ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    ポカリスエットを薄める理由

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ポカリスエットを薄める理由 あとで読む
    インフルエンザ等で発熱すると、食欲がなくなり、発汗も多くなる。
    水分を高速で補給したいときは、生理食塩水と同等の等張液を使えばよい。

    生理食塩水 - Wikipedia

    生理食塩水(せいりしょくえんすい)は、体液とほぼ等張の塩化ナトリウム液(食塩水)。
    日本薬局方・処方せん医薬品では塩化ナトリウムを0.9%含有する食塩水を「生理食塩液」と定義している。



    バイオテクノロジー辞典 | 等張液(isotonic solution)

    同じ浸透圧を持っている溶液。



    大塚製薬から発売されているスポーツドリンクのポカリスエットを飲む場合、薄めて飲むと良いらしい。

    ポカリって、薄めた方がいいんだって!

    スポーツドリンクは糖分等の濃度が高く、そのまま摂取すると胃で停滞する時間が長くなり、体内への水分吸収が遅くなるので、迅速な水分補給が必要な場合は水等で薄めて摂取することが望ましいといわれています。



    最も吸収されやすい糖分の濃度の目安は2.5%、塩分の濃度の目安も2.5%です。
    ポカリスエット→糖質が6.7%なので2.7倍に薄める
    粉末のものを、通常の3倍弱の水で溶かすと簡単に作れます。
    ポカリスエット「ステビア」ならば、最初から最も吸収されやすい濃度に調整されていて、薄める必要がなく水分補給に最適です



    いま理想のスポーツドリンクは?

    水分補給に重きを置けばisotonic(等張性 )或いはhypotonic(低張性)飲料と呼ばれるスポーツドリンクを目にしたことがある方も多いかと思いますが、これは人間の体内の浸透圧と比較しての表現です。
    糖質は5%以下のものが良いでしょう
    ポカリスエットを原液で飲むことを今勧めているスポーツ指導者はいません。
    (必ず水か氷で薄めるように指示)



    ポカリは薄めたほうがいいらしい

    水分補給をするうえで、もっとも効率よく体に吸収されるのはヒトの体液と同じ浸透圧の飲料らしい。
    浸透圧は溶液に含まれている物質の濃度(ホントはモル濃度:溶けている物質によって変わってくる)に比例する。
    食塩では0.9%(生理食塩水)、糖質(ショ糖か?)では2.5%でヒトの体液と同じ浸透圧になる。

    そしてポカリの糖質濃度はというと、6,7%らしい。
    ということは、本当に迅速な水分補給がしたいときは市販のポカリを2.5~3倍に薄めたほうがいい事になる。



    ポカリスエットは、約3倍に薄めたら吸収されやすくなる、とのこと。
    関連記事

    コメント

    ↓本当ですか?

    ポカリスエットを原液で飲むことを今勧めているスポーツ指導者はいません。
    (必ず水か氷で薄めるように指示)

    吸収速度の調整

    コメントどうもありがとうございます。

    紹介しているリンク先の記事中に、
    「ポカリスエットを原液で飲むことを今勧めているスポーツ指導者はいません。(必ず水か氷で薄めるように指示)」
    という記述を見つけました。

    私自身が、多くのスポーツ指導者に対してアンケート調査を実施したわけではないので、実際の指導状況については分かりかねます。
    参考として、記事の執筆者である山田眞人氏にも併せて質問していただくことが望ましいと思われます。
    http://www.dr-supplement.com/profile/

    Wikipediaに以下の記述がありました。

    スポーツドリンク - Wikipedia
    >一部のスポーツドリンクでは、規定量で希釈すると糖度が高すぎ、運動中の水分補給には適さない物がある。
    >1-2割程度薄めに希釈した方が良いと考えられる製品も存在する。
    >が、それは運動中の栄養補給の観点から見ると全く適していない。
    >なぜなら、希釈し薄めることは同時に長時間効果を持続させることとは正反対のことだからである。
    >水で薄めて飲む場合、量が飲めないので、早く浸透する分、早く体から出て行ってしまう。
    >これらの観点から考えた吸収段階に応じて飲料の配合を考えた商品も存在する。

    =スポーツドリンクを希釈して、生理食塩水と同等の浸透圧にすると、早く吸収されるが、その分早く体から出ていってしまうと。

    どういったシチュエーションで水分補給を行うのか?=様々な条件における、メリットとデメリット(pros/cons)を比較検討する必要がありますね。

    「風邪をひいて発汗し、水分補給をする必要がある」という条件の場合、ポカリスエットを利用するなら希釈して飲めば良いと思われます。

    ご自身でも確かめてみて、実際に違いを検証されると幸甚です。

    ご回答ありがとうございます。

    >参考として、記事の執筆者である山田眞人氏にも併せて質問していただくことが望ましいと思われます。

    私は山田さんへの質問方法を知りません。
    ご存知でしたら教えていただけますか。

    >ご自身でも確かめてみて、実際に違いを検証されると幸甚です。

    素人にできるものでしょうか。

    ポカリスエットの吸収実験

    コメントありがとうございます。

    > 私は山田さんへの質問方法を知りません。
    > ご存知でしたら教えていただけますか。

    ホームページを見たら、「お問い合わせ」というページがありました。
    http://www.dr-supplement.com/access/
    ここから問い合わせをしてみたらいかがでしょうか?

    > 素人にできるものでしょうか。

    単純に、
    (1)普通のポカリスエット
    (2)生理食塩水程度の濃度に希釈したポカリスエット
    の2種類を用意して、飲み比べてみてはいかがでしょうか?

    詳しい実験をやってみたいなら、ポカリスエットの発売元である大塚製薬に一度相談されてみても良いと思います。

    面白い企画としてプランニングできそうなら、デイリーポータルZとかでネタにしてもらえるかも?
    http://portal.nifty.com/

    ちょうど今夏場だし、ポカリとかがぶがぶ飲んじゃう季節ですね。
    夏バテに気を付けて、ご自愛ください。

    ご回答ありがとうございます。

    >ホームページを見たら、「お問い合わせ」というページがありました。
    http://www.dr-supplement.com/access/
    >ここから問い合わせをしてみたらいかがでしょうか?

    できません。

    >(1)普通のポカリスエット
    >(2)生理食塩水程度の濃度に希釈したポカリスエット
    >の2種類を用意して、飲み比べてみてはいかがでしょうか?

    味の違い以外に何がわかるのでしょうか。

    先生のご連絡先について

    > >ホームページを見たら、「お問い合わせ」というページがありました。
    > >http://www.dr-supplement.com/access/
    > >ここから問い合わせをしてみたらいかがでしょうか?
    >
    > できません。

    ドメイン名の登録情報に、先生のメールアドレスがあるようです。
    試しにご連絡してみてはいかがでしょうか?

    (参考)以下、メールアドレスの参照方法です。
    http://whois.ansi.co.jp/
    等の検索サービスで「dr-supplement.com」の情報を検索してください。
    「Admin Email: cyamada@~」というのが、おそらく先生のご連絡先と思われます。

    > >(1)普通のポカリスエット
    > >(2)生理食塩水程度の濃度に希釈したポカリスエット
    > >の2種類を用意して、飲み比べてみてはいかがでしょうか?
    >
    > 味の違い以外に何がわかるのでしょうか。

    観察の対象として、味以外ですと、胃腸の状態ぐらいでしょうか?
    =飲み物を大量に飲むと、お腹の中がタプンタプンと水分でいっぱいになっていると実感します。

    機械を用いて測定できれば、上記(1)(2)の違いが正確に観察できます。
    興味があれば、医療機関で相談して、血液検査等の方法で測定されてみてはいかがでしょうか?
    =もし新たな発見がございましたら、お知らせいただけると幸甚です。
    よろしくお願い致します。

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/295-b58da5da

    FC2Ad