ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    ディレーラーハンガーの破損

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ディレーラーハンガーの破損 あとで読む
    自転車の部品で、ディレーラーハンガーというスモールパーツがある。

    ディレーラーハンガー

    で、このディレーラーハンガーが折れるトラブルがよくあるらしい。
    なぜか?

    ●フレームの保護
    大変なことが起きた - 陽風を感じて

    リプレーサブルエンドはこういうトラブルのとき簡単に交換できる
    というのが何よりものメリットですね。

    MTBではディレイラーをぶつけてエンドを壊すことがありますので
    普段からスペアを準備している人もいるくらいです。
    そういう人はディレイラーに大した被害がなければ壊れたエンドだけ交換して
    走り続けちゃったりします。

    逆にいえば、フレームを守るためにリプレーサブルエンドは壊れやすく
    出来ている
    と考えても良いかもしれません。

    ちなみに、機械装置関係では過負荷から機械を保護するためにシャーピンと呼ばれる
    ある一定の負荷を超えると破断するピンを使用する場合があります。

    例えば、除雪車のスノープラウ(除雪板)は路面の突起や段差等につっかえ、
    取り付け部に過負荷がかかって破損しないよう、シャーピンが切断されることで
    保護されるように出来ています。

    なお、シマノの落っこち系MTB用コンポではフリーハブ軸にディレイラーをマウントし、
    ディレイラーが当たってもフレームに損傷のないような方式を採用したり、
    障害物等にケーブルが引っかかった際の過負荷を逃がすケーブルテンションセーバーなど
    様々な工夫が凝らされています。


    リプレーサブルエンドで普段から注意しておかなければならないのは
    取り付けているネジが緩むこともあるということですね。

    それに気付かずに走っていると変な負荷がかかって金属疲労を起こし、
    トドメとなる大きな負荷一発で逝ってしまうというケースもあるでしょう。

    そうした懸念があるからなのかは解りませんが、
    トレックなどはリプレーサブルエンドを採用していないんですね。
    (あそこんちは意外に流行を追わない頑固なメーカーで、
    インテグラルヘッドも採用してないんですよね。)

    今回のトラブルがリプレーサブルゆえ起こったのかどうかは解りませんが、
    リプレーサブルでなければ被害の範囲もかなり違ったと思いますから、
    どちらが良い方式なのかを判断するのはとても難しいと思います。



    スミマセン、ちょっと一言抜けてました。

    誤)トレックなどはリプレーサブルエンドを採用していないんですね。

    正)トレックなどは上級モデルになるとリプレーサブルエンドを採用していないんですね。



    過負荷でフレームが損傷しないように身代わりとなって、ディレーラーハンガーが先に壊れるようになっていると。

    ●シャーピン
    機械には、シャーピンという保護装置があるらしい。

    エンジン式小型除雪機 タナカ スノー・ハンディラッセル THR-450

    シャーピン(shear pin)は せんだんピンと訳しまして、切れる事により 動力伝達部分などへの過負荷を制限し、機械の損傷を防ぎます。



    Yahoo!辞書 - shear pin

    《機》シャーピン:機械の重要部を保護するために挿入するピンで, 過剰な力がかかると折れる.



    海の用語辞典

    シャーピン
    船外機のプロペラ固定用に使用されている柔らかい金属製のピンで、ペラなどに大きな負荷がかかった際に、シヤーピンが折れて、他の部分が壊れるのを防ぐ。



    ●ディレーラーハンガーの予備
    ディレーラーハンガーは、シャーピンのように壊れることを前提として設計されているのだろうか。
    そうだとすれば、予備パーツとして常備しておくのがベターかも。

    イベントにお出かけの際は、ぜひディレーラーハンガーも一緒に連れて行ってください。 - GIANT

    サイクリング中、思いもかけず発生してしまう『ディレーラーハンガー』の破損。
    その多くはリアディレーラーの調整不良による、ホイールへの巻き込みであることは周知の事実ですが、落車やその他の外部からの力によって破損してしまうこともしばしば・・・

    最近のディレーラーハンガーは『リプレイス式』がほとんど。つまり『交換式』ってこと。

    こうすることでハンガーの破損でフレームごと終了ということにならないように、メーカーが考えたグッドアイデアなのですが、その反面、フレームメーカーによって独自の規格で作られているディレーラーハンガーは、ほぼ100%の確立で互換性が無いものになってしまいました。

    一般的にはディレーラーハンガーが破損するなんて滅多に無いことと思われていますが、実は非常に多いトラブルの一つです。
    ディレーラーハンガーは各フレームメーカー、車種によってほぼ互換性がありません。
    そのため、ご自身でお持ちのフレームに合わせて、予備のディレーラーハンガーはお持ちになられる事をご提案したいと思います。



    ディレーラーハンガーの形状

    形状に互換性がないのが辛いなー。
    旋盤があれば、自分で作れそうにも見える。

    シマノとか、ディレーラーの製造メーカーが、汎用的なディレーラーハンガーの標準を提供すれば良いのではないだろうか?
    …誰でも思いつくことだろうけれど、現実にはそうなっていないことを考えると、フレームのビルダーにとっては、汎用的なディレーラーハンガーが提供されても、フレーム設計の制約条件になるケースもあるかもしれないので、採用するメリットがないんだろうな。
    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/351-086bc9f1

    FC2Ad