ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    Emacsのチートシート

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - Emacsのチートシート あとで読む
    Lisp習得の第1歩~Emacsの使い方を学ぶ。

    Gaucheでホームページを作ろうと思った。

    Lisp/Schemeのコードを書くエディタとして、Emacsを使ってみる。

    Windows用のEmacsとして、Meadowではなく、NTEmacsを使ってみる。

    Emacsの使い方、操作方法を学ぶ。

    Emacsは、ショートカット(コマンド操作)を多用する。=覚えるのが大変そう。

    ●Emacsのチートシート(早見表)
    ということで、Emacsのチートシートを探したら、あった。

    Emacsのチートシート の検索結果 約 210,000 件

    Emacs チートシート - TotoroWiki

    とりあえず印刷して、暗記の補助として使ってみよう。

    ●Emacsの操作方法の入門講座
    (1)NTEmacs付属の入門ガイド
    NTEmacsを起動すると、最初の画面で
    「Emacs Tutorial Learn basic keystroke commands (Emacs 入門ガイド)」
    というメニューがあったので、それをクリックして開く。
    ここにEmacsの基本的な操作方法が解説されていた。
    まずこれを一通り読んで操作してみる。

    (2)Emacsの専門用語
    Emacsには、専門用語(隠語)があり、知らないと何を言っているのか意味が分からない部分がある。
    (geekたちによるちょっとしたジョークのつもりだろうが、不必要な造語でしかないと思う。)

    Emacs用語(ジャーゴン) - EmacsWiki

    マニュアルそれ自身(‘C-h i’)を読めば、Emacsと関連することがらがすべてわかるのですが。 – ただし、Emacs用語(ジャーゴン)だけはマニュアルに含まれていません。


    一般的な用語Emacs語
    選択範囲・選択部分リージョン
    切り取りキル・kill
    貼り付けヤンク・yank
    ウィンドウフレーム
    ショートカットキーキーシーケンス


    ジャーゴンとは - はてなキーワード

    [jargon] 専門語。職業用語。訳のわからない言葉。


    ジャーゴンファイル - Wikipedia

    ジャーゴンファイル(英: Jargon File)とはハッカーの俗語をまとめた用語集のことである。


    造語は、従来なかった概念に名前を付けるためには必要だが、最小限に留めておいた方がいいだろう。
    独自用語の乱造によって、言葉による円滑な伝播が阻害され、Emacsを普及させない一因になってきたはずだ。
    (ヤンクって何だよ!?…貼り付けのことかorz)

    (3)その他のEmacs入門ガイド
    最低限のEmacs操作方法をまとめたリファレンスもあった。

    Emacs クイックリファレンス

    このマニュアルは emacs (あるいは mule) を使いはじめてまだ間もない頃の人のためのものです。
    基本的に csc (東工大 情報工学科 計算機室) で emacs を使用する人を対象としています。


    これぐらいの分量だと、通読するのに負担にならなくていい。

    ●Emacsの長所と短所
    長所: Emacsは、エディタと処理系(Lisp)が一体になっているので、拡張性に富む。
    短所: 現在は、高機能なIDEが普及しており、エディタで開発するより効率が良い。=Emacsは古い。

    まつもとゆきひろのハッカーズライフ:第4回 Emacs対vi

    Emacsの本体は基本的な編集機能とEmacs Lispを内蔵しているだけで、便利な機能のほとんどはEmacs Lispを使って後付けで実装されています。
    ということは、一般のユーザーもEmacsの基本機能をベースにしてさまざまな機能を実装できるということです。
    Emacsはもはや単なるエディタではなく、1つの環境、あるいは一種のOSと呼べるくらいにまで発展しているわけです。

    ほとんどのLisp処理系は対話的に処理を行い、必要となる関数を次々に定義していくことで環境を整備するという開発スタイルを取ります。
    このような環境で育ったLispハッカーにとって、Lisp処理系に編集機能を追加し、エディタにまで育て上げるというアプローチは、ごく自然なものだったのだろうと想像します。



    「Emacsは消滅すべき」、ゴスリング氏

    Emacsは30年前には、すばらしいものだった。
    しかし、Emacsは消滅すべき。
    現在のEmacsが30年前のものと似ているのを見るのは、何だか寂しい。
    もうテキストエディタを使ってはいけない。
    NetBeansを使ってほしい。



    Emacsの開発者・ゴスリング氏自身が、Emacsは今や消滅すべきもの=不要のゴミだと言う。
    新しく作ったNetBeansの宣伝のためにEmacsを揶揄している部分があることを差し引いたとしても、やはりEmacs以外のツールは今後も増えていくだろう。
    (=全ての人がEmacsで満足していれば、Emacs以外の別のものが求められることはない。)

    高機能なIDEもいいけど、シンプルでスッキリしているエディタも悪くないと思う。
    Emacsに不足を感じたら、NetBeansやEclipseを使ってLisp/Schemeのコードを書けばいいんじゃないか?
    とりあえず、Emacsの操作方法を覚えよう。

    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/311-74db1cad

    FC2Ad