ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    MatchBox for CodeIgniter 使い方

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - MatchBox for CodeIgniter 使い方 あとで読む
    2009年も4月になってしまった!
    そろそろ、MatchBox for CodeIgniterを活用したい。

    ●How to use MatchBox
    MatchBoxの使い方を紹介しているサイトがあった。メモメモ。

    CodeIgniterをモジュール構成にするライブラリ「MatchBox」
    CodeIgniter1.7.0にMatchbox0.9.4を入れるとライブラリが認識しない?
    CodeIgniterのモジュール化

    CI1.7でMatchBoxを使う場合の修正箇所が参考になる。
    (コードトレースの手間が省けて助かる。)

    ●凝集度の低いCodeIgniter
    CodeIgniterで多機能なWEBアプリを作りこんでいくと、コントローラーやビューのクラスのファイル数が多くなる。

    /system/application/controllers
    /system/application/views
    等が、だんだんと多数のファイルでゴチャゴチャになってくる。

    たくさんファイルがあっても、ファイル検索やTAG検索によって目的のファイルやクラス、メソッドの定義にたどり着ければ実用上は問題ない。
    しかし、目視確認でもすぐに見つけられるようになっている方が、スッキリしていて気分が良い。
    (煮詰まっているときは、ゴチャゴチャしたフォルダ内を見ているだけでもイライラする。)

    ●凝集度の高いCodeIgniter
    凝集度を高める意味でも、機能ごとにファイルをまとめて管理したくなる。
    そこで、役に立つのが、「MatchBox」というCodeIgniter用のライブラリだ。
    MatchBoxを使えば、各MVCのファイルを、機能ごとに一まとまりのモジュールとして扱うことができるようになる。

    MatchBox for CodeIgniter 和訳

    凝集度 - Wikipedia

    凝集度(ぎょうしゅうど、Cohesion)とは、情報工学においてモジュール内のソースコードが特定の機能を提供すべく如何に協調しているかを表す度合いである。
    凝集度は順序尺度の一種であり、「凝集度が高い」とか「凝集度が低い」といった言い方で使われる。
    凝集度の高いモジュールは、堅牢性、信頼性、再利用性、読みやすさなどの点で好ましく、凝集度の低いモジュールは保守/評価/再利用/読解が難しいため好ましくないとされる。

    凝集度が低い(弱い)場合の欠点は次の通りである:
    * モジュール群を理解することが難しくなる。
    * システムの保守が難しくなる。
     ある論理的修正が複数のモジュールにまたがって影響する可能性が増すためである。
    * モジュールの再利用が難しくなる。
     凝集度の低いモジュールの提供するAPIには一貫性がないことが多いため。



    粒度 - Wikipedia

    粒度(りゅうど、granularity)とは、コンピューター・プログラミングで用いられる(機械よりは)人間寄りの尺度。
    対象が利用者にとって扱いやすい程度に分割できているかどうか、といった体感的な度合いを表現する。



    ・サブフォルダを作って、各MVCファイルを分類して配置する方法
    ・MatchBoxを使って、各機能をモジュールとして束ねて配置する方法

    体感的な使い分けだと、指で数えられる範囲を超えたら、MatchBoxの方が便利なのではないかと思う。
    また、一人で作業する分にはどちらでも構わないが、複数人での作業なら、やっぱMatchBoxかな?
    ただ、設定によってはURLが冗長になるかも?

    後でちょっと試してみよう。

    CodeIgniter徹底入門CodeIgniter徹底入門
    (2008/06/10)
    河合 勝彦鈴木 憲治

    商品詳細を見る

    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/326-e2c1fed1

    FC2Ad