。



    (1) 出資 = 貸借対照表の貸方(右側)
     ↓
    (2) 投資 = 貸借対照表の借方(左側)
     ↓
    (3) 利益 = 損益計算書

    財務3表一体理解法p15-1

    ・貸方 → お金を集める
    ・借方 → 投資する
    というパートに該当している。

    ●左右の配置の意味
    貸方と借方の元々の意味、由来はOKとして、それでは、左右の位置については何か意味があったのだろうか?
    英語圏における位置の意味について解説しているサイトがあった。

    何でも右が上位となる英語の世界

    帳簿をつけるときに使う借方と貸方という一対の欄がありますが、借方は左側、貸方は右側と決まっています。

    英語では、借方欄はdebit、貸方欄はcreditと表示されますが、もともとcreditは「彼はこちらを信頼してくれている」という意味のhe trustsまたは「彼がこちらに対して貸してくれている」という意味のhe is owedということです。
    実際、extend credit(信用を供与する、資金の貸出し枠を設定してやる)あるいはmake sales on credit(掛けで売る)といった言い方に表れるとおり、金を貸してくれ、あるいは支払いを待ってくれるcreditorは、人を信頼してくれているという意味で、「いい人」です。
    そして、古来、こういった「いい人」は上座に当たる右側に来ると決まっているので、帳簿の上でも右だというのです。
    ちょっと古い本ですが、The Economist Publicationsの一冊である、Christopher Nobes著Pocket Accountant に出ていた話です。



    英語圏には、右=上座=良い位置、という考え方があるらしい。
    貸方(credit)=貸主は、お金を貸してくれる良い人だから、上座=右側に配置すると。

    人間の体は、内臓の位置を見ても分かる通り、左右の位置で完全な対称性は存在していない。
    =人間にとって、右と左は等価ではない。
    右利きの人にとっては、左手よりも右手の方が大事かな?

    しかしながら、右が上座=良い位置という考え方は、観念の一つに過ぎず、大して意味があるとは思えないのだが、一応こういう説明もあるということで。

    ●まとめ
    ・人名勘定の貸主、借主に由来
    ・右が上座=貸主の位置
    ということにしておこう。

    はじめての簿記―必ず役立つ!電卓術の付録付き!はじめての簿記―必ず役立つ!電卓術の付録付き!
    (2006/06/01)
    椿 勲

    商品詳細を見る


    ●creditとdebit
    会計ミニ知識。なんでデビットカードって言うの~?

    B/Sの左側、「借方」を英文会計で「デビットサイド」と呼びます。
    B/Sの右側、「貸方」を英文会計で「クレジットサイド」と呼びます。



    国際会計の用語は、英語で覚えなくちゃいけない。

    credit - 英辞郎

    【名】
    1. 評判{ひょうばん}、名声{めいせい}、名誉{めいよ}、称賛{しょうさん}、功績{こうせき}、手柄{てがら}
    ・Much of the credit goes to him. : ほとんどは[主として]彼の功績である。
    ・I have to give him credit for his bravery. : 彼の勇気は大したものだ。
    ・"You did a great job." "Thanks, but Ann deserves most of the credit." : 「素晴らしい仕事をなさいましたね」「ありがとう。でも大部分はアンの功績なんですよ」
    2. 〔学校{がっこう}での〕履修単位{りしゅう たんい}、履修証明{りしゅう しょうめい}
    3. クレジット表示[タイトル]◆映画{えいが}、テレビ番組{ばんぐみ}、音楽CD、ゲームソフトなどの作品において、その制作に参加または協力した人々の名前を表示すること。
    4. クレジット、信用度{しんよう ど}、信用販売{しんよう はんばい}、掛け売り、信用貸し{しんようがし}、支払猶予期間{しはらい ゆうよ きかん}
    5. 貸付金額{かしつけ きんがく}、預金{よきん}
    6. 信用{しんよう}、信頼{しんらい}、信望{しんぼう}
    7. 税額{ぜいがく}の控除{こうじょ}

    【他動】
    1. ~を信用{しんよう}する、信じる◆【用法】通例否定文または疑問文内で用いられる。
    ・None of them credited my tale. : 彼らの誰も私の話を信用しなかった。
    2. 〔功績などが人にあると〕認める
    ・They incorrectly credited him with the invention of the detective novel. : 彼らは間違って探偵小説を作ったのが彼であると考えた。
    3. 〔金額を〕貸方に記入する、銀行口座に入れる
    ・I will credit two thousand dollars to your account. : あなたの口座に2000ドルを入れます。
    4. 〔学生に〕単位を与える
    ・You are credited with 60 transfer units. : (編入により)60単位の移行が認められます。
    5. 〈古〉(人)の名誉となる

    credit $__ to
    _ドルを~の口座{こうざ}に入金{にゅうきん}する



    debit - 英辞郎

    【名】
    負債{ふさい}、借金{しゃっきん}、借方{かりかた}

    【他動】
    ~を借方{かりかた}に記入{きにゅう}する

    debit ~ from
    ~から…を引き落とす
    ・I debit the amount from an account. : 口座からその金額を引き落とす。


    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/366-3b1e0f73

    FC2Ad