ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    簿記の勉強

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 簿記の勉強 あとで読む
    去年の金融危機の影響は、今年以降ジワジワと広がっていくだろう。
    収入が減る人、仕事がなくなる人が増えていくだろう。
    お金が回らなくなっても、地球は回る。

    ●金儲けの基本は、金の出入りを把握すること
    * 入ってくる金が、出て行く金よりも多ければ、金持ちになる。
    * 入ってくる金が、出て行く金よりも少なければ、貧乏になる。

    ビジネスや経済は、一言で言えばこれだけの話だ。
    入ってくる金を増やす方法、地球上のお金の流れ(マネーサプライ)をコントロールする方法について、いろいろな知見があるが、お金に対する人間の行動を理解するためには、それほど多くの知識、情報量が必要とされているわけではないと思う。

    ●簿記
    自分のお金の入りと出を把握する一つの方法として、簿記がある。

    簿記 - Wikipedia

    簿記(ぼき)とは、…資産・負債・純資産の増減を管理し、…収益及び費用を記録するための記帳方式である。
    簿記の英語表記は「Bookkeeping」であり、…訳語として「簿記」の字を充てた(福澤諭吉の訳とされる)。
    * booking(帳簿の意)に漢字を充てた(Bookkeepingが訛った。もと「ブッキー」や「ボッキー」といった)
    * 「帳簿記録」又は「帳簿記入」の略語
    貨幣経済の誕生・発展の中で貨幣の量の勘定・記録が必要となり、発明された。



    ●資格取得
    やる気を作り出す一つの方法として、願望=目標を持つことが挙げられる。
    楽しく簿記を習得するために、簿記の資格取得というメリットが用意できる。
    資格を取ると、あたかもスキルアップしたような気分になり、向上心という名の自己満足に浸ることができる。

    日商簿記-日本商工会議所-

    日商簿記という検定資格は、1級から4級まであり、2級までなら比較的簡単に取れるらしい。

    独学で効率よく簿記三&二級に合格するための僕の方法
    簿記2,3級を独学で同時に3週間で受かる方法
    (追記)四ヶ月で簿記三&二級に合格した、もうちょっと細かい勉強法

    簿記検定の勉強方法や参考書が紹介されている。

    自分が読んだ簿記の本で、分かりやすいと思った本はこれだ。

    はじめての人の簿記入門塾―まずはこの本から!はじめての人の簿記入門塾―まずはこの本から!
    (2005/10)
    浜田 勝義

    商品詳細を見る


    * イラスト、マンガによる図説が多用されていて、理解しやすい。
    * 重要事項は、太字で強調されている。
    * 文体が平易なので、すぐに読了できる。

    上記サイトで紹介されていた教科書と問題集

    サクッとうかる日商3級商業簿記 テキストサクッとうかる日商3級商業簿記 テキスト
    (2007/11)
    福島 三千代

    商品詳細を見る


    10日で合格る!日商簿記3級最速マスターテキスト (最速マスターシリーズ)10日で合格る!日商簿記3級最速マスターテキスト (最速マスターシリーズ)
    (2008/02)
    東京リーガルマインド

    商品詳細を見る


    合格するための過去問題集 日商簿記3級―’09年2月・6月検定対策 (よくわかる簿記シリーズ)合格するための過去問題集 日商簿記3級―’09年2月・6月検定対策 (よくわかる簿記シリーズ)
    (2008/12)
    TAC簿記検定講座

    商品詳細を見る


    履歴書に書くなら、簿記2級以上じゃないと意味がないらしい。
    (簿記を勉強したことがある人なら、簿記3級は簡単に取得できることを知っているので。)
    しかし、自分の知識をチェックしてみるという目的であれば、簿記3級でもいいと思う。
    お金の入りと出が、以前よりも正確に把握できるようになれば、それだけでも損はしないだろう。
    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/302-e828ef92

    FC2Ad