ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    エビデンス

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - エビデンス あとで読む
    本来は、病気ではないのに病気と誤診される場合がある。
    病気の判断基準とは、何だろうか?

    ●エビデンスとは?
    evidence - 英辞郎

    evidence 【名】 1. 証拠{しょうこ}、証言



    エビデンス evidence - 「病院の言葉」を分かりやすくする提案

    この治療法がよいといえる証拠です。
    医療の分野では,たくさんの患者に実際に使って試す調査研究をして,薬や治療方法がどれぐらい効き目があるかを確かめています。
    その調査研究によって,薬や治療方法,検査方法などがよいと判断できる証拠のことです



    エビデンスの類語として、EBMという用語もある。

    EBM
    Evidence Based Medicine
    「病気にかかった人に実際に使って効果が確かめられている医療です」



    エビデンスとは - 小林耳鼻咽喉科内科クリニック

    診断・治療の科学的根拠と妥当性のことをエビデンスといいます。

    診断と治療に科学的な根拠と妥当性が求められるのは当然なことです。
    しかもそれが最新であることも大切です。
    それを可能にしたものがインターネットです。
    インターネットには世界中の医学に関する研究文献を集めたデータベースがあり、そこからいつでも最新の研究成果を得ることができます。
    このデータベースからの情報をもとにエビデンスが常に最新のものとなります。
    そのほか最新の学術誌も重要な情報を提供してくれます。

    研究文献は一定の基準に基づいて5つの信頼度に分類され、それに従い診断治療の根拠のレベルが決まります。

    診断・治療の推奨度

    A(強い推奨) 診断・治療のエビデンス(根拠)の質が優れており、強く勧められる。やむを得ない限り従う必要がある。

    B(推奨) 診断・治療のエビデンスがさほど強くなく、一般的に推奨に従う必要があるが、患者の価値観も考慮する。

    C(任意) 診断・治療のエビデンスの質が疑われている。医師が患者の価値観を考慮し柔軟に決定する必要がある。

    D(推奨なし) 適切なエビデンスがかけているため、推奨できない。

    注:Aには強い禁止(行なってはいけない)が、Bには禁止(行なわないほうがよい)が含まれる



    エビデンス -健康用語辞典

    わが国では従来、個々の医師の「経験にもとづく医療」をそれぞれの医師の裁量で行ってきた。
    こうした科学的根拠のない経験や習慣、権威者の意見にもとづく治療法などを排除し、世界中で実施される臨床研究などの、科学的データにもとづいた医療を患者に提供していく流れにある。
    こうした臨床試験などの研究データをエビデンスという。



    過去のサンプルデータが蓄積されている場合、数字を根拠として判断すれば、間違いが少なくなり、適切な判断に近づく。
    最適な意思決定を行なうためには、常に「エビデンス」を確認する必要がある。

    ●インターネットで最新のエビデンスを入手する
    今は、インターネットを使えば、病気の診断基準、エビデンスを知ることができる。
    検査結果の数値を自分で見て、診断内容の妥当性を、自分でも吟味できる。
    もし、病気と診断されたら、最新の診断基準、エビデンスを入手して、押さえておくべきである。

    ●医学文献データベース
    オンラインの医学文献データベースがある。
    昔は、有料だったり、検索端末の利用が限られていたので、使いやすいとは思えなかったが、今はインターネットのおかげで簡単に検索できる。

    MEDLINE - Wikipedia

    MEDLINE(メッドライン)またはMEDLARS Online (MEDical Literature Analysis and Retrieval System Online) は、医学を中心とする生命科学の文献情報を収集したオンラインデータベースである。
    1964年に米国国立医学図書館 (National Library of Medicine; NLM) が作成したコンピューター化医学文献データベース「MEDLARS」は、1971年10月27日にオンライン検索サービスが開始され、1997年にはPubMedの名でインターネットに無料公開された後、改良が重ねられて成長を続け、2007年現在、月に7000万回程度のアクセスがある世界で最もよく使用される生物医学系データベースである。



    MEDLINE 日本語ゲートウェイ
    http://www.healthy.pair.com/

    PubMedとは - はてなキーワード

    PubMed ぱぶめど (サイエンス)
    米国NCBIがウェブ上で公開している生命科学論文データベース。



    PubMed Home
    http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/

    エビデンスを開示して、インフォームド・コンセント(情報提供)をしっかりやる医者は信頼できる。
    エビデンスを開示できない医師は、ヤブ医者である。

    ●自分の身は自分で守る
    金儲けのことしか頭にない医者や、自分の研究論文の実験材料として患者を扱っている医者を見分ける目を持ちたいものだ。

    前立腺がん検診ガイドライン 2008年版前立腺がん検診ガイドライン 2008年版
    (2008/04)
    不明

    商品詳細を見る

    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/363-03970a0b

    FC2Ad